×
MENU
事件・事故・災害

石田悠介、岡田勇也、小野田秀太ら悪質ルーレット族4人の顔画像経歴!首都高で制限3倍の150km走行事故

石田悠介、岡田勇也、小野田秀太

2022年9月に東京の首都高速道路の環状線を、法定速度の3倍近くで暴走した疑いで、自称ルーレット族の男、石田悠介、岡田勇也、小野田秀太ら4人が逮捕されました。

150kmという危険な速度で走行し事故までおこした人物の正体とは、、

小野田秀太の顔画像特定で狂気の暴走!首都高速道路で規制の3倍以上の速度で事故、無謀ルーレット族の末路東京都足立区に住む会社員の男、小野田秀太 容疑者(21)は、9月12日未明、千代田区霞が関を走る首都高速道路で乗用車を規制の3倍以上で暴走運転し、前の車に追突し20代男性に怪我をさせて逃走するひき逃げ。自称ルーレット族の男。...

首都高暴走、悪質ルーレット族4人の男逮捕

この事件は2022年9月12日(月)の午前2時過ぎごろに行われており、東京都港区付近にある首都高速環状線で、当時乗用車4台で連なって法定速度である50kmを大幅に超える約3倍の150kmで走行して危険な運転をしていたもの。

道交法違反(共同危険行為の禁止)の疑いで逮捕されたのは、小野田秀太 容疑者(21)と石田悠介 容疑者(23)、岡田勇也 容疑者(22)ら4人です。

さらに容疑者ら4人は、事故を起こして自分達のみならず一般車両(トラック)を巻き込んでの大事故を起こしていましたが、その中で1名は救護することなく現場から逃走していました。

参照:「気晴らしでレースを」悪質ルーレット族4人逮捕 時速150キロ・4台絡む大事故に 首都高で今年、死者も 警視庁

スポンサーリンク


事故原因ひき逃げの小野田秀太がヤバイ

事故のキッカケを作った小野田容疑者は、救護措置をとることなくその場から逃走しており、2022年10月に「当て逃げ(正式にはひき逃げ)」と「過失運転致傷」の疑いで逮捕されています。

逮捕後に小野田容疑者は次のように述べており、反省の色はなかったようです。

「私はルーレット族で、事故後、車はすぐに廃車にした。気晴らしのつもりで走った。レースのようなことをしてしまった。」

また、逮捕時の画像ではカメラに向かって不敵な笑顔を見せていたりと、注目を集めていました。

なお、事故を起こした車をすぐに廃車にして証拠隠滅を図っているあたり、非常に悪質で余罪なども多数あると考えられます。

危険なルーレット族の暴走で事故多発、死亡も

今回の事件に関わっていた4人は、全員が面識のある刃部鬱ではなく、初対面の者もいたとされています。

ルーレット族が絡む交通事故は2022年だけで12件も発生しており、このうち1件は死亡事故になっていたようで、当事者はいずれも検挙されていますが、運良く事故を起こさずに同様の暴走行為を続けている人物はまだまだ多く、免許の永久はく奪を望む声が増えています。

スポンサーリンク




石田悠介、岡田勇也、小野田秀太らの顔画像経歴

名前:小野田 秀太
年齢:21歳
性別:男
職業:会社員 → 無職
住所:東京都足立区東保木間
罪状:道交法違反(共同危険行為の禁止)
罰則は2年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられ、違反点数25点が付加
※免許取り消し処分[欠格期間2~4年]

※別容疑でも逮捕・起訴
自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)
7年以上の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金
10年以下の懲役または100万円以下の罰金

名前:石田 悠介
年齢:23歳
性別:男
職業:会社員
住所:東京都足立区東保木間
罪状:道交法違反(共同危険行為の禁止)
罰則は2年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられ、違反点数25点が付加
※免許取り消し処分[欠格期間2~4年]

名前:岡田 勇也
年齢:22歳
性別:男
職業:不明
住所:不明
罪状:道交法違反(共同危険行為の禁止)
罰則は2年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられ、違反点数25点が付加
※免許取り消し処分[欠格期間2~4年]

さらにもう1人いるようですが、名前など詳しい情報がでていません。

ルーレット族の暴走運転事故にネットの意見は

普通自動車の重量を1〜2トンと考えるとその重さの鉄の塊を時速150キロで走らせるわけですよね。これは首都高の事件ですが、これに限らずスマホ見ながら運転している人もよく見かけます。仮に一般道で歩行者を跳ねることを想像してみてほしいです。1トンクラスの塊を時速数十キロでぶつけられるんですよ。命に関わります。車を運転することの危険性をもっと自覚した方がいいですよ。

日本はどうも「危険な行為ではあるが意図的に他者を傷付けようと思わなかった行為」に対して寛容過ぎる。まして自動車免許も「本来は違反とされている行為を、正しく技量を積み法規を遵守すると誓約したうえで試験に受かった事で許される免許」である事を理解してないのが多い。免許取得の厳格化、罰則の厳格化、もっとも重い罰則(死亡事故、暴走事故、飲酒及び薬物使用時運転等)には一切運転を許さない社会的システムの構築も必要な時期に来たのではないか。

何故このような危険走行が無差別な殺人未遂にならないのか不思議だ。何のための運転免許制度なのか再度認識したほうが良い。未だ厳罰になって居ないのは法整備を行わない国の怠慢でしか無くもし、もらい事故で犠牲になったら誰が責任取ってくれるのか?加害者が保険入っていなかったら何処が保証してくれるのか?本当に被害者側の事を重視しているのだろうか疑問だらけですね。

こういう事をする奴らは結構お金を持っています。現行の法律での反則金なんて余裕で払えるでしょう。仮に車両を没収されようがまたすぐに入手できます。免許を失効したとしてもある程度運転技術を持ってるから飛び込みで行ってすぐに合格して運転免許を取得してまた暴走ができます。どこかでそうされないように歯止めをかける必要があると思います。最低でも現行の10倍以上の反則金と免許は永久的に取得不可。ついでに懲役刑も課せば大抵の人間はもうしないでしょう。

共同危険行為と認定された為、25点で免許取り消しなのは良いとして、欠格期間2年は短すぎると思います。欠格期間は5~10年の幅を持たせ、免許再取得の際に重課税、10年間は1年更新、免許取り消し上限12点、毎年研修の義務付けを行い、無免許運転が発覚した場合には執行猶予無しの5年以上の実刑とかで良いと思います。つかこれでも甘いくらい。

この前どこかで一般道で194キロ出して死亡事故を起こした裁判があり、危険運転致死は適応されませんでした。法律を変えない限りこういう人達が減る事はないでしょう。多大なスピード違反で悲惨な事故は非常に多いです。自損ならまだしも相手を傷付ける事故も多々あります。法改正を望む。

小野田秀太の顔画像特定で狂気の暴走!首都高速道路で規制の3倍以上の速度で事故、無謀ルーレット族の末路東京都足立区に住む会社員の男、小野田秀太 容疑者(21)は、9月12日未明、千代田区霞が関を走る首都高速道路で乗用車を規制の3倍以上で暴走運転し、前の車に追突し20代男性に怪我をさせて逃走するひき逃げ。自称ルーレット族の男。...