MENU
事故

山下湊人くん死亡どこか判明画像。天草市龍ヶ岳町大道、国道266号線事故原因は何、誰?小学1年生男児、意識不明重体で搬送も

10月27日の夕方、熊本県上天草市龍ヶ岳町で悲しい事故がおきてしまいました。

国道266号線の路上で小学1年生の男の子(7)が、車にはねられてその後に死亡しました。

幼い子供が死亡してしまった事故、当時現場では何がおきていたのか?

天草市龍ヶ岳町、小学1年生が交通事故死

この事故は、2021年10月27日(水)の午後5時10分ごろ、熊本県上天草市龍ヶ岳町大道の国道266号線上の路上でおきたとされています。

当時、国道を歩いて横断していた小学1年生の山下湊人くん(7)が、軽ワゴン車にはねられました。

湊人くんは頭を強く打っており、意識不明の重体で上天草市内にある病院に搬送されましたが、約3時間後に死亡が確認されています。

全国では直近でも幼い子供が亡くなる事件や事故が多発しており、今回の事故の原因は何だったのか?

スポンサーリンク


山下湊人くん死亡事故の原因は何?当時の状況

事故がおきた現場の道路は、信号機や横断歩道がない片側一車線の緩やかなカーブ上であったようです。

湊人くんは友達と遊んだ後に1人で道路を渡っていたとさており、軽ワゴン車を運転していた男性は会社に戻る途中で、姫戸町方面から倉岳町方面へ進行中に事故があり、当時の状況を次のように述べています。

「道路右側から渡ってきた男の子に気づきブレーキをかけたが間に合わなかった、気づいた時には車の前にいた」

事故の起きた原因の予測としてはいくつか出ますが、現状では詳しい状況は調査中となっています。
(速度超過だった、わき見運転だった、突然の飛び出しだったなどなど。)

 

天草市龍ヶ岳町、山下くん死亡の事故現場はどこ?

事故があった現場は下記の場所にある路上であったようです。

ちょうど渡った場所が横断歩道がない場所で、左右に50-100mほど移動すると横断歩道がある場所が見えます。

熊本県上天草市龍ヶ岳町大道 国道266号

スポンサーリンク




小学1年生、山下湊人くんの情報について

死亡した山下湊人くんについて判明しているのは以下の情報。

名前:山下 湊人(やました みなと)
年齢:7歳
性別:男の子
職業:小学生(1年生)
学校:不明(上天草市立龍ヶ岳小学校?)
住所:不明
死因:頭部強打によるものか

※車の運転手の情報については不明(逮捕などの情報はでていません)

 

7歳男児の死亡事故にネットの声は

現場の映像から見るに渡り終える寸前での事故だった可能性が高い。とするとわき見運転と速度超過のダブルコンボかな。

この辺は飛ばしやすい所かと思います。気づいたら、ではなく常時速度違反していたから「何でいるんだ!」って気持ちかと思います。

ここは信号のない横断歩道があるが、ほとんどの車が無視して止まらない。通学路になっているのに。かなりのスピードで走っている。スクールバスを煽る車も朝は多い。警察、市、協力して対策すべきだ

帰りを待ってる親からしたら、帰りが5分でも遅いと心配してしまう年頃で本当に痛ましい。運転する側からしたら、薄暗い中の運転は、怖い。どちらがどうだったのかわからない状況でなんとも言えないけど、人を轢きたい運転手はほぼ居ない。明日は我が身。気を引き締めよう。

横断歩道を渡ってくれとあるが、あそこは横断歩道がなかなかない。また横断歩道を渡らなければいけないと道路交通法では前後50メートル以内に横断歩道が有る場合で、無いのであれば仕方がない。亡くなった子供を誹謗中傷までするんだね。

あの道は何度も通ったことありますが、信号があまりなく横断歩道がほとんどありません。道も見通しが良くカーブと書いてありますが、そこまで急なカーブはなく普通に全方を見ていればまず認識できるはずです。午後5時すぎでもそこまで暗くありません。信号がほとんどないのでかなりスピード出す人が多いです。地元の人間はかなり飛ばします。スピードの出しすぎとスマホかなんか見ながら運転していたんじゃないでしょうか。

車が直線だったのかカーブで曲がったらいきなり子供が前方にいたのかは分かりませんが、子供を事故から守るためにも、横断歩道ではない道路を横断するなら(横断歩道で信号があったとしても、だけど)車が来ていないか、距離は十分にありそうか、(横断歩道なら)止まってくれるか、確認して安全だと思ってから渡るように躾けて欲しいものです。

~こちらも読まれています~
×