事件

滝川市で無免許運転、土木作業員の男は誰で名前は?杉本建、伊藤悦子さん死亡事故後に免許取り消しも運転で逮捕

6月13日(日)の朝、北海道滝川市で、無免許運転をしていた男が逮捕されましたが、その人物は1年前に死亡事故を起こしたことで、免許が取り消しになっていました。

いつから無免許での運転を行っていたのか?

北海道、無免許運転の土木作業員が逮捕

この事件は、2021年6月13日(日)の午前7時30分ごろのこと。

警察へ「無免許の人が運転している」といった情報提供があったことから、現場付近を警戒していたところ、北海道滝川市東町2丁目の道路で、該当する人物が乗用車を運転しているのを警察官が発見し、職務質問警から、無免許運転が発覚し逮捕されました。

無免許運転の現行犯で逮捕されたのは、北海道砂川市に住む土木作業員の男(32)

逮捕後に容疑者の男は、「無免許で運転したことは間違いない」と容疑を認めていますが、なぜそのような行為を行っていたのか?

この人物が無免許になった理由は、1年前に起きた事故にありました。

スポンサーリンク


北海道空知郡奈井江町での死亡事故

逮捕された容疑者の男は、今から約1年前の2020年5月26日に、奈井江町茶志内の国道12号で、歩道から車道に転倒した63歳の女性をはねて死亡させる事故を起こしており、その際に免許取消の処分を受けていたことが明らかになっています。

自転車を押していて途中で転倒した63歳の女性が、後ろから来た乗用車にはねられ死亡しました。事故があったのは北海道奈井江町茶志内の国道12号です。

5月26日午後9時すぎ、歩道上を自転車を押しながら歩いていた近くに住む伊藤悦子さん(63)が車道上に転倒し、後ろから来た普通乗用車にはねられました。

伊藤さんは心肺停止の状態で病院へ搬送されましたが、約3時間後に死亡が確認されました。

警察は乗用車を運転していた砂川市の会社員 杉本建容疑者(31)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

警察の調べに対し、杉本容疑者は「前に何かがあると思ったがハンドル操作が間に合わなかった」などと話しているということです。

現場は見通しの良い片側2車線の直線道路で、警察は杉本容疑者が前をよくみていなかったとみて事故の経緯を調べています。

歩道から唐突に倒れられてきた場合、車は避けようがない状況の場合もありますが、この時はその状況から回避は可能であったと判断されていたようです。

スポンサーリンク




滝川市の無免許運転と事故の現場はどこ?

今回、「無免許運転」で逮捕された現場
北海道滝川市東町2丁目

 
下記が、約1年前に事故がおきた現場
奈井江町茶志内の国道12号

スポンサーリンク




杉本建 の顔画像や経歴は?

今回、無免許運転で逮捕された人物は杉本容疑者で間違いないようですが、顔画像などの公開はされておれず、またSNSなどでも本人の情報は確認できていません。

名前:杉本 建
年齢:32歳
性別:男
職業:土木作業員
住所:北海道砂川市

▼罪状:無免許運転
3年以下の懲役または50万円以下の罰金

過失運転致傷
7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

スポンサーリンク




無免許運転で逮捕、ネットの反応は?

車が凶器って言うなら、取扱う免許が無く運転した場合は無差別殺人未遂で一発懲役にするべき。

無免で車運転ならその車は没収でもいいんだけど。没収した車は売って被害者救済基金の原資にしたらいい

この男は1年前の死亡事故について被害者意識が高いのかもしれない。なので平然と無免許運転ができるのかも。普通で考えれば乗らないわな。

昔なら「チクリ」って感覚で訴えるのも躊躇してた部分もあったから隠れていたけど情報提供として訴えやすい環境が出来てきたかな。逃げ得は許してはダメだね。

そもそも車を貸す人、売る人にも無免許の人に渡さない仕組みとか、車がそもそも免許がないと起動できない仕組みにしないとこういう輩がまた車を勝手に乗り回して、人を殺すことが容易に想像できる。

「歩道から車道に転倒した63歳の女性をはねて死亡させる事故を起こしていて、免許取消の処分を受けていました」これは危険運転とかとは違うので何とも言えない。直前で転倒されたら避けようがない場合もある。でも行政処分は「死亡事故」の事実のみで下すので、当たり屋みたいな事故でも免許取り消しになってしまう場合もある。

~こちらも読まれています~
×