×
MENU
事故

目加田慎平くんと千春さん死亡、カメラに横転の映像!阪和自動車道で事故の原因は何?現場画像

8月7日(日)の夜、大阪府堺市中区を走る阪和自動車道上り線の料金所で、車が横転する事故が発生し、乗車していた5人が死傷しました。

休日終わりの大きな事故、、何が原因だったのか?

阪和自動車道の料金所で車横転5人が死傷する事故

この事故がおきたのは、2022年8月7日(日)午後9時55分ごろのこと。

現場となったのは、大阪府の阪和自動車道上り線の堺本線料金所(堺市中区深井畑山町)で、乗用車が料金所近くの縁石に接触して横転する事故が発生しました。

この事故で、大阪府門真市に住む目加田順平さん(33)が運転するワンボックス車が横転しており、乗車していた家族5人が死傷しています。

死亡したのは、目加田さんの長男である慎平くん(6)と助手席に乗っていた妻の千春さん(32)で、後部座席に座っていた長女(4)と次男(3)は全身打撲のけがをしているものの、命に別条はありません。

参考:高速料金所で車が横転 6歳の男の子と母親が死亡 縁石に乗り上げ車外に投げ出される

スポンサーリンク


高速で車横転、5人死傷事故の原因は何?

事故があった車は、当時料金所の各レーンを区切るコンクリートの縁石にぶつかったとされており、助手席側を下にして横転したとみられています。

これによって、運転手の目加田さんは骨盤骨折などの重傷、後部座席でチャイルドシートに座っていた長女(4)と次男(3)も全身を強く打つも軽傷、長男の目加田慎平くん(6)は車の外に投げ出されたことで全身を強く打って死亡、助手席に座っていた妻の千春さん(32)も死亡しています。

当時、目加田さん一家は家族で和歌山県の白浜周辺に遊びに行った帰りだったとされていますが、事故で横転した様子が付近のカメラに写っていました。

事故の詳しい状況はいまだ不明とされていますが、時間も遅く遊び帰りの運転で疲れがたまっていたところに、、といった状況だった可能性は考えられます。

 

阪和自動車道の堺本線料金所の現場画像について

事故がおきたのは、下記の場所であったようです。

堺本線料金所

スポンサーリンク




事故で車横転5人死傷の目加田さん一家被害について

-運転手-
名前:目加田 順平
年齢:33歳
性別:男性
住所:大阪府門真市野里町
負傷:骨盤骨折の重傷

-助手席-
名前:目加田 千春
年齢:32歳
性別:女性
死因:不明(全身強打)

-後部座席-
名前:目加田 慎平
年齢:6歳
性別:男の子(長男)
死因:不明(全身強打)
※チャイルドシートは6歳未満着用

-後部座席-
名前:不明
年齢:4歳
性別:女の子(長女)
負傷:全身打撲(軽傷):チャイルドシート

-後部座席-
名前:不明
年齢:3歳
性別:男の子(次男)
負傷:全身打撲(軽傷):チャイルドシート

 

一家団欒旅行が死傷事故、、ネットの意見は

そんな死ぬくらいのスピードで料金所走行せんけどな。手前に結構な段差のあるスピードバンプを設置するほうが良いと思う。特にETCレーンはかなりのスピードで通過する車結構あるし。それにしても料金所のレーン案内が際過ぎて把握しずらいところもある、スピード出しながら蛇行するような車もいるし。

ETCでも制限速度が20km以下のところが大体のはず。それを縁石まで行って横転するってどんだけスピード出してたんだか・・・居眠りなのか、何らかの発作でアクセルを踏む足が固定されてしまったのか、ただスピードを出し過ぎたのか5歳と3歳と2歳、ということだがチャイルドシートやシートベルトをしてなかったんだろうか。

高速乗る時は後部座席もシートベルトは必須です。ただ知り合いを乗せるときわかってないのかシートベルトをしない人もいます。子供だから、とか関係なく大人であれば命を守るということをちゃんと教えてあげてほしいと思います。

居眠りだと思う。午後10時前で白浜からの帰りだと睡魔が襲ってる頃だと思う。ご家族の方も眠っていたと思う。意識がちゃんとしてれば料金所手前は無意識に減速するのでこの様な惨事にはならないと思う。横転するまでの衝撃なら恐らく減速の意識もおきないくらい睡魔が襲ってたんでしょう。亡くなられた方にはご冥福を。残られた方は悲しみを抱えながら生きていかなければならない。辛いと思いますがこれは時間が癒してくれるの待つしかないですね・・・。

気の毒な事故ではあるが、社外放出の事故ではチャイルドシートやシートベルトの使用の有無を合わせて報道してもらいたいです。未使用予備軍には警告になりますし、そうでなければ適切な使用を再確認するいい機会です。また未使用で死傷した場合には、仮に家族であろうとも、積極的に摘発をすべきで、他車との事故の場合には、相手には過失致死を問いにくくすべきだと思います。チャイルドシートやシートベルトの未使用は安全の放棄に近い暴挙です。

6歳未満はチャイルドシート義務。6歳以上でも140cm未満はチャイルドシートの使用を推奨されています。うちは6歳過ぎてるけど背が低いので今でもチャイルドシート(ジュニアシート)つけてます。チャイルドシート3つは大変かもしれないけど、親としてしっかりすべきだったと思います。これから自分達が犯したことを一生悔やんでいくと思いますが、このことを機に交通ルールについてしっかりと守っていってほしいです。あと私はいつも思うのが、ギリギリの時間まで旅行を楽しむのが疑問です。長距離運転、現地での疲労もあるし、ある程度の時間で切り上げた方が居眠りなど防げるはず。本当にしんどかったら休憩を取る時間も取れるよう余裕を持って行動した方がいいと思います。20代の頃はなんとも思わなかったことも30代になると疲れ方が全然違います。居眠りなのかスマホなのかわからないけどふらふら運転ちょくちょく見ます。怖い。