×
MENU
事件・事故・災害

【閲覧注意】小林美幸さんら3人死傷、神山大の顔画像経歴や犯行動機ヤバイ!むしゃくしゃ信号無視の瞬間映像

神山大

11月14日の午後、北海道札幌市で車3台が絡む事故があり、小林美幸さん(63)が死亡、3人が負傷しました。

この事故の原因は、危険運転致傷で逮捕された神山大(33)による信号無視が原因で、故意の無差別殺人とも言える非常に凶悪な犯行動機は実に身勝手なものでした。

札幌市の交差点で信号無視の車、小林美幸さんら3人殺傷

事件(事故)がおきていたのは2022年11月14日(月)の午後1時ごろ、北海道札幌市中央区南19条西12丁目の道道交差点でおきていました。

当時、交差点に信号を無視して侵入した乗用車が、左から来た60代女性が運転する乗用車に出合い頭に衝突、さらにそのはずみで衝突された車が対向車線で信号待ちをしていた別の乗用車にもぶつかりました。

この事故によってぶつかられた乗用車に乗っていた札幌市市中央区の小林美幸さん(63)が死亡、信号待ちの車に乗っていた50代の男女2人が軽い怪我をしました。

警察(札幌南署)は、わざと信号を無視して相手の運転手の女性を巻き込んだとして、札幌市に住む無職の男、神山大 容疑者(33)を自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで現行犯逮捕しました。

参照:「むしゃくしゃしてて赤信号を無視した」33歳男を”危険運転致傷”で現行犯逮捕…衝突された車の女性死亡

スポンサーリンク


神山大の犯行動機がヤバイ!事故の瞬間映像

「むしゃくしゃして」故意に“信号無視” 男逮捕…ブレーキ踏まず交差点へ 3人死傷(2022年11月17日)

逮捕された神山容疑者は容疑を認めていますが、その犯行動機については次のように述べています。

「むしゃくしゃしていて信号を無視した」

非常に身勝手な動機で、小林美幸さんを事故によって死亡させ、関係のない男女も巻き込んでいます。

信号無視をした結果どうなるかはわかりきっていることで、故意に事故を起こしている点から殺人ともいえる犯行ですが、車を利用しての事件は通常の殺人よりも軽くなってしまうのが現状。

札幌市中央区南19条西12丁目、事故現場

事故がおきたのは下記の場所にある交差点で、道幅もあり車線も多い道路で信号無視をするなど狂気の沙汰。

スポンサーリンク




神山大の顔画像経歴、余罪や前科について

逮捕された神山容疑者に関して顔画像など詳しい情報は公開がされておらず、余罪や前科についても判明していません。

ただ、むしゃくしゃしたといったことだけで、信号無視などの危険な犯行を行っていることから、余罪は複数あると考えられます。

※追加情報
神山大

名前:神山 大
年齢:33歳
性別:男
職業:無職
住所:北海道札幌市豊平区美園3条7丁目
罪状:危険運転致傷(15年以下の懲役または12年以下の懲役)

死亡した小林美幸さんと負傷した2人の安否について

亡くなられた小林さんについて判明しているのは次の情報。

名前:小林 美幸
年齢:63歳
性別:女性
住所:北海道札幌市市中央区
死因:不明(車が大きく大破している様子から衝撃による負傷か)

また、巻き込まれた乗用車に乗っていた50代の男女2人については軽傷とされています。

なお、神山容疑者も負傷をしたようですが、こちらはなぜか軽傷だったようです。

身勝手な理由による信号無視からの事故に怒りの声

最近はルール無用で信号無視など平気でするドライバーが多い。痛ましい事故を目にすると免許取得、更新簡単にしちゃいけない、もっと厳格にしていいといつも思う。そして、相手への賠償が終えるまで刑期は無期でいいでしょう、甘すぎる。免許取得、更新できないのであれば不適合者、運転資格なしで良い。

業務上過失致死ではなく、少なくても危険運転致死かできるなら殺人罪での裁判と求刑で実刑を願う。普通の交通事故とは異なるのだから。

これを単に自動車事故(業務上過失致死)で片付けないでもらいたい。未必の故意という程明確なものはないかも知れないけど信号無視して交差点に進入すれば誰かが死ぬような事故を起こす可能性があることは免許を持っている大人なら理解しているはず。暴行致死くらいの罪として厳しい刑事罰を与えて欲しい。

確かに生きていれば「むしゃくしゃ」することはあるでしょう。しかし、それが信号無視を正当化する理由にはなりません。今回の件は加害者の身勝手極まりない事件です。まして、これは故意的に信号無視をしており、その結果として被害者の方はなくなっているのですから加害者の罪は大変重いと思います。今回の理不尽な動機での事件を加害者はどのように思っているのでしょうか。被害者の女性はまだ60代ですからまだ未来はありましたし、遺族の方もいます。33年間生きているのであれば、それくらいの想像力は働かせてほしいものです

むしゃくしゃして刃物で数人を殺害すると死刑になる可能性もあるが、同じ理由で危険運転をして数人をはね殺したとしても、飲酒して猛スピードで交差点に突っ込んで死亡事故を起こしたとしても死刑にはならんのよね…加害者側の「更生」は最大限考慮されるのに対して被害者の「無念」の思いはたった数年の懲役などで誤魔化されてしまう現在の法の無情さには遺族はやりきれない思いだと思う。

危険運転致死傷罪と殺人罪の違いが分からなくなりそう!むしゃくしゃして信号無視して無差別に車に衝突し衝突された方の人が亡くなってしまっているから車を使用した殺人じゃない?って普通に思いますが… 殺人罪は車vs人(歩行者)じゃないと成立しないとか対物関係があるのか?危険運転致死傷罪の成立構成要件がおかしいです!あの東名高速の煽り運転の夫婦死亡事故も注意されてカチンと来て煽って追い越し車線に停めさせて、後続車両の大型トラックに衝突させて亡くなってるから、殺人じゃないと思ってしまう! むしゃくしゃとカチンと切れてやってしまう、人を殺める行為が何故殺人罪じゃないのか?飲酒運転やスピードの出し過ぎとは性質が全く違いますよね?