×
MENU
事件・事故・災害

前原舞雪ちゃん死亡、小掠直行の顔画像経歴!四日市市楠町の交差点横断歩道で車にはねられ、、

前原舞雪

1月22日の午後、三重県四日市市楠町本郷の市道交差点で、自転車で横断歩道を渡っていた近くに住む小学3年生の女子児童、前原舞雪ちゃん(9)が車にはねられて死亡しました。

この事故で車を運転していた、小掠直行 容疑者(61)が自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕されています。

幼い命が奪われてしまった事故、、その原因となったのは何だったのか?

四日市市楠町の横断歩道で小学生女児が車にはねられ死亡

この事故がおきたのは2023年1月22日(日)の午後1時45分ごろ、三重県四日市市楠町本郷にある市道の信号のない交差点でおきていました。

当時、自転車で横断歩道を渡っていた近くに住む小学3年生の女の子、前原舞雪ちゃん(9)が乗用車にはねられ、病院に搬送されましたが頭などを強く打っており死亡が確認されました。

警察(三重県警四日市南署)は、事故を起こした乗用車を運転していた三重県鈴鹿市南堀江1丁目に住む建設業の男、小掠直行 容疑者(61)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し容疑を過失運転致死に切り替えて調べています。

また信号のない交差点の横断歩道で起きた事故、その事故の原因とは。。

参照:小3女児はねられ死亡、乗用車運転の男を逮捕 三重・四日市

スポンサーリンク


前原舞雪ちゃん事故死、、小掠直行の原因

事故がおきた現場は見通しのよい直線道路で信号機のない交差点でした。

前原舞雪ちゃんが当時西側から東側へ横断歩道を渡っていたところ、道路を乗用車に乗って南進していた小椋容疑者がはねたとされていて次のように容疑を認めています。

「東側から右折してくる車に気を取られ、自転車の小学生に気づくのが遅れた」

事故現場の四日市市楠町本郷どこか

事故現場について住所や信号のない交差点、横断歩道などの条件から該当する場所としては下記の場所だったようです。

三重県四日市市楠町本郷

スポンサーリンク




事故で死亡、、前原舞雪ちゃんについて

名前:前原 舞雪
年齢:9歳
性別:女の子
職業:小学生(3年生)
住所:三重県四日市市?
死因:事故による衝撃か、、

小掠直行の顔画像経歴について

名前:小掠 直行
年齢:61歳
性別:男
職業:建設業
職場:不明
住所:三重県鈴鹿市南堀江1丁目
罪状:自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)⇒ 過失運転致死
※懲役7年以下または罰金100万円以下

横断歩道でおきた死亡事故にネットの声は

私は子供達に横断歩道を渡る時に止まってくれない車や減速も注意もしない車が来る場合もあるから、必ず両方向の車が止まってくれるか、車が来てない時まで待ちなさいと教えました。確かに横断歩道は歩行者最優先なんですが車側は必ずしもそうしてくれません。迂闊に渡れば横断歩道を見落として突っ込んでくる車も多い。皆さんも横断歩道の前で通過する車をしばらく観察していれば、車の運転者がいかに無責任かわかると思いますよ。ちなみに私も毎日運転するプロドライバーだからこそ気をつけてますが、信号機のない横断歩道は本当に危ないです。

東京から田舎に引っ越しましたが、田舎の車は歩行者より車が優先だと思って運転しているように感じることが多いです。東京では自転車や歩行者の数が圧倒的に多いので気を付けるのが当たり前になっていますが、田舎では車移動が当たり前なのか歩行者は街中以外ではあまり見ません。そういう状況だからか横断歩道に人がいても止まらないし歩行者の方が車に会釈したり気を使っているように見えます。車を運転する以上、歩行者がいないか確認したり横断歩道のある交差点では減速したりすることを念頭に置いて運転するべきだと思います。

信号機のない横断歩道では、止まってくれない車や減速も注意もしない車のほうが多いです。そのためか歩行者のほうが車が切れるまでじっと待っていることが常態化しており、普段からそれを見ているドライバー達は車が優先だと思い込んでいます。ひどい場合は「こちらが優先だ」とばかりに加速してくる車さえあります。信号機のない横断歩道はもはや機能しておらず、かえって危険のもとになっています。悠長な啓蒙活動や散発的な取り締まりでは解決に程遠く、横断歩道をすべて信号機付にするしかないと思います。

車が来ていないかよく確認して、歩行者に気づき止まった時のみ渡れば良い。なんて意見を見かけるが、それでは通常の横断と全く同じであってそこに横断歩道が存在する意味がない。ひし形の表示もあるが、全く見ていない人もいるため、横断歩道前は必ず一時停止&確認してから発進、或いは一時停止線を赤色にするなど運転手の意識を根本から更新する必要がある。

本当に気の毒な話で胸が痛む。ただ、自転車に乗っている場合は車両扱いとなり歩行者とは異なり、たとえ横断歩道であっても法的には優先権は無い。年齢に関わりなく自転車に乗る者には道路交通法を理解させるべきだと思う。学校で算数を教えるのもいいが、生き残るための実践教育も大切では無いか。もちろん車を運転するものはいつも自分が凶器を扱っているという自覚が求められるが。家族はもちろん、ひいた方も本当に辛いだろうね。

見通しが良いのに見落としたというのが不可解。また、信号のない交差点ではどちらかもしくはどちらも一時停止になっているはずだが、そもそもどちらが一時停止を無視したのかも不明。結果として自動車が自転車をはねたので逮捕というのは然るべき処置だが、不明瞭な点が多いし片方しか生き残っていないと証言の信ぴょう性が低くなると思う。やはり自動車にはドライブレコーダーを義務づけ事故の際の立証にしようできるような法改正が必要ではないだろうか?