MENU
事故

仲里俊将さん死亡現場どこか判明!川崎市で車大破画像がヤバイ、、事故原因は何?国道132号路線バスと乗用車が衝突で5人死傷

10月8日(金)の早朝、神奈川県川崎市川崎区の国道132号線上で、路線バスと乗用車が衝突して5人が死傷する事故が発生し、この事故で現場は大混乱に陥りました。

死者まで出た惨劇の事故はなぜおきたのか?

川崎市で路線バスと乗用車が衝突し5人死傷事故

事故がおきたのは、2021年10月8日(金)午前6時15分ごろのこと、神奈川県川崎市川崎区藤崎1丁目の国道132号線の路上で、乗用車が市営バス(路線バス)に衝突しました。

この事故で乗用車は大破し、乗用車を運転していた仲里俊将さん(20)が死亡、乗用車の助手席に乗っていた建設作業員の男性(20)は頭や首の骨を折るなどの重傷を負っています。

また、バス側には当時10人ほどの乗客がいましたが、バスの男性運転手(51)と、40~50代の乗客男女3人が打撲などの軽傷を負っていますが、バスの乗客らは命に別状がある怪我はしていません。

現場は直線道路でバスが2車線道路の右側車線を走行中に、対向車線の乗用車がバスの走行車線にはみ出して衝突したことにより事故がおきたとされています。

スポンサーリンク


川崎市の事故現場の目撃がTwitterでも拡散

スポンサーリンク




乗用車と市営バスの衝突事故の現場はどこ?

事故があったのは下記の路上であるようです。

スポンサーリンク




仲里俊将さんと助手席の男性について

-運転手-
名前:仲里 俊将(なかざと しゅんすけ)
年齢:20歳
性別:男性
職業:建設業
職場:不明
住所:神奈川県川崎市川崎区藤崎4丁目
死因:不明

-助手席-
名前:不明
年齢:20歳
性別:男性
職業:建設作業員
住所:不明
怪我:頭と首の骨折で重傷

スポンサーリンク




川崎市で起きた早朝の大事故にネットの反応は

バスが2車線道路の右側車線を走行中、対向車線の乗用車がバスの走行車線にはみ出し、衝突した。はい、10対0で乗用車が悪い。

ちゃんと前見て運転しろよ!バスの運転手さんが大事ではなさそうで何より。軽自動車だったらただでは済まないですね。ながら運転でフラフラしてる車多くから厳しく取り締まって欲しい。

よくこの道仕事で使うけど、イラついて走ってるトラックやらが多くて自分も危なかった時何度もあります。もっとスピードの取り締まりやら増やして、危険運転減らして欲しいです。

すぐ近所での事故でしたが、ぶつかった乗用車は進行方向とは真逆向いているし、前部分は大破していました。どんな運転をしていたのか分かりませんが、この道路は普段から意味のない追い越し、割り込みも多い道路で煽る車もよく見かけるので運転するのがまた怖くなりました…

路線バスなんてそんなに速度出さないしぶつかっただけで死んだり重傷を負うはずもない。速度超過に加えて前方不注意、シートベルト未着用ってところだろう。

現場は市役所通りのR132だと思うが、バスレーンがあるのに路駐は多いし、しかも直線なようで信号ごとに微妙に角度が変わる道、車線もあまり広くなく、危険な通りだと思う。現場仕事の連中は朝飛ばすし、しかも二十歳じゃ技量もない。起こるべくして起きたな。

~こちらも読まれています~
×