MENU
事件

小池恵子がヤバイ!顔画像や事件現場どこ特定は?府中町清水ヶ丘の住宅で父親と母親を刃物で殺害未遂、8月逮捕も釈放理由なぜ?

刃物による凶悪事件が全国で多発しています。

9月4日(土)の午後、広島県府中町にある住宅で高齢の母親を包丁で刺し殺害しようとしたとして娘(50)が現行犯逮捕されたことが明らかになりましたが、この人物が8月に父親を殺害しようとしていたことも判明し、大きな注目が集まっています。

両親を次々に殺害しようとした犯人、、どのような人物なのか?

広島県府中町柳ケ丘の住宅で母親を殺害未遂

この事件がおきたのは2021年9月4日(土)の午後2時15分ごろ、広島県府中町清水ヶ丘にある住宅で母親(77)の背中を包丁で刺して殺害しようとした女が逮捕されました。

殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、広島県府中町柳ケ丘に住む無職の女、小池恵子 容疑者(50)で刺された母親は重傷を負っていますが、命に別状はないとされています。

逮捕された当時、小池容疑者は酒に酔っており、警察は親子間のトラブルがあったとみて詳しく調べているようですが当時何がおきていたのか?

スポンサーリンク


小池恵子、8月には父親を殺害未遂!

今回の事件をおこした容疑者、小池恵子は8月にも同様の事件をおこしており、その際は父親を包丁で刺しています。

父親を包丁で刺したとして、広島県警広島東署は2021年8月13日(金)、広島県府中町柳ヶ丘、無職小池恵子容疑者(50)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
発表では、小池容疑者は12日午後11時55分頃、府中町の実家で、無職の父親(78)の左肩を包丁(刃渡り16cm)で刺した疑い。父親は命に別条はないという。実家には母親もいたが怪我はなかった。「父にけがをさせたのは間違いないが、殺すつもりはなかった」と供述している。
小池容疑者は当時、酒に酔っており、同署は、親子間でトラブルがあったとみて、経緯を調べる。

当時の犯行字も「酒に酔っていた」といった情報が出ており、「無職」「酒」といったトラブル多発のワードが出ていることから考えられるのは、、

容疑者はこの事件で逮捕・送検されていましたが、9月2日(木)に釈放されており自由な状態となっていたようで、実家で父親と母親と暮らしていたとされていることから、この対応に疑問を持っている人も多くいるようです。

犯行を重ねた犯人が逮捕後になぜか釈放をされて、再度事件を起こすといったことは多発していますが、それらについて理由などは公表されず秘匿されることが多く、犯罪をさせるためにあえて出しているのでは?といった声も出ています。

スポンサーリンク




両親の連続殺人未遂事件の現場はどこ?広島県府中町

事件が起きたのは下記、容疑者の実家がある住宅だったようで、普段容疑者が住んでいた場所からは車で10分ほどの距離ですが、それぞれの詳しい場所については確認中。

広島県安芸郡府中町清水ヶ丘

広島県安芸郡府中町柳ヶ丘

スポンサーリンク




小池恵子 容疑者の顔画像や経歴、前科は?

小池恵子 容疑者に関して顔画像は公開されておらず秘匿されており、SNSなどでも本人と確証が得られる情報は確認できていません。

また、事件の動機についてそれぞれ逮捕後に下記のような意味不明な主張をしていますが、こうした事件でよくある「殺すつもりはなかった」といった供述は、殺意なく人を殺傷することが可能であると自ら主張しているのと同義でより危険な人物であることが確認できます。

「母親の背中を刺したことは間違いないが、殺すつもりはなかった」
「父に怪我をさせたのは間違いないが、殺すつもりはなかった」

名前:小池 恵子
年齢:50歳
性別:女
職業:無職
住所:広島県安芸郡府中町柳ヶ丘

どちらの事件も酒を飲んでの犯行ということはアルコール中毒、薬物依存症であった可能性もありそうです。

▼罪状:殺人未遂
死刑又は無期若しくは5年以上20年以下の懲役

前回の殺人未遂事件でも逮捕・送検されているにも関わらずすぐに釈放してのこの事件に、責任問題が問われる事態になりそうです。

スポンサーリンク




異常行動の犯人にネットでも疑問と恐怖の声、、

イカれてんなどうして一度釈放されたのだろう?8月に父親を殺害しようとして逮捕・送検され、9月に釈放この流れが理解出来ません。

父親を8月に刺して9月2日に釈放。何で釈放したのかと思う。かなり疑問。それでまた2日後に今度母親の背中を刺して逮捕。母親もこの娘が行く所がないから又、一緒に住んだのだろうけど家族にこの様な人がいたら本当に大変だと思う。

父親を刺して、病気が理由で釈放されたのなら、すぐに強制入院させないといけないのではないでしょうか?今回は母親を刺したようですが、他人を刺し殺す場合もあります。入院と釈放は同時でないと意味がない。

娘に刺されたのにまた一緒に暮らすってなかなかだな。家族と言っても被害者と加害者だし、一応殺人未遂事件でしょ。保釈後に被害者宅で受け入れることを裁判所もなんで認めたんだろう?

この人は「責任能力がないので罪に問えない」タイプの人なのでしょうか?わざわざ「酒に酔っており」と書いてあるのは、お酒を飲むと凶暴化するということでしょうか。自由には責任が伴うべきと思うので、責任が問えないならお酒を飲む自由を制限しても良いのではないかと思います。

似たような世帯を30年ほど前から知ってる。とにかく家族・親族間でトラブルが多い。何でそんなコトで揉めるの?ってくらい思考が歪んでいてホントに面倒くさい。親子、親族の共通点は、離婚、D V、自己破産、ネットワークビジネスとギャンブル・アルコール依存症。コロナ禍のおかげで、運良く関係が切れたよ。

~こちらも読まれています~
×