事故

磯野祐紀さん顔画像判明!立命館大学探検部とは?洞窟調査中の転落事故死、岡山県高梁市川上町高山市の山中のどこ?

12月13日(日)の午後、岡山県高梁市川上町高山の山中で、立命館大学探検部の男子学生(24)が崖から転落し死亡しているのが発見されました。

当時、男性は洞窟の調査をしており、誤って転落したとみられています。

死亡した男性は?立命館大学探検部とはどのような部であったのか。

スポンサーリンク

立命館大学探検部の部員が洞窟調査中に転落死

この事故が起きたのは、2020年12月13日(日)の午後1時55分ごろのこと。

高梁市川上町高山の山中で、洞窟探査をしていた京都市右京区に住む大学生の磯野祐紀さん(24)が崖下で倒れているのが発見されました。

発見時にすぐに119番通報がされ、磯野さんは病院に運ばれましたが、約2時間後には死亡が確認されています。

まだ若い年齢、大学生が死亡に至る事故はなぜ起きたのか。

 
事故が起きた当日、磯野さんは午前10時半ごろから、探検部と他団体と合同のメンバー合計7人で、現場付近の洞窟の調査や新たな洞窟の探査をしていたとみられています。

このことから、高梁署(警察)では磯野さんが誤って転落したとみて、当時の状況や死因を調べています。

スポンサーリンク




転落事故死が起きた現場はどこ?

事故がおきた場所は、弥高山神社(同市川上町高山)の北西約1・4kmの山中とされています。
※地図上で北西の場所に道が確認できるためその付近であった可能性も。
※転落場所が洞窟内なのか、山中の崖なのかは情報が出ていません。

スポンサーリンク


立命館大学探検部とは?

立命館大学探検部は学術部公認の団体であったようで、2020年に創部60周年を迎えていたようです。

ただ、近年は部員の減少などで活動規模は少し小さくなっていたようです。

日本国内での冒険はもとより、海外での活動もしていたようです。

Facebook
Twitter
Instagram

 
また、NHKスペシャルの番組撮影に探検部の方が協力をしたこともあります。

スポンサーリンク




立命館大学探検部について画像・映像

下記は、立命館大学探検部の活動に関しての動画とされています。

スポンサーリンク




転落事故で死亡、磯野祐紀さんの顔画像や情報。

こちらは、立命館大学探検部の活動紹介の動画ですが、磯野祐紀さんもここに映っていました。
※01:49辺りから。

名前:磯野 祐紀
年齢:24歳
性別:男性
職業:大学生(5回生?)
大学:立命館大学
住所:京都府京都市右京区常盤村ノ内町
死因:転落によるショック死か。

回生について(立命館大学学修要覧より引用)

通常、入学と同時に1回生となり、単位の修得状況などに関らず1年単位で回生は進行します。
4回生終了時点までに卒業に必要な単位を修得できなかった場合には、
8回生まで回生は進行しますが、在学年限8年を超えて在学することはできません。

スポンサーリンク


大学生の転落死にネットの声は

「洞窟では、二酸化炭素の濃度が高くなっている所があって、そうしたところで意識を失ったりすることがある」
と聞いているが、それなのだろうか。若い方が亡くなるのは、本当に悲しい。ご冥福をお祈りする。

これで行政側を非難するのは、ちょっと可哀想だと思う。
大学側は観光で洞窟を訪れた訳では無く、探査目的なのだから危険は有るのは当然だと思う。
キツイ言い方かも知れないが、ヤバいと思ったら現場から引く責任は大学側に有る。

岡山…あの地底湖のやつもそうだよね。行方不明の部員を残して、険しい道を通るためのロープとか全部回収しながら帰還した部員たち。
そして、行方不明となった部員のSNSのプロフィールからそのサークルのことが削除されていたり。
大学の会見に探検部の部長が出席しなかったり。謎が多い事件だったなぁ。

洞窟のような危険な場所は他に誰もいないようなところだから
真実は当事者しか知らないということでやましいことがなければいいのだけれど。
前の洞窟の地底湖の事件は真実が隠されているのではと言われていたから。

基本行動ができていない部活は廃部にすべきだよ。洞窟内ではなく洞窟を探していて崖下へ転落し、死亡。
明らかに単独行動だよね。山や危険のある場所、見渡しの悪い所での探索は2人以上のチームで探すのが基本。
単独行動を認める方もする方も素人だよ。部活なのだから顧問もいるよね。大学側も調査・処罰を検討すべき。

ケイビングにハマる人もいるけど、個人的には洞窟ほど怖い場所はないと思う。
行きは通れたのに、帰りはどうしても引っかかって出られなくなるポイントがあったりするし、
ランプのバッテリーが切れたら完全に真っ暗。弱い光源すらないからいつまで経っても何も見えない。
特に閉所恐怖がなくても、頭がおかしくなってくる。

 
冒険に危険はつきものであり、こうした事故なども覚悟はしていたと思われますが、まだ若い年齢での死亡という悲しい出来事、ご冥福をお祈りします。

~こちらも読まれています~
×