事件関連の情報

岩倉知広の顔画像がヤバイ!死刑判決で法定で大暴れ。日置市5人殺害事件、弁護側が即日控訴!【妄想性障害が焦点】

2018年に、鹿児島県日置市で5人が殺害された凶悪事件についての判決が12月11日に下されました。

犯人の男に対する判決は「死刑」、しかし判決直後に法定で大暴れするといった異常行動、法廷は騒然となりました。。

渦中の犯人はどのような人物だったのか。

スポンサーリンク

鹿児島県日置市、5人殺害の犯人に死刑判決!

12月11日に鹿児島地裁で1人の男に死刑の判決がくだされました。

死刑判決を受けたのは、日置市東市来町湯田に住む無職の男、岩倉知広 被告(41)

岩倉 被告は2018年3月から4月にかけての1週間の間に、日置市内で父親や祖母ら親族4人と近所に住む男性、合わせて男女5人を相次いで殺害。

父や祖母ら5人の首を絞めて殺害したうえに、父と祖母の遺体を近くの山林に遺棄したとされています。

スポンサーリンク


死刑判決受けて法廷で大暴れ、岩倉知広の画像

名前:岩倉 知広(いわくら ともひろ)
年齢:41歳
罪状:殺人

12月11日(金)午後3時から始まった判決公判では、主文の言い渡しが後回しとなり、判決理由が先に読み上げられました。
※重い判決の場合は主文が後になる傾向

午後3時20分すぎに「被告人を死刑に処する」との主文が言い渡され、裁判長が控訴手続きについて説明を始めた際に事件発生。

 
岩倉被告が検察官の机越しに検察側に飛びかかろうとしたため、刑務官にいったん取り押さえられるも、再び暴れ出したため、刑務官4人に制圧され事態となりました。

当時、検察側の席には検察官2人がいたほか、その後方には被害者参加制度により被害者遺族の男性2人がいましたが、怪我などはありませんでした。

裁判はそのまま閉廷となりましたが、岩倉被告が閉廷後も親族を名指しして「ゆるさないぞ」などと大声をあげ、5分以上にわたって制圧される状態が続くなど法廷は騒然とした空気に包まれていました。

スポンサーリンク




鹿児島地裁、岩田光生裁判長による死刑判決!

今回の裁判では岩倉被告の刑事責任能力の有無が大きな争点になっていましたが、「自分は病気じゃない」などと述べており、裁判の中で争われた被告の妄想性障害の程度については「軽微」であるとして、死刑判決が言い渡されました。

昨今、死刑相当の犯罪を犯しても甘い判決が続いており、こうした死刑判決が正しく出たことには安堵ですが、弁護側が即日控訴をしており、最終的に死刑判決が揺らぐ可能性がもまだあり、また死刑判決が出ても死刑がなかなか執行されないことも問題視されています。

スポンサーリンク




5人殺人事件の経緯

この事件は岩倉被告が、2018年3月31日の夜~4月1日の朝までに、祖母の久子さん(当時89)と父の正知さん(当時68)の首を絞めて殺害後に遺体を近くの山林に遺棄。

正知さんらと連絡がとれなくなったとして、4月6日に安否確認に訪れた伯母の岩倉孝子さん(当時69)、その姉の坂口訓子さん(当時72)、被告と同じアパートに住んでいた後藤広幸さん(当時47)の首を絞めて殺害したもの。

これまでに岩倉被告は、事件の背景について「伯父や祖母から悪質な嫌がらせを受け続け我慢できなくなり、不満が爆発した」と話しており、「伯父や祖母が周囲の人間に自分の悪口を言わせた。水道水に毒を盛られた」などといった主張をしていました。

このことで、岩倉被告を精神鑑定した医師2人はこれまでの公判で、被告に「妄想性障害」があったと認めており、その軽度が今回の死刑判決に大きく影響しました。

スポンサーリンク




殺人犯、岩倉知広の死刑判決にネットの声は

死刑判決が気に入らないからなのか知らないですが検察側に矛先を向けるのは違う。
何でも自分の思い通りになると思わないでください。

精神障害があったとしても、また、同じ様な犯罪をするかも知れない。
逆に無罪にすることは危険を容認する事になる。判決はしょうがない。

精神鑑定狙い。そもそも殺人を犯す時点で「普通の状態」ではないのに
それを理由に減刑って意味不明だしいい加減法改正してほしい。

精神異常を狙ってかどうかは知らんが、死刑判決を聞いて飛びかかるっていうのは、
それなりに判断能力を持っているんでしょう。

よく裁判で刑事責任能力ということ言葉が出るが、
そもそも人を殺めてる時点で自分の意志でやってることになるので一切の減刑をしてはならない。

いつも思うのだが、精神状態が不安定で責任能力が無ければ、何をしても良いのだろうか?
なぜ、この国は被害者ではなく、加害者を擁護するのだろうか?
何においても、今までの慣習に縛られすぎているような気がする。

在りもしない精神障害を隠れ蓑にしてるだけで、弁護側の主張には全くの価値も意味もない。
それに検察関係者に飛びかかるなどの素行からしても、責任能力は十分ある。妥当な判決だ。
ただ、事件を起こすことも勿論だが、その後の反省の無さを総合すると
「今までの人生で何も学んで来ないで、ただ無意味な生き方して来たんだな」というのがよく分かる。

~こちらも読まれています~
×