事故

浦安市富岡、ゴンドラ転落死亡は誰?鶴岡敏さん事故のマンション、作業会社はどこ?サンコーポ浦安

12月12日(土)の午後、千葉県浦安市のマンションで、ゴンドラに乗って作業をしていた男性が転落死する事故が発生しました。

高所作業中の転落事故はなぜ起きてしまったのか?

スポンサーリンク

浦安市富岡、マンション高所作業中にゴンドラから転落

この事故がおきたのは、2020年12月12日(土)の午後3時55分ごろのこと。

千葉県浦安市富岡にある12階建てマンションで、窓枠交換の準備作業を行っていた作業員の男性、鶴岡敏さん(49)がゴンドラから転落し、死亡しました。

事故当時、通行人の女性による「ゴンドラのケーブルが切れて、ぶら下がっていて人が落ちた」110番通報からこの事故が発覚したとされています。

スポンサーリンク


ゴンドラ転落の原因は何?

当時、鶴岡さんともう1人の作業員がマンションの12階付近で作業中、突如ゴンドラのケーブルが切れたとされています。

その際に、ゴンドラは11階と12階の間に宙づり状態になり、鶴岡さんはマンション敷地内の芝生に落下、もう1人は自力で脱出。

作業に利用していたのは機械式のゴンドラで、2人組で窓枠のシーリング材を取り外す作業を行っていた際、何らかの原因でゴンドラが傾き事故が起きたと考えられています。

命綱などの利用があったのかなどの情報は出ていませんが、高所作業でのもしもの際にこうした準備が非常に重要です。

スポンサーリンク




転落事故があったマンションはどこ?

今回の事故がおきたマンションは、浦安市にあるマンションで「サンコーポ浦安」だと思われます。

サンコーポ浦安 F棟
千葉県浦安市富岡3丁目

スポンサーリンク




死亡した鶴岡敏さんの情報について

名前:鶴岡 敏(つるおか さとし)
年齢:49歳
性別:男
職業:ガラス工事業
住所:千葉市稲毛区
死因:高所からの転落による負傷

49歳ということ、作業員としての仕事はすでにベテランであった可能性が高いですが、こうした作業はベテランほど慣れで安全がおろそかになる場合があり、今回の件で安全基準が守られていたか、同様の事故を起こさないためにもこの確認が必須です。

スポンサーリンク




マンション作業中の死亡事故、、ネットの反応は

ゴンドラ作業の場合は、命綱は必要なかったのかな。高所作業では、必須だと思ってました。

命綱を何故付けていなかったのか。漁師さんが、ライフジャケットを身に付けようとしないのと同じ心理なのでしょうか。
しかし昔だったら勢いで大丈夫だった事も、今は厳しくなっていると思うのですが。

もうすぐ新年だというのに、かわいそう。大黒柱だったのかな?年越しの準備や予定も、あったろうに。
自分は、カッとした時、急いで運転する時、家族の事、猫ちゃんの事、控えている楽しみな行事を思い浮かべて、危険回避を心掛けている。

安全帯を形だけでフックを掛けていなかったのかな。公共工事だったら、指名停止数か月相当の厳しい処分だろうけど
民間工事はどうなのかな。公共工事指名停止はもちろんのこと、民間工事も数か月営業停止位の厳しい処分をしないと。

通行人が通報って、ゴンドラの2人しかいなかったのでしょうか?
地上に立ち入り禁止のロープを張っても子供が入らないように警備の人を付けるのが普通と思うのですが?
安全帯を付けていないようですし、ガラス屋とはいえ高所作業の素人なのでしょうか?

万一落ちたら、余程の奇跡がない限り絶対助からない。命綱を付けていなかった?
付けていたのに外れた?よく分からないけど、安全対策はしっかりやって下さい。
街中でも梯子や脚立に乗って窓拭きや看板の掃除、飾り付け等の作業をしている店員を見かけるが、ヘルメットをしていないのが気になる。
自分が働いている職場では、例え1メートルの高さでもヘルメットをするように徹底されている。
慣れていても、短時間でも、万一に備える心掛けが命を守る。

~こちらも読まれています~
×