事故

太田亮太郎さん死亡事故どこか特定!京田辺市三山木、森川猛の顔画像や経歴、飲酒運転の動機は何?酒気帯び運転と過失運転致傷

また、飲酒運転による事故が発生し、巻き込まれた人物が死亡する重大事故がおきてしまいました。

9月10日(金)の深夜未明、京都府京田辺市の府道で酒気帯び運転の乗用車がバイクと衝突し、バイクを運転していた男性(18)が死亡しました。

無くならない飲酒運転、その動機は何なのか?

京田辺市三山木の交差点で飲酒運転による事故

この事故がおきたのは、2021年9月10日(金)の午前1時半すぎのこと。

事故があったのは京都府京田辺市三山木にある信号のない交差点で、大型バイクが府道を走っていたところ、交差点から突如出てきた乗用車に衝突する事故が発生。

この事故で、バイクを運転していた京都市左京区に住む太田亮太郎さん(18)が、全身を強く打ち意識不明のまま病院に運ばれましたが、その後に死亡が確認されました。

乗用車を運転していたのは、京都府京田辺市に住む無職の男、森川猛 容疑者(46)で、森川容疑者の呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出されており、警察が道路交通法違反(酒気帯び運転)と過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

スポンサーリンク


森川猛、飲酒運転の動機や事故の経緯は?

逮捕された森川容疑者は「酒を飲んだ状態で運転したことに間違いない」といった供述をしていることが明らかになっています。

また、警察などによる現場の検証からは森川容疑者が一時停止を無視して飛び出した可能性があるとみて、より詳しく調べが進んでいます。

 
飲酒運転による悲惨な事故は非常に多く、またその罰則も厳しくなっていますがそれでも飲酒運転を繰り返す理由とは何なのか?

多くの事故や連日の検挙などを考えると表ざたとなっているものはまだまだ氷山の一角で、多くの人物が飲酒運転をしていると考えられるため早急な対応が必要ですが、こうした事故に対してまだまだ十分に積極的な対応が取られていないのが現状。

飲酒して問題を起こした人物については、かなり厳しい罰則を設ける必要があると考えている方は多いようです。

スポンサーリンク




京田辺市、深夜の死亡事故現場はどこ?

事故がおきたのは「三山木駅」からもほど近い場所にある、信号のない交差点。

京都府京田辺市三山木上谷浦

スポンサーリンク




森川猛 容疑者の顔画像や経歴、余罪や前科は?

逮捕された森川容疑者に関して、名前などの情報は出ているものの顔画像などは公開がされていません。

また、SNSなど個人を確認できる情報も判明はしていませんが、飲酒運転をしている人物は常習犯の可能性が高く、普段から飲酒して運転をしていたと考えられます。

名前:森川 猛
年齢:46歳
性別:男
職業:無職
住所:京都府京田辺市

▼罪状:道路交通法違反(酒気帯び運転)・過失運転傷害
3年以下の懲役または50万円以下の罰金
7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

 

死亡した太田亮太郎さんに関する情報

事故で亡くなった太田亮太郎さんに関して判明している情報は下記のもの。

名前:太田 亮太郎
年齢:18歳
性別:男性
職業:不明
住所:京都府京都市左京区
死因:全身を強く打ったことによるショック死か

スポンサーリンク




悪質な飲酒運転による死亡事故に怒りの声多数

飲酒による事故など、人を殺めるような事件や事故は殺人または殺人未遂でよいのでは?情状酌量があるのであれば後で調整をすればいい。

また悪質な弁護士によって減刑されるパターンかな?お金もらって何でもするのが弁護士、といったイメージがついてきた。。

このご時世に飲酒運転するような輩は頭おかしいやつしかいないんだから、いくら懲役重くしてもかまわないだろ。だってまともな人は飲酒運転なんてしないんだからさ。懲役30年とかにすれば抑制にもなるだろ。事故が起こってからでは遅いんだよ。そろそろ事後対応から事前予防に切り替えていかないとなくならないよ。

そもそも、無職の人間が飲酒して、夜中に何しに、車運転しているの?、こんな時間に運転なんてするなんて、そもそもおかしい。飲んだことは認識しているようだが、他に問題はないのか、時間帯の1時は普通は自宅にいるはず、働いていないのなら、この時間の運転はやっぱり変。

未だに飲酒運転ってなくならないんですね。飲んで運転すればどのような事になるかって事ぐらいわかる事なのに何故車を運転するのか、飲むなら家あるいは歩きか電車で帰るくらいの場所で飲めばいいのに!亡くなられた御家族の事思うと本当に飲酒運転が腹立たしく思います。

飲酒運転事故って全然無くならないよな。刑罰が軽いのが問題やと思う、飲酒運転の時点で殺人未遂で、相手が亡くなったら殺人で刑罰与えたら良いんじゃない、車なんてナイフとか包丁より殺傷能力高いやし、それぐらい刑罰重くしてもいいと思うが。

国はなぜ普通の交通違反と飲酒運転を分けないのだろう。一般の交通違反は、免許という許可を受けた正常な人間が交通法規を違反したときのもので、飲酒運転は酒を飲んだ人間が危険を承知でエンジンをかけて運転する。言ってしまえば故意に他人を危険にさらす行為を始める判断を飲酒ドライバーがした事になる。個人的には交通違反とは分けて、事故の有無に関わらず故意による危険行為で一発懲役刑を考えるべき。

なぜ飲酒運転の事故が後を絶たないのに加害者の刑は軽いのはどうしてでしょう?  もっともっと厳罰でいいと思う。 飲んで運転してる人は飲んでる自覚があるのだから殺人罪と同等でもいいと思う。殺意はなくても事故で人が亡くなる可能性は十分に予見できると思う。どんなに罪を償っても亡くなった方は帰ってこないし遺族の方々は一生苦しむはず。

~こちらも読まれています~
×