MENU
事件・事故・災害

桑田聖也の顔画像は?川越市笠幡、小林英明さんひき逃げ現場どこ特定、大学や経歴は?容疑否認、見殺しの動機・理由がヤバイ

9月9日(木)の午後、埼玉県川越市笠幡の市道で頭から血を流した男性(60)が倒れておりその後に死亡した事案。

現場の状況から11日(土)に死亡ひき逃げ事件として断定され、逃走した犯人の行方が追われていましたが、12日(日)になりひき逃げ犯が逮捕されました。

現場から逃げた犯人の正体は。

川越市笠幡、ひき逃げで小林英明が死亡

この事件が明らかになったのは、2021年9月9日(木)の午後2時過ぎ、埼玉県川越市笠幡の路上で通行人の40代女性による119番通報から。

「路上のすみで人が仰向けで倒れており、男性が頭から血を流している。」

通報を受けて現場に警察などがかけつけたところ、川越市内に住む男性、小林英明さん(60)が倒れており、病院に運ばれましたがおよそ2時間後に死亡が確認されています。

発見当時は後頭部の怪我などで自殺を含めて事件や事故すべての可能性があるとして捜査が進められていましたが、11日(土)になり、ひき逃げ事件として捜査が開始されていました。

※頭には何かがぶつかって大きな衝撃を受けたような傷があったとされており、頭部の損傷が激しかったとされています。

スポンサーリンク


ひき逃げ犯は大学生の男、桑田聖也容疑者

警察がひき逃げ事件として小林さんを放置して逃げた人物を追っていましたが、12日(日)になってひき逃げ犯の親族による通報から事件の犯人が判明。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、川越市に住む大学生の男、桑田聖也 容疑者(20)で、小林さんを車ではねて死亡させた疑いがもたれています。

桑田容疑者は事故後、警察が小林さんの死亡について情報提供を求めるなど捜査をしていることを知り、親族に「自分が事故を起こしたかもしれない」と相談したところ親族が警察に通報したことで、逮捕に至っています。

しかし、逮捕された桑田容疑者は以下のようにとぼけており、容疑を否認しています。

「何かに乗り上げてしまったことは事実ですが、人をひいた覚えはありません(人かは分からない)」

スポンサーリンク




川越市笠幡でおきたひき逃げ殺人事件の現場はどこ?

事件がおきた現場は、埼玉県川越市笠幡の住宅街でこの場所はJR川越線「笠幡駅」から北におよそ1km離れた住宅街となっていますが、詳しい場所については確認中。

埼玉県川越市笠幡

 

 
死亡した小林さんは、「川越市川鶴1丁目」に住んでいたようで現場の詳しい場所はまだ確認できていませんが、徒歩で20~30分ほどの距離の場所であったと思われます。

スポンサーリンク




桑田聖也 容疑者の顔画像や経歴は?

桑田容疑者について顔画像は公開がされておらず、SNSなどでも本人と確証がえられる情報は確認できていません。

名前:桑田 聖也(くわた まさや)
年齢:20歳
性別:男
職業:大学生
大学:不明
住所:埼玉県川越市

▼罪状:ひき逃げ
10年以下の懲役又は100万円以下の罰金

現場となった場所にある市道は狭く、地元住民は車で走行する際にスピードを出し過ぎないよう注意しているものの、歩行者が怖い思いをすることもあるといった情報が出ています。

また、このひき逃げ事件がおきた時間は9月9日(木)午後2時頃のこととされており、明るい時間であることから人がいれば確認ができたことから、わき見運転、速度超過などをしていた可能性も考えられます。

さらに「何かに乗り上げた」といったことが分かっているのであれば人ほどの大きさの何かに乗り上げればかなりの衝撃があり、それもわかっていると考えら、故意に逃走したということは明らか。

 

小林英明さんの情報は

死亡した小林さんについて確認ができているのは下記の情報で、死因が頭部の損傷ということでかなりの衝撃があったと考えられます。

名前:小林 英明(こばやし ひであき)
年齢:60歳
性別:男
職業:無職
住所:埼玉県川越市川鶴1丁目
死因:頭部の損傷

スポンサーリンク




住宅街でおきた悪質なひき逃げ事件にネットの反応は

本当に人だと思わなかったのなら、すぐに忘れるだろうし親にも相談などしない。人かも知れないと思うぐらいの大きな物に乗り上げた上に逃げた自覚があるから相談したんだろ。その場で確認してしかるべき通報しておけば、事故で済んだのに。一生まともな就職は無理だな。

大学も退学かな。わからない事はないよね。時間も明るい昼間だし。よく見て走れば轢かずにすんだんじゃないかな。救護してればまだ人生棒にふらずにすんだかも。

弁解はやめましょう。怖くなって逃げたのですね。怖くなると思いますよ、人をを轢いてしまったことは自分が一番わかっているのだから。だから相談したんですよね。必死に救護措置をとれば助かった命だったかもしれません。罪を償ってください。

午後2時だと、かなり明るいし、子供たちが遊んでいる時間帯でもある。乗り上げたら、車のダメージもあるから確認をしなければならない。状況にもよるが、罪に問われない場合もある。しかし、逃げてしまっては、すべてが無になってしまう。

普通は降りて確認でしょうに。自分も先月、某所で何かに乗り上げた。降りて確認したら土嚢だった。大雨で土嚢が崩れて道路まで流されてきたようだった。山間部、カーブの途中だったこともあり、土砂崩れの危険もあるから、場所を移動してから直ぐに警察に連絡入れたけど、運転中に何か違和感感じたら直ぐに確認しないと。

何かに乗り上げた それは停車して確認しろよ。家族に相談した 人を轢いた意識があったから相談したんだろ。しっかり対処すれば、情状酌量の余地が大きい自動車運転過失致死傷のみで済んだのに。故意のひき逃げは殺人罪に問われる可能性ぎある。轢いてしまったことより、20歳にもなって適切な判断が出来ないのが情けない。

×