MENU
事件

溝渕正洋に懲役8年の判決!顔画像、爆発の現場はどこ?高松市松縄町、駐車の車に爆発物仕掛け爆破動機がヤバイ!経歴や前科は?

5月8日の朝、高松市松縄町にある商業施設の駐車場で、軽乗用車に爆発物が仕掛けられていた事件。

この事件の犯人の男が逮捕されたことが判明しました。

車に爆発物を仕掛けるといった、常軌を逸した行動はなぜだったのか?

※新情報追加

スポンサーリンク

高松市松縄町の駐車場で車に爆発物が仕掛けられる

この事件がおきたのは、2021年5月8日(土)の午前7時45分ごろのこととされています。

香川県高松市松縄町にある商業施設の駐車場で、近くに住む男性(54)が停めていた軽乗用車に乗り込み発進させたところ、車の前部が爆発。軽乗用車はバンパーが損壊しましたが、火などは出ておらず、運転手の男性にも怪我はありませんでした。

通行人の110番で駆けつけた香川県警高松南署員らが車体を調べたところ、爆発物が仕掛けられていたことが確認されたため、事件として捜査が行われていましたが、事件前後、現場付近に複数回現れた市内に住む会社員の男を防犯カメラで特定し、逮捕となりました。

爆発物取締罰則違反容疑で逮捕されたのは、高松市田村町に住む会社員の男、溝渕正洋 容疑者(27)で、男性が車から離れていた5月7日の夕方から、8日朝までの間に、車体に爆発物を設置して、男性が乗り込んで発進した際に、爆発をさせた疑いがもたれています。

なぜ、そのような行動に出たのか?

スポンサーリンク


街中で爆発物、爆弾魔の正体は会社員、動機は何?

車を爆破させた男の正体は、以前に現場近くに住んでいた人物で、溝渕容疑者はその犯行動機について、「男性に対し駐車方法をめぐって以前から不満があった」といったような供述をしており、容疑は認めています。

また、爆発物の詳細や入手経路などについてはまだ明らかとなっておらず、警察が爆発物の分析を進めています。

なお事件当時、駐車場がある商業施設の家電量販店は開店前であったものの、同じ敷地にあるスーパーは24時間営業をしており、駐車場にも通行人などがいたとされていますが、この爆発による怪我人は出ていないとされています。

 
駐車場近くに住む高齢女性

「すごい爆発音がして、びっくりして何事かなと思いました。『ドーン』という音で、車どうしでぶつかったような音じゃなく、本当の爆発音でした。こういうことが起きるとは考えられないので怖いです」

スポンサーリンク




駐車場の車が爆発!現場の商業施設駐車場はどこ?

車が爆発されるといった事件がおきた現場は、ハローズ 高松レインボー店の駐車場でおきていたようです。

ハローズ 高松レインボー店
香川県高松市松縄町1135−10

 

溝渕正洋 容疑者の顔画像や経歴、前科は?

溝渕容疑者について、現時点では顔画像は公開がされておらず、SNSなどでも詳しい身元の特定ができていません。

名前:溝渕 正洋
年齢:27歳
性別:男
職業:会社員
会社:不明
住所:高松市田村町

▼罪状:爆発物取締罰則違反
死刑又は無期若しくは7年以上の懲役又は禁錮

あまり聞きなれない罪状ですが、下手をすると多くの人が死ぬ可能性もある行為であり、かなり重い罪になるようです。

また、前科などについては判明しておらず、本人かどうかは不明ですが、情報を調べると下記のような情報が見つかります。

こちらは「香川大学創造工学部」の資料ですが、「モデルロケット設計における飛行姿勢の可視化」と爆発物として応用できるテーマに関しての発表が行われており、その人物の名前が同姓同名となっており、こちらが作成されたのは2017年のようなので、年齢的にも近いのは確か。
※たまたまの同姓同名であったり、本人であるかは不明。

スポンサーリンク




容疑者に懲役8年の実刑判決!

高松市の駐車場で軽乗用車に爆発物を仕掛け、爆発させたとして爆発物取締罰則違反などに問われた会社員の男、溝渕正洋 被告(28)の裁判員裁判で、高松地裁の近道暁郎裁判長が2021年11月22日(月)、懲役8年(求刑・懲役10年)の実刑判決を言い渡しました。

溝渕被告は2021年の4~5月ごろに高松市内の自宅などでパイプ爆弾1個を製造していたことが明らかに。

また、5月7~8日に同市内にある商業施設の駐車場に止めていた近くの男性(54)の軽乗用車に設置して車が発進した際に爆発させ、車の一部を損壊させるなどの行為に及んでいます。

これらの事件から近道裁判長は、爆発により一部の破片が約20m先まで飛散していることから「爆発物には相応の威力があった」と判断。

その危険性を理解した上で犯行を計画したとして「地域社会に与えた不安は軽くなく、その意思決定は強く非難されるべきだ」と指摘し懲役8年の判決を出しています。

 
なお、動機としては当時住んでいたマンションの隣人だった男性から嫌がらせを受けたと思い込んでいたと説明をしています。

「『殺される』という恐怖を感じさせるため、威嚇程度に驚かそうと思った」

「負の感情の歯止めが利かなかった。犯罪という意識は全くなかった」 

スポンサーリンク




街中でおきた爆発物による爆破事件にネットの声は

斜めに停めて2台分駐車スペースを占拠しているヤツもいる。世の中ムカつくヤツばかり。爆発物を仕掛けるなんてやってはいけないが、気持ちはわかる。

犯人はもちろん悪いが、被害者も施設の駐車場を自分の車庫代わりに使ってたなら、処罰が必要だ。加害者は正義感が暴走したんだろう。

被害者が商業施設の駐車場を我が物のように使ってたとしたら、以前から不満に思ってたってのは分かる。でも実力行使するにしても店に通報するとかやり方が他にもあったのではないか?

犯人は駐車の仕方に苛ついたみたいなので、もしかしたら駐車場借りずにずっと置いてたのかも。商業施設の駐車場や銀行のATM利用しようとしたら銀行の駐車場が誰もいないのに満車なんてよくある。

何年か行ってないけど、以前は違ったスーパーがあり、そこに家電販売店があったように記憶しているけど、24時間営業のスーパーと家電販売店になってたんだね。一歩入れば家がたくさんあるし、大きな被害がなくてよかった。

これ、ただの犯罪者ですね。爆発物の対象によっては、テロになりかねない、かなり危ない事件に感じました。そもそも、事前に警察介入とか、話し合いとか、段階を踏めなかったのでしょうか?記事も中身が薄くかなり短いから、現状がよく分かりませんね。

不満は爆発させても車は爆発させちゃダメ。商業施設でって事は、尾行したのか一緒にいたのか。いずれにせよ27にもなってこんな方法でしか鬱憤を晴らせないのは問題ですね。何か迷惑を被ってもごく一部の例外を除き自力救済の禁止という法律がありますから、大人になったら特に、然るべき手順で解決へ導く術を身につけないといけません。違反すると行為に対して処罰されるなど不利益が生じます。

~こちらも読まれています~
×