事故

佐野市岩崎町、事故現場どこか特定で遺体の身元も判明!乗用車炎上、具志堅七男さんと栗原恵子さん事故原因は何?【画像】

5月21日(金)の深夜、栃木県佐野市岩崎町の県道で、歩道に乗り上げた乗用車が炎上しているのが発見され、消火後に車から身元不明の2人の遺体が発見されました。

2人が死亡するに至った事故の原因はなんだったのか。

スポンサーリンク

佐野市岩崎町、車炎上死亡事故の現場どこ?

この事故が確認されたのは、2021年5月21日(金)の午前1時25分ごろのこと。

栃木県佐野市岩崎町の県道で、「車が燃えている」と通りかかった人から警察に通報があったことから判明。

消防車など4台が出て消火にあたり、約45分後に鎮火したものの、車内からは性別不明の2人の遺体が見つかっており、警察は亡くなった人の身元の確認を進めるとともに乗用車の単独事故とみて詳しい状況を調べています。

深夜におきた事故、、なぜその惨事はおきてしまったのか?

スポンサーリンク


佐野市、事故と車炎上の原因は何、死亡は誰?

この事故で、炎上し燃えたのは乗用車1台で、現場の状況から道路の左側にある縁石に乗り上げたあとに、道路わきにある標識(道路案内板)の鉄柱に衝突し炎上したと見られています。

現場は、緩やかに右にカーブしている片側1車線の県道であり、事故当時は雨で路面がぬれていたとされています。

また、他の車などの痕跡はないことから、乗用車単独での事故とされています。

 
※情報追加
遺体は近くに住む具志堅七男さん(50)と同居する内縁の妻の栗原恵子さん(51)と判明。死因は全身を強く打ったことによる多発外傷。

スポンサーリンク




佐野市岩崎町、車炎上死亡事故の現場どこ?

事故がおきたのは、岩崎町を走る県道201号線の路上で、道路の左側にある縁石に乗り上げたあと標識の鉄柱にぶつかって炎上したとみられています。

栃木県佐野市岩崎町 県道201号線

スポンサーリンク




深夜におきた車炎上の大事故、、ネットの声は

性別もわからないほど焼け焦げて最期を迎えるなんて悲しすぎる。もう少し気をつけて運転していれば、ここまでにはならなかったろうに。

外部からの煽り運転による事故かも知れないから近くの防犯カメラをトレースしたほうが良いでしょう

意識があるうちに炎上したのならさぞつらかっただろうな。考えただけで恐ろしい。。

衝突してもすぐに火は出ないしエンジンルームから出火しても座席まで延焼するのに3~10分はある。1人ならまだしも2人共足が挟まれ抜けないって事例あまりないから・・・逃げられなかったって事は衝突時点で即死だったのかな!?

この事故はどうかはわからないけど、別れ話で、自暴自棄になり、別れるぐらいなら一緒に死んでやるー!っていうことが発生する場合があるので、車で別れ話したら絶対駄目ですよ。大人しくて優しい人間をナメてはいけません(経験から・・)気をつけてください。

もし、煽られてのスピード出し過ぎなら傷害致死の犯罪だよね。まあ十中八九自己責任のスピード出し過ぎか不注意だろうけど、昔、20代の若者が事故で心肺停止で運ばれてきたのを対応したことがある。蘇生に全く反応しなかった。三人即死のうちの一人で若い女の子。頚椎脳幹部の損傷で、身体は綺麗なもの。死後駆けつけた母親は傷のあまりない遺体に死を受け入れられずに、なんとかしろと叩かれた。交通事故ではヒトは呆気なく死ぬ。車は本当に凶器になるんだと感じた。

~こちらも読まれています~
×