×
事件・事故・災害

木田悠生さん死亡、谷川航基を逮捕で新城市豊栄の事故は速度超過の暴走が原因か?現場どこか

愛知県新城市で8月24日の深夜、乗用車が横転する事故が発生し、乗っていた男子大学生(18)が死亡しました。

死亡するに至った事故、、どのような状況だったのか?

愛知県新城市豊栄の国道で乗用車横転事故

この事故がおきたのは、2022年8月24日(水)の午後11時すぎ、愛知県新城市豊栄の国道で、乗用車が道路脇の斜面に衝突して横転する事故をおこしました。

この事故で、乗用車の助手席に乗っていた豊川市に住む大学生の男性、木田悠生さん(18)が頭を強く打ち病院に搬送されましたがその後に死亡しており、警察は乗用車を運転していた豊川市に住む自称会社員の男、谷川航基 容疑者(21)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

乗用車が横転してしまうような事故はなぜ起きてしまったのか?

参照:助手席の18歳大学生が死亡…深夜の国道で乗用車が道路脇の斜面に衝突し横転 カーブ曲がり切れなかったか

スポンサーリンク


木田悠生さん死亡、横転事故の原因は何か

事故がおきた現場はカーブが多い道路となっていて、事故をおこした乗用車はカーブを曲がり切れずに斜面にぶつかったとみられています。

このことから考えると一定以上のスピードが出ていた可能性が高いと考えられます。

こうした車での事故で死亡につながる場合は、そのほとんどが速度超過が大きな要因となっており、車の事故と時間帯から飲酒運転についても疑問の声があがっていますが、逮捕自などにアルコールは検知されていないようです。

運転が下手なものほど速度を出して他の人も巻き込む事故を起こすため、非常に危険です。

 

乗用車横転事故の現場はどこ?新城市豊栄の国道

事故がおきたのは、新城市豊栄にある国道とされていますが、詳細な場所については確認中です。

スポンサーリンク




死亡した木田悠生と谷川航基の顔画像や経歴は

死亡した木田さんと谷川容疑者についてわかっているのは次の情報。

名前:木田 悠生
年齢:18歳
性別:男性
職業:大学生
大学:不明
住所:愛知県豊川市
死因:頭部強打によるもの

名前:谷川 航基
年齢:21歳
性別:男性
職業:自称会社員
会社:不明
住所:愛知県豊川市
罪状:過失運転致傷(7年以上の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金)

 

夜間におきた死亡事故にネットの反応は

免許取って少し経って、運転にも慣れてきて楽しくなってくる頃が一番危ないんですよね。しかも友達と一緒の時は特に気が大きくなって、難しい山道とかでスピードを出したくなる。自分の車をぶつけたり、自分だけが怪我をするなら百歩譲って仕方がないと思うけど、他の車を巻き込んだり、同乗者を死なせるような事故を起こしたんじゃ、どうしようもない。家族にも一生ついて回るし、亡くなった友達の家族だってきっと許すことはできないと思う。ほんの少しの慢心が、信じられないくらい高い代償となって自分の身に返ってくることをドライバーは忘れてはいけないし、子が免許を取る時には、親はきっちり話をするべきなんだと思う。

私も免許取って直ぐに事故りました。明らかなオーバースピードで進入し、曲がり切れなかったのですが、たまたま運良くガードレールが無く広場になってたので、怪我しませんでした。免許取立ては、技術が無い上に無知と過信で非常に危険です。特に友人を乗せてると、良いところを見せようと、無理すると思うので注意を促す必要があります。事実、私がそうでした。

自分だけが犠牲になるのであればいくらでも事故ってもらって構わないけれど、こうして他人を巻き込んだするのが問題、実際に事故を起こしたら処理などでも他人に迷惑がかかるし、暴走運転をするものはもっと取り締まりを厳しくして永久に運転できないようするべき。もっとたくさんの人が事故で死なないと動かないのかな?

最近、この様な事故が多発してますよね。若者の経験値不足や高齢者の感覚のズレなど原因は様々ですが、教習所での遠心力の講習が、実体験の伴わない文書のみなのが駄目だと思うし、高齢者の免許更新の際に速度と距離感とカーブを曲がる能力の査定を付け加えてはどうか、とつとに思います。

深夜、初見で街灯もない暗い道路を走行していると、車のライトだけでは前方の状態を追いきれず、そこに深い森や林があると一瞬直線だと錯覚してしまう事がある。そんな前方が直線道路ではないと気付いた時に、速度を出し過ぎているとハンドル操作も間に合わず衝突する。

ただアクセルを踏むだけなら無免許でも出来る。そこでアクセルを緩めるのが免許持ちいくら車が進化しようがドライバーの意識が低い内は事故率は高い。友達を乗せるとスピード出したがるドライバーの車は避けないとこのように命に関わりますよ。