その他のニュース

兵庫県警、警官が西宮の交番で性行為?誰で名前や顔画像、現場どこ?淫乱警察24時。全力隠蔽?激甘処分、不倫昇給?別の同僚とキス

驚きの事件が起きていました。

5月28日(金)、兵庫県警が勤務中に同僚の警察官と交番で性行為をしていたとして、20代の女性巡査部長と相手の男性警官2人の3匹に対して、処分を下したことが明らかになり注目を集めています。

その内情を調べると再犯であり、その処分が甘すぎる対応が行われていました。

※新情報判明、情報追加・修正

【兵庫県警】交番の警官同士で性行為は誰?不倫警官の顔画像や名前は?どこの交番?退職にならない理由は、、勤務中の交番内で同僚の警察官と性行為をしたとして、兵庫県警が3月19日に、尼崎東署地域2課所属の30代男性巡査部長と、20代女性巡査を処...

兵庫県警、交番で警察官が性行為!発覚

これは、2021年5月28日(金)、阪神間の兵庫県警尼崎東署に勤務していた兵庫県警の20代の女性巡査部長が、同僚の男性警察官と勤務中、交番で性行為などをしていたことが判明したもの。

兵庫県警はこれにより同日、女性巡査部長を減給10分の1(3カ月)の甘い懲戒処分に、相手の男性警察官2人には訓戒という激甘対応を下すことを決定しました。

これらの3人は同じ警察署で勤務をしており、いずれも既婚者であったといった情報が出ています。

 
処分を下された女性巡査部長(29)は2019年秋に、同じ交番勤務で休みだった男性巡査長(26)に対して、勤務中に「差し入れに来て」などと私用のLINEを送り、夕方ごろに交番内で性行為をするといった犯行を行っています。

その時間帯は女性だけが交番で勤務していた時間帯であり、2人は当時交際していたようですが、勤務をさぼり、交番をホテル代わりにする悪質は犯行。

この事件は、関係者から連絡を受けた県警が以前の犯行内容からさらに調査していたものであったようです。

スポンサーリンク


不倫に性行為、休憩時間にも、、淫乱行為を常習化?

この出来事に関して、2021年2月に情報提供があり、兵庫県警では2021年3月19日にも同様の行為が発覚しています。
※年齢は当時

兵庫県警は、交番で勤務中に性行為をして職務を怠ったとして、尼崎東署の男性巡査部長(32)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、同署の女性巡査(21)を本部長訓戒とした。

巡査部長は既婚者で、巡査は独身であり、2人は上司と部下の関係で、巡査部長が食事に誘ったことがきっかけで2020年12月から不倫関係を持っており、2021年2月ごろまでに2回、交番の休憩室で性行為をしていました。

今回新たな処分が追加されたものは、この時の人物とは別の人物であったといった情報がでているため、兵庫県警ではこうした事態が日常茶飯事であったと思われます。

確認されているのは現時点ではこれだけですが、このような行為を恥ずかしげもなく堂々と行っていたことから、これ以外にも多くありそうです。

スポンサーリンク




淫乱行為続ける女性警官の正体は?経緯

処分が下された3人の警官について、女性警官は当時勤務していた、甲子園警察署管内の交番の休憩室で勤務中に男性巡査長(26)と性行為をしたほか、2020年3月、男性巡査部長(33)と警察署の参考人室内でキスをするなどしたことが明らかに。

また、今回の件は全員が既婚者といった情報が出ています。

これらの情報が真実であれば、不倫などの不貞行為を繰り返していた女性警官は、頻繁に同様の行為を繰り返していた可能性があります。

 
この不祥事が明らかになった際、北山正紀監察官室長は「警察官としてあるまじき行為。再発防止に努めていく」としていますが、こうしたコメントが出されても目に見えての改善がされたことはなく、「信頼失墜行為」として処分を下しているものの、形だけのもので甘い処分に批判が殺到しています。

また、兵庫県警はこの出来事に、事件や事故などの処理業務に支障はなかったため問題ないといった意向を示しており、擁護派。

なお、女性巡査部長と男性巡査長は退職の意向を示しているとされており、甘い処分に名前や顔画像なども隠蔽され、退職金だけはしっかりともらうといった、公務員のいつもの悪質な体制に批判の声が上がっています。

※女性巡査部長(29)と男性巡査長(26)は5月28日付けで退職したことが判明。

スポンサーリンク




相次ぐ警察官の不祥事にネットでも怒りの声

行為そのものより、なぜ発覚したんだろう、ってところに興味が・・・「当時交際していた」って一文から考えると、別れ話のもつれでどちらかがリークしたんだろうか。

登場人物三人とも既婚者らしいです。乱れるにしてもすごすぎ。たぶん、誰かの配偶者からの告発ですね。全員懲戒免職相当です。

氷山の一角。表沙汰になっていない警察官などの犯罪はかなり多い。根本的な改革が必要。公的ヤクザとはよくいったもの。警察官などの権限がある職務についている人物は犯罪を犯したら3倍の処罰が適当、これくらいしないと犯罪はなくならない。

緊急出動があったら対応できませんね。そもそも仕事中そういう気持ちになりますかね?仕事に対しても貞操に関しても欲求に対しても意識が低いんですね。警察官ですか、、、残念ですね。

やるねー!兵庫県警の女性巡査部長。既婚でありながら、二人の既婚男性警察官と関係を持つなんて。余程の好きもんですね。しかし、他のニュース記事で読みましたが、女性巡査部長と20代の男性巡査長の二人だけ依願退職して、30代の男性巡査部長は依願退職しないんですか?これだけのことをして警察に残るとはこちらも凄い!女性巡査部長の顔写真は無いんでしょうか?是非拝見したい!

そんなの非番時に思う存分やればいいのに。交番内というのがいいのかね。断れない男性警察官も誘惑に負けてしまったんだね、もし、事件があったら初動が遅れて大変なことになる。警察は、国民の身体と財産を守る義務があるのでしっかりして下さい。

何をいまさら!!高級国家公務員の不倫出張や国会議員の不倫、医師会会長の不倫寿司会食等々の醜聞に比べれば軽い、軽い!漸く、内部告発が公表されたという自浄作用にも驚愕もするが、今まですべて暗黙知で済まされたのじゃないでしょうか?最近流行りの出来心だったという言い訳で許してやってください!その分、警察署の外に立って、歩いて犯罪の芽を摘んでください、お願いいたします。

兵庫県警だけじゃないだろうが、倫理風紀や常識が乱れ乱れているのは何処の警察も同じ穴の貉。自分達に都合の悪い事は隠蔽工作し、バレたら証拠隠滅を当たり前に計り誤魔化し、誤魔化そうとするのが警察ですから。警察なんて、権力を持ったマルボウそのものなんですから、真面な国民は警察を当然の様に信用していては、何をされているか分かりませんよ。鹿児島の志布志事件を思い出して下さい。大分の盗聴・監視事件を!未だ未だ沢山有り、絶対に無暗に信用し過ぎない事です。

【兵庫県警】交番の警官同士で性行為は誰?不倫警官の顔画像や名前は?どこの交番?退職にならない理由は、、勤務中の交番内で同僚の警察官と性行為をしたとして、兵庫県警が3月19日に、尼崎東署地域2課所属の30代男性巡査部長と、20代女性巡査を処...
~こちらも読まれています~
×