×
MENU
事故

長生村宮成で千葉県警女性巡査運転の車男子高校生はねられる!事故現場どこか判明で名前や身元、安否は

人身事故

11月22日の夕方、千葉県長生村宮成を走る村道の丁字路交差点で、自転車と自動車が衝突する事故が発生し、10代の男子高校生が意識不明の重体となっています。

当時車を運転していたのは千葉県警の女性巡査(29)でした。

事故の原因は何だったのか?

長生村宮成の村道事故で男子高校生が意識不明の重体

この事故がおきたのは、2022年11月22日(火)の午後5時5分頃とされています。

現場となったのは千葉県長生村宮成を走る村道の丁字路交差点で、自転車に乗っていた10代の男子高校生が右折した際に、前からきた乗用車と衝突しました。

さらに男子高校生は、自転車の後ろを走っていた乗用車にもはねられ、頭を強く打っており病院に搬送されるも意識不明の重体となっています。

この事故で最初に衝突した車を運転していたのは千葉県警茂原署地域課の女性巡査(29)で、あとから来た車は30代の女性が運転していました。

女性警察官の車が自転車と衝突 男子高校生が意識不明の重体 千葉・長生村|TBS NEWS DIG

参照:女性巡査の車にはねられた高校生、後ろから来た車にもはねられ意識不明

スポンサーリンク


男子高校生重体事故の原因は何か?

この事故で、千葉県警茂原署の発表では、当時自転車の前後に車が走っており、巡査が運転する乗用車からは自転車がよく見えなかった可能性があるとしています。

事故の詳しい原因については引き続き調査が行われています。

※片側1車線の直線。左側を走行していた自転車が後続車の前を横切って右折しようとしたところ、対向車線を走ってきた乗用車と衝突したとされる。

なお現場は信号のない交差点で、こうした場所での事故が最近より多く感じる方も多いようで、どちらか一方が守っていても片方が守られなければ大事故が起きてしまう可能性もあり、不注意や様々な要因が重なって事故が起きます。

取り返しのつかない事故もあり、そうした事故を防ぐためにどうすればよいのか?日頃から歩行者、自転車、自動車などそれぞれが交通マナーを守る意識を持つことが重要と考えられます。

千葉県長生村宮成の事故現場どこか判明

事故が起きた現場は下記の場所にある村道であったようです。

千葉県長生村宮成

スポンサーリンク




意識不明の重体、高校生の名前や身元学校はどこ?

現時点で意識不明の重体となっている男子高校生について、近くに住んでいると思われますが、詳しい情報は公開はされていません。

名前:不明
年齢:10代
性別:男性
職業:高校生
学校:不明
住所:不明
負傷:不明(頭を強く打ち意識不明の重体)

頭を強く打っての重体なので心配なところですが、後遺症なく怪我が早く治ることが望まれます。

人身事故、乗用車の運転者は誰か

今回の事故、現時点で逮捕者などは出ていません。

-最初の乗用車-
名前:不明
年齢:29歳
性別:女性
職業:警察官(巡査)
職場:千葉県警茂原署地域課
住所:不明
負傷:なし

-後続の乗用車-
名前:不明
年齢:30代位
性別:女性
職業:不明
住所:不明
負傷:なし

多発する交通マナー悪化の事故にネットの意見は

この事故では直進車の車が優先です。自転車は歩行者ではなく、軽車両だという認識をもつべきです。横断歩道があれば話は別ですが、この場合、本線へ合流する自転車側が一時停止して左右の安全確認を行うべきです。そして、自転車はヘルメットを着用するべきです。ヘルメットを着用していれば、軽傷で済んだかもしれません。どうして高校生になるとヘルメットを着用しなくてもよくなるんでしょうね?自分は疑問に思って地元の県教委へ確認しましたが、未回答でした。乗用車にドライブレコーダーがついていれば、事故原因が明確になり、どちらの過失割合が高くなるか明らかになるはずです。

自分が自転車の立場だと、このような車道での右折は危険なので、2段階右折をします。車と同じような動きで、道路の中央から右折する自転車は高齢者に多い印象です。交差点において、自転車が車と同じような右折が自転車として違反行為となるのかどうかは知りませんが、自転車は基本2段階右折をした方が安全だと思います。

先日、車線のない道路で急に横道から飛び出してきた自転車とあわや衝突するところでした。全く確認などせずものすごい勢いで飛び出してきたので驚きましたよ。狭い道路でしたので徐行はしていたものの、あれは確実に自転車側が悪いと思います。しかし、過失は車のほうなのですよね。今回の詳しい状況は分かりませんが、どんなに気をつけていても車は急には止まれません。急に飛び出されたら避けようがないですから。私も自転車を乗りますが、車を運転する時より気をつけています。気をつけましょう。高校生の意識が回復しますように

自転車の無謀な運転が増えてる結果ですね、車道をそのまま右折なんて自殺行為もいい所、未だにほとんどの場所では事故を防ぐ為に車と自転車は信号が分かれてるところも多い、地元でも歩車分離が多く自転車と歩行者は同じ信号で車は車だけの信号で分かれてる所が多い、この手の事故を防ぐには車側の問題もそうだが自転車も周りを見て危険を判断する能力が必要、最近の事故は歩行者側や自転車の無謀な行動が多く危険を考えてない行動が多い、中には車側の完全な過失で横断歩道を青信号で渡ってる最中の事故も多い、今回の様な事故は少しの注意で防げるはず。

高校生の回復を祈ります。だけど、直進する車の前を右折とは無理が有ったのでは?車に前後挟まれてる状態なら、直進車からの認知が遅れてしまう。運転する人だと分かると思うが、対向車線が渋滞してる時、車の間から飛び出す人や自転車にヒヤリとした覚えが有るのでは?車を運転する人の安全意識は当然だが、自転車も軽車両なんだから道交法を守って欲しい。後続車の運転手は論外、前方不注意で車間を取って無かった事で重複事故になったのでは?

今現在、メディアでも取り上げているように、急に自転車に対して厳しく違反キップを切ります!とかってやってますが、自転車に乗り出した頃の幼少期から交通ルールなどの教育をキチンとしないと公道での自転車の無謀運転は無くならないと思います。優先道路に出る手前の一旦停止、一時停止など、自転車が守ってる確率なんて10%にも満たないはずです。当然、歩行者は交通弱者扱いで良いのだろうけど、自転車は車やオートバイと同等扱いでもっと厳しく取り締まって頂きたいものです。