事件

斎藤涼介死亡、画像・映像。新潟駅前ビルアジュール、石沢結月さん殺害犯死因は急性腎不全。可愛いと話題の女性殺害

2019年に、新潟駅前ビルで、当時20歳の女性を殺害した罪などに問われていた斎藤涼介(26)が、刑務所で病死していたことが分かり注目されています。

殺人犯の病死、26歳という年齢でなぜ死去したのか?

スポンサーリンク

新潟駅前ビル殺人事件の容疑者が病死

刑務所での死亡が確認されたのは、殺人などの罪で起訴されている住居不定、無職の男、斎藤涼介 被告(26)で、2021年1月3日(日)午後0時半ごろに独房の中で死去していたとされています。

死因は急性腎不全で、巡回中の職員が布団の中にいた斎藤被告に声をかけたところ応答がなく、あおむけに寝たまま呼吸が停止していたため、救命措置をとったものの、死亡が確認されました。

 
斎藤被告は2019年11月に、新潟駅前にあるビルで当時20歳の女性、石澤結月さんを包丁で複数回刺して、殺害した罪などに問われていました。

斎藤被告については、まだ裁判が開かれておらず、裁判に向けての手続きが進められていたとされており、新潟地裁によると、刑事事件の被告人が死亡した場合、裁判所側の判断で公訴が棄却されるとされています。

スポンサーリンク


新潟駅前ビル殺人事件とは?その動機は?

2019年11月15日の午後9時ごろ、JR新潟駅前の三友ビルで、石澤結月さん(20)が斉藤涼介(25)に刃物で胸などを複数回と刺されて殺害される事件が発生。

斎藤容疑者は犯行後に逃亡を続けていましたが、事件発生から3日後の11月18日(月)午後1時半ごろに、新潟市南区にあるコンビニエンスストアで逮捕されました。

下記の映像は、その事件が起こった11月15日の午後9時ごろの石澤さんが勤めるアジュールの前でタクシーのドライブレコーダーの記録が残っており、このドライブレコーダーに、石澤さんが襲われた際の悲鳴が残っているとされています。

▼事件当時のドライブレコーダの記録

 
また、以前に別の女性にストーカー行為をしていたようで、犯行直前には「交際していた彼女を傷つけてしまいそう。彼女を傷つけて俺も死にそう」などといった発言を母親に伝えたことで警察への相談もしていました。

スポンサーリンク




事件現場は新潟駅前ビル、スナックAZUR近く

キャバクラと間違われるスナック、ニュースナ❨AZUR ❩のキャッチコピーがある通り、若い女性も多いお店のようです。

店舗名 :AZUR
営業時間:19時~LAST
住所  :新潟県新潟市中央区東大通1丁目6番22号三友ビル2階A号室
電話番号:025-256-8913
アクセス:新潟駅万代口より徒歩2分

スポンサーリンク


斎藤 涼介 殺人犯の顔画像や情報・経歴

 

名前:斎藤 涼介(さいとう りょうすけ)
年齢:25歳
身長:175-180㎝
出身:埼玉県上尾市
住所:不詳(神奈川県?)
職業:不詳
服装:グレーのハーフコートに黒っぽいズボンをはいていた(※犯行時)

スポンサーリンク




石沢結月(石澤)さんの顔画像や情報、可愛い子と話題も

殺害された石澤さんの顔画像や情報については下記が判明しており、当時から可愛いと話題となっていたようです。

▼石沢(石澤)結月さんの紹介動画

名前:石澤 結月(石沢) いしざわ ゆづき
年齢:20歳(当時)
性別:女性
職業:飲食店店員
死因:刃物で複数回さされたことによる失血死

スポンサーリンク




殺人犯の病死にネットでは憤りの声

全く無関係な自分でも煮え切らないと言うか
やりきれない思いが出て来たからご遺族の方々はもっとそう思っているのかなと思う。

裁判が始まるまで時間がかかりすぎだろ。
日本の裁判は、なぜこんなに時間がかかるのか。とくに重大な刑事裁判は。

被害者の遺族からしたら、やりきれないだろうな(>_<)。。。 それにしても、裁判しても死刑にはならなかったかもしれないし。 『天罰がくだった』と思うしかないのかな。。。

こういう、刑を殆んど全うすることなく、途中で病死されることの虚しさというか、
被害者側からしたら更にやるせない気持ちになりますよね。結局何も分からないまま。。
しかもこの被告まだ20代でしょ?

26歳で定職についてない状態だったとしたら健康診断あんまり受けてない可能性もあるな。
元から持病があると言ってる受刑者には薬などの対処はするだろうけど、
健康な状態だと思ってやってきた受刑者にわざわざ健康診断もしないだろうし。
自殺じゃなくて病死なら、本人が反省して望んだ死じゃないわけだし、やるせないなあ。

ある意味、有罪になったとしても死刑にはならない。遺族の気持ちとして、
身をもって罪を償った。と思うのか?自分が被害者の親だったらどうだろう、、、
有罪になって何年かしてこの男がまた普通に世の中に出て
生活することを考えたら、こっちのほうがいいのかな。とも思う。

~こちらも読まれています~
×