×
事件・事故・災害 PR

羽田空港北トンネルで高校生死亡 無免許バイク運転手名前だれ?

羽田空港北トンネルで男子高校生死亡
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年まであとわずかの12月30日の夜、東京都大田区羽田空港の国道357号でバイクに2人乗りしていた高校生のうち1人が転落して死亡する事故が発生。

この事故で運転をしていたとされる男子高校生が警察へ出頭しています。

羽田空港近くのトンネルで男子高校生死亡

この事故がおきたのは、2023年12月30日(土)の午後7時5分ごろのこと。

現場となったのは東京都大田区羽田空港近くを走る国道357号線の路上(空港北トンネル内)とされています。

「ヘルメットが落ち、人が血だらけで倒れている」

事故直後から目撃者からの110番通報で事態が発覚。

倒れていたのは16歳の男子高校生で頭を強く打つなどしていて午後8時半ごろ、死亡が確認されました。

なぜこのような状況になったのか?

参照:羽田空港近くでバイクが縁石に接触、後ろに乗っていた男子高校生が死亡…無免許運転

スポンサーリンク


無免許運転の男子高校生が母親に連れられ出頭

当時、トンネル内を走行していた2人乗りバイク道路脇の縁石に接触し、後ろに乗っていた大田区に住む男子高校生(16)が転落して全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されています。

その後、運転していたとみられる高校生の母親から「息子が『後ろに乗った人を落としたみたいだ』と話している」と通報があり、男子高校生が母親に連れられて警察へ出頭してきました。

出頭してきたのは事故から約3時間後で、東京空港署へ出頭したとされています。

警視庁東京空港署が、バイクを運転していたとみられる男子高校生から事情を聞いていますが、無免許だったとされています。

羽田空港北トンネルの事故現場について

事故がおきたのは、空港北トンネル内であったようです。

京浜島方向から羽田空港方向に向けて走行中に、縁石に接触して後ろに乗っていた人が落ちたという目撃情報が出ています。

2人乗りのバイクから転落 後ろに乗っていた高校生が死亡 東京

スポンサーリンク




死亡男子高校生と無免運転の男子高校生名前や学校は

この事故で死亡した男子高校生、またバイクを無免許運転で2人乗りだった男子高校生について、ともに未成年であるためか詳しい情報は明らかにされていません。

-バイクの運転手-
名前:不明
年齢:16歳
性別:男
職業:高校生
学校:不明
住所:不明
罪状:不明(事情聴取段階で過失運転致死容疑も視野に聴取中)

-死亡の男子高校生-
名前:不明
年齢:16歳
性別:男
職業:高校生
学校:不明
住所:東京都大田区k
死因:頭部を強く打ったことか。

バイクの運転手とは友人関係であったとされています。

年末の高校生死亡事故にネットの意見は

後悔先に立たず。無免許だからもちろん保険に未加入。たった一つの事故で、2つの家族の人生が大きく変わってしまった。殺された上に、死亡保険金すら入ってこない。殺した方は、まだ高校生なのに生涯かけて償わなければならない。どちらも非常に重い人生だけが残ってしまった。

他の関係無い人が巻き込まれなかったのが、不幸中の幸い。事故るまで無免許運転が「違法」ということに自覚できないんだろうな、今回も事故が起きなければ、無免許運転続けてただろうし、なんだかなぁ。

自転車の二人乗り禁止もそうだが、免許取得義務や無謀な運転禁止などルールには理由があるし、多くは生命を守るためのものである。そしてそのことに気付くのは何か大きなことが起きてからが大半だ。いつだって若い命が失われるのは悲しいが、それと同時に高校生ともなればやはり自分の行動に責任を感じて欲しい。

亡くなった人も無免許運転で友達を殺した人も、未来ある高校生だったとは悲惨な話だ。悔やんでも悔やみきれないと思うが、残された道は一生涯をかけて高額な慰謝料を払い続ける道しかないだろう。高校も中退せざるを得ないし、家族も財産すべて失うことになる。悔やんでも悔やんでも自分の浅はかな行為が多くの人たちを不幸にした現実をしっかり受け止めて欲しい。

亡くなられた高校生のご冥福をお祈りします。記事から読み取る限り、救護や救急車の要請をしていなかったということでしょうか。高校生であることを差し引いても、無免許な上にこれでは亡くなられた高校生の家族にとっては殺人に等しい行いでしょう。

本当に親しくはなかったのかも、悪い付き合いだったのかも、と推察もできますが、人としての一線を超えてしまった、命よりも保身を選んでしまった瑕疵は無免許運転の高校生の心に一生刻まれると思います。いや、刻まれないといけないと、思います。

~こちらも読まれています~