×
事件

佐藤千加子がヤバイ!同僚殺害未遂に使用の液体正体、福山駅前の工事現場どこか判明で動機は何?

8月25日(木)の早朝、広島県福山市の福山駅前の工事現場で、女性の頭に何らかの液体をかけて火傷などを負わせたうえ、ベルトで首を絞めるなどして殺害しようとした疑いで女(57)が逮捕されました。

危険な薬品を使用し、さらに直接の絞殺に及ぶまでの強い殺意を持っての犯行、、容疑者の正体や犯行動機は何だったのか?

福山駅前の工事現場で殺人未遂事件が発生!

この事件がおきたのは、2022年8月25日(木)の午前7時ごろのことで、現場は広島県福山市三之丸町、福山駅前にある工事現場でした。

当時、68歳の女性が同僚によって頭から何かしの液体をかけられ、背中などに火傷を負わされました上、さらにベルトを使って首を絞めて殺害しようとしました。

犯行後の午前7時半ごろ、容疑者の女「人を殺そうとしてしまった」と警察署に自ら出頭し事件が発覚し、駆け付けた警察官が現場付近に倒れている女性を発見し病院に搬送、軽傷で命に別状はないとされています。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、福山市山手町に住む会社員の女、佐藤千加子 容疑者(57)

参照:福山駅前の工事現場で液体かけ首絞める 57歳女逮捕 広島

スポンサーリンク


佐藤千加子の犯行動機は何?液体の正体

被害者の女性と佐藤容疑者は、事件があった工事現場で働いていて、佐藤容疑者が午前7時半ごろに警察署を訪れ、「容器に入れて持ってきた液体をかけて、人を殺そうとしてしまった」などとと話したことから警察官が現場を確認したところ、女性がうずくまっているのが確認されています。

犯行動機に関しては「トラブルがあった」と供述していて、容疑を認めていますが、詳しい状況については警察が捜査を進めています。

また、使用された液体の正体についてはまだ明らかになっていないものの、かかることで火傷などを負う劇薬であったと考えられます。

 

殺人未遂事件どこか判明か福山駅前工事現場

事件がおきたのは、福山駅前の工事現場の敷地内であったとされていて、現場の映像などから下記のあたりだと思われます。

福山駅

スポンサーリンク




佐藤千加子 容疑者の顔画像や経歴について

逮捕された佐藤容疑者について詳しい情報は明かされていません。

名前:佐藤 千加子
年齢:57歳
性別:女
職業:会社員
住所:広島県福山市山手町
罪状:殺人未遂(死刑または無期懲役、もしくは懲役5年以上)

 

謎の液体使用しての殺人未遂にネットの声は

首を絞めるのに、ベルトは本気の殺意を感じます。考えただけでおぞましい。トラブルが分からないけど、陰湿イジメとかなら上に訴えれば良かったのに。

アシッドアタックだったのかな?これは例え失敗して軽傷だったとしても傷跡が一生残ったりして非常に悪質だし、さらに殺害しようとしているから強い殺意がうかがえる。

まぁ、女の世界は色々あるものだよね。人生も還暦間近にもなると、仕事関係の女性で殺してやりたいくらい憎い奴は人生で数人いる。だけど、手を出す方が悪いって事になるからね。ただ、結構後から不幸になった話は耳にするから…