×
事件

末吉正明の顔画像経歴、草加市化学製品メーカーどこか判明「勝田化工」内定確実と就活面接の女性にわいせつ行為

末吉正明

就職活動のため面接に来た20代女性に対して、内定をちらつかせて酒の席に誘い、体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、埼玉県草加市にある化学製品メーカー社員男、末吉正明(
60)が強制わいせつの疑いで逮捕されました。

就職の内定でたてにした卑劣な犯行、、その正体はとは。。

草加市の化学製品メーカー面接の男が就活女性にわいせつ行為

この犯行が行われていたのは、2022年9月30日(金)とされており、事件は埼玉県草加市にある化学製品メーカーの「勝田化工株式会社」の採用面接に関して行われていました。

被害にあったのは就職活動で採用面接に訪れていた」20代の女性で、当時1時面接に続いて2次面接のために会社に訪れていましたが、面接終了後に面接官の男に引き留められ「内定が確実なので、社員が使う飲食店を紹介したい」と、居酒屋へ強引に誘われました。

女性は酒数杯を末吉容疑者に勧められて断れずに無理やり飲まされ、その後にカラオケに連れていかれた際に、約25分にわたって体を触られるなどのわいせつ行為を行われました。

女性はカラオケ店から逃げだし、その後に被害届を提出したことから事件が発覚し、埼玉県草加市の化学製品メーカーに勤める末吉正明 容疑者(60)が、強制わいせつの疑いで逮捕されました。

参照:20代の就活女性に「内定確実なので飲食店に…」 わいせつ容疑で男逮捕 “面接官”の立場を利用した犯行の手口

悪質、末吉正明のわいせつ手口と犯行動機がヤバイ

逮捕された末吉容疑者は次のように容疑をおおむね認めているとされています。

「酒が入り、2人きりになったことでムラムラして自制心が保てなくなった」

末吉容疑者は同会社で定年後も契約社員として働いていたとされており、SNSなどでは「会社でも怖いもん無いし」といった言葉があったとされていて、こうした犯行は初めてでない可能性が浮上しています。

面接に来た女性に対して行われていた一連の流れが非常に手慣れていることから余罪が複数ありそうです。

草加市の化学製品メーカー、勝田化工株式会社について

末吉正明が勤務していたのは下記の会社であったようで、口コミなどは事件後の評価で最低ランクになっていますが、事件前の口コミとしては普通の会社であったようですがルールに関してルーズな部分の声が上がっていたものも。

勝田化工(株):埼玉県草加市瀬崎5丁目

わいせつ面接官、末吉正明の顔画像や経歴について

末吉正明

名前:末吉 正明(すえよし まさあき)
年齢:60歳
性別:男
職業:嘱託社員(契約社員)
役職:工場長補佐
職場:勝田化工株式会社(化学製品メーカー)
住所:埼玉県草加市
罪状:強制わいせつ(6月以上10年以下の懲役)
処分:会社は近く懲戒免職処分の予定

長年勤めていたようですが、こうした事例で「自分は偉い」と勘違いして横暴になる人物は往々にしており、誰も止めないことからさらにエスカレートしていったのだと考えられます。

パワハラなどが問題化されている中、このような事件は表ざたになっていないだけでまだまだ多く行われていると思われます。

就活生狙った悪質な性犯罪にネットの意見

就活生や内定者の皆さん、スマートで大人のできるビジネスパーソンはまず男女で一対一の空間を嫌いますし作りません。それはリスクヘッジの為でもあります。誘ってくるとしたら、その人は間違いなくできないビジネスパーソンです。そんな人がいる会社には入るべきではありません。もっと素敵な会社が必ずあります。違和感を感じたら素直に周りの大人たちに相談をして、リスクをコントロールして身を引く事は逃げじゃないです。人生は長いから大丈夫!

嘱託社員が書類の審査を行っているとは、よほどの人不足か、よほどの功績のあった人物なのか。実際、英雄、色を好む、とやらで、多少やんちゃなひとのほうが仕事もできる人が多い傾向もあるように思うが、本件はやんちゃで許されるレベルではないし、この人に権限があるかないかの問題でもない。この会社は人事規定はじめとして、規定と実情を根本から見直した方が良いですね。被害者の女性が早期に立ち直れられることを心から祈ります。

内定出すと言われたら躊躇いながらも断れないですよね…就活生の弱味につけこんだ最悪の犯行だと思う。会社は被害者に謝罪して、今後の対策を世の中に示すくらいのことしないといけないんじゃないですか。社員が会社での立場を利用したんなら、その会社にも責任があると思う。

この会社の信用が問われる事態。次年度の対応が問われる。会社の外観が映されたということは特定されているということ。これまでもセクハラ質問もあったと勘ぐられるほどの行為。女性の面接担当も必要かも。今は応募に関し、男女区別できない時代でもある。

こういうわいせつ事件とかでいったん顔や名前出るけど、反省してない人物は早々に名誉が~とかなんくせつけて事件をもみ消す行為に出るらしい。そうした人物は再犯する可能性は非常に高いと考えられ、その手慣れている行為から前科などもあるのだろう。消されていたら要注意

被害者の方、この時期じゃ回りの子もほぼ決まっていてかなり焦っていたんじゃないかな。10月は内定式の所も多いし。不安なところに内定をチラつかせて卑劣すぎる。大学生の娘がいるのでこう言う事件は許し難いです。

昔からずーっとある手口なのに、大学や高校の就職ガイダンスでは本当に触れられない部分。ある程度黙認してる部分もあるのでは?そろそろ本腰を入れて就活生に対しての注意喚起(ということは企業側へのプレッシャーも)と取り締まり強化をしていくべき。職探し中は弱い立場だから被害にかなり遭いやすい。