×
MENU
事故

青山雄太さん死亡事故現場どこか判明!山田尊久逮捕の状況は?名古屋市千種区新池町の交差点で乗用車と原付バイク衝突・映像画像

2月3日(木)の夜、愛知県名古屋市千種区にある交差点で、乗用車と原付バイクが衝突する事故発生しました。

この事故で、原付バイクを運転していた男性(31)が死亡し、乗用車の運転手が逮捕されています。

交差点での死亡事故、当時どのような状況にあったのか?

名古屋市の交差点で乗用車と原付バイクの衝突死亡事故

事故がおきていたのは、2022年2月3日(木)の午後9時ごろ、愛知県名古屋市千種区新池町、信号のある交差点で、乗用車と原付バイクが出合い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、原付バイクを運転していた一宮市の会社員男性、青山雄太さん(31)が意識不明の状態で病院へ運ばれましたが、およそ3時間後に死亡しています。

また、警察は乗用車を運転していた名古屋市守山区の看護師男性、山田尊久 容疑者(29)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

死亡事故となってしまったこの交通事故、何が原因だったのか?

スポンサーリンク


乗用車と原付バイク衝突の原因は何?

この事故は当時交差点で、右折しようとした原付バイクと、直進の乗用車が出合い頭に衝突したものとされています。

通常であれば右折側の割合が高くなる事故のようですが、過失運転傷害で現行犯逮捕されており、過失運転致死に切り替えていることから、乗用車の運転手に前方不注意などがあった可能性も考えらえられます。

また、車の大破具合などからしてかなりのスピードが出ていた可能性は高く、事故の詳細については現在警察が調べているようですが、こうした事故で大きな事故につながる場合は速度超過が主。

 

名古屋市千種区新池町、事故の交差点はどこ?

現場などの映像から事故があった場所は下記の交差点で、この場所は車線も多く交通量が多い場所であったようです。

愛知県名古屋市千種区新池町4丁目

スポンサーリンク




山田尊久 容疑者の顔画像や経歴は?

山田容疑者に関しては顔画像や詳細な情報はまだ出ておらず、SNSでも本人を特定できる情報は確認できていません。

人を助ける仕事であった人物が、人を死なせてしまう事故を起こしてしまった悲劇、、その原因は。

名前:山田 尊久
年齢:29歳
性別:男
職業:看護師
職場:不明
住所:愛知県名古屋市守山区
罪状:過失運転傷害 ⇒ 過失運転致死
※7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

 

死亡した青山雄太さんの情報について

死亡した青山さんについて判明しているのは以下の情報。

名前:青山 雄太
年齢:31歳
性別:男性
職業:会社員
職場:不明
住所:愛知県一宮市
死因:不明(事故の衝撃によるものか)
※病院へ搬送後約3時間後に死亡

 

交差点で起きた死亡事故、原因にネットの声は?

普通、右折の責任が大きいと思うけど。信号赤なのに、直進乗用車が出てっちゃったのか?今後のためにも続報が知りたいです。

信号とか速度とか状況がわからないけど、運転してて直進して右折のバイクに衝突して逮捕って…もはや日本では運転したくないな。

原付きの真横に車が正面から真っ直ぐ当たり、浮いたライダーの身体がフロントガラスに直撃した感じですね。損傷具合から車側が相当な速度で走ってたと窺えますし、信号のある交差点ならどちらかの信号無視でしょうか?亡くなった方の為にも真相をはっきりさせてもらいたいですね。

私が経験した事故は私が右側を走っていて黄色信号で止まるため減速した際に左側の車線を走っていた車が加速し通過しようとした、右折待ちをしていた乗用車が私の車が減速したのを確認して右折を開始したが私の車の陰から出てきた直進者と衝突。現場の状況から非常に酷似しているが真相はいかに。

この現場はT字路だが、ここに至るまで本山方面からいくつも信号が続いてきて、東山公園前の信号を過ぎると少し流れが良くなり道幅も広いので、開放感からかとんでもなく飛ばしてる車が多い。だがその間やや左にカーブしたあと緩やかな上り坂になっており、そして現場の信号となるので、あまりに飛ばし過ぎると小さいバイクを見落としてしまう恐れは十分にある。車の壊れ方を見て想像する限り、この車もその類だったのではないかと思われる。

直進側の乗用車が過失運転致死とはちょっと腑に落ちません。詳細はわかりませんが、右直事故ならふつうは右折側の過失ではないでしょうか。それに原付バイクが二段階右折なら、いわゆる右直事故は起こりえないはずです。もっとも右折矢印の出る信号でしたらわかりませんが。相手がバイクで乗用車のほうがこの壊れ方ということはそうとうな速度で衝突したらしい。右折側が原付バイクでなくてダンプカーだったら、乗用車の運転者が死んでいたでしょう。

普段バイクに乗っております。教習所で習うレベルではありますが、交差点特に夜間は遠くの車は実際より遠く遅く見えます。事故の状況はわかりませんが、夜間ということで明るい服装や反射テープをつけるのも右直事故を防ぐためには大切です。原動機付き自転車では特に、煽られる恐怖や配慮、運転技術の不足から焦ってしまう可能性もあります。また、記事のケースような大きな道路での小回り右折は特に危険で、原付にとって車線変更する事自体がストレスになることも。原付に乗っていて大きな交差点を右折したい場合では、多少遠回りでも二段階右折そのものや小回り右折をしない経路設計を心がけることが命を守ります。