×
MENU
事件・事故・災害

高崎拓磨さん死亡で小玉慎悟と会田誠司ひき逃げイイワケがヒドイ!龍ケ崎市のどこか判明【映像】

9月10日(土)の未明、茨城県龍ケ崎市で男性(28)が車に次々とひき逃げされ死亡するといった事件が発生していました。

この事件で、警察が会社員とタクシー運転手の男2人を過失運転致死の疑いなどで逮捕、さらに中国籍の男性も逮捕されたことが明らかになりました。

逮捕者が続々と出る異常な事態、、当時何がおきていたのか?

龍ケ崎市の路上で男性がひき逃げされる

事故がおきたのは、2022年9月10日(土)の午前3時頃のこととされており、現場となったのは茨城県龍ケ崎市小通幸谷町の県道上でした。

事態が判明したのは、「道路に倒れている男性をひいた」といった110番通報があったことからで、会社員の高崎拓磨さん(28)が車ではねられ頭などを強くうち、病院に搬送されるも死亡が確認されました。

この事故で通報者以外に、2人がひき逃げをしていたことが判明しており、現場周辺の防犯カメラ映像などから、龍ケ崎市に住む会社員の男、小玉慎悟 容疑者(43)と、千葉県佐倉市に住むタクシー運転手の男、会田誠司 容疑者(55)がひき逃げ容疑で逮捕されました。

参照:被害者は2台の車に次々とはねられ死亡か タクシー運転手ら男2人逮捕 はねた後に逃走か 2人は容疑否認

スポンサーリンク


またまたひき逃げで容疑を否認の悪質イイワケ

逮捕後の取り調べに対して2人は容疑を次のように否認をしています。

小玉容疑者

「小動物だと思った」

曾田(会田)容疑者

「人と衝突していない」

こちらはひき逃げ時のいつものイイワケとなっており、人のような大きさに車が衝突すれば気づかないわけはなく、こうして逃げた際には飲酒運転などその他にも何かしら逃げないといけなかった理由がある場合が多いです。

とくにタクシーの場合はドライブレコーダーが搭載されていることから、その際の情報はすぐに確認できると思われますが、これはどのようにイイワケするのか。

 

通報者も逮捕、中国籍の男性事故の現場は

この事件で人をひいてしまったと通報した、40代の男性とされていた人物も逮捕されたことが明らかになりました。

逮捕されたのは、中国籍の鐘家宏容疑者(40)で、鐘容疑者は容疑を認めていますが、警察が他にもひき逃げをした車がないかについて調べるとしています。

 
事故の現場となったのは、MEGAドン・キホーテ 龍ケ崎店のすぐ近くにある交差点付近でした。

茨城県龍ケ崎市小通幸谷町

スポンサーリンク




死亡した高崎拓磨さんの情報について

車に次々とひかれて死亡した高崎さんについて判明しているのは次の情報。

名前:高崎 拓磨
年齢:28歳
性別:男性
職業:不明
住所:不明
死因:不明(出血多量か)

なぜ、路上で車にひかれたのかは不明ですが、現場は信号のない交差点であり近くにはディスカウントショップがあることから、買い物などで道路を渡ろうとした際の事故であった可能性が考えられます。

車に次々とひかれて死亡しており、現場に残された多量の血痕からはかなりの損傷具合になっていたと思われます。

 

小玉慎悟と会田誠司の顔画像経歴、鐘家宏容疑者

この事故で3人が逮捕されていて、小玉容疑者と会田容疑者の2人はひき逃げをしていますが容疑を否認、鐘容疑者は事故に気付いた時点で通報をしています。

名前:小玉 慎悟
年齢:43歳
性別:男
職業:会社員
職場:不明
住所:茨城県龍ケ崎市
罪状:ひき逃げ・過失運転致死
※10年以下の懲役または100万円以下の罰金
※7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

名前:会田 誠司
年齢:55歳
性別:男
職業:タクシー運転手
職場:不明
住所:千葉県佐倉市
罪状:ひき逃げ・過失運転致死
※10年以下の懲役または100万円以下の罰金
※7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

名前:鐘 家宏
年齢:40歳
性別:男
国籍:中国
職業:不明
住所:不明
罪状:過失運転致死
※7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

スポンサーリンク




車3台以上にひかれて死亡、、事故にネットの反応

地元の人なので危険な所だと分かっていたのに何で渡っちゃったのかなと思う反面、ある程度気を付けていた人でも渡り切れない程、最初に轢いた車はスピードを出していたんだろうね。

最初に人をはねた車は兎も角として後ろから走って来た車は道路に倒れている人を避ける事は出来ません。その辺を考慮してもらいたいです。

ひき逃げに嘘しらばっくれは許されることではないけど、ガードレールのある歩道に暴走車が突っ込んで起きた事故ではなく信号も横断歩道もない車道上で起きた事故なので何故この時間帯に車道に?と思ってしまう。最初にひいた人がすぐ車を止めて確認して救急と警察呼べば後から来て踏む人もいなかっただろうに。

ここは昔は白バイの詰め所があって、みんな安全運転するエリアだった。千葉側から来ると、登って下るから、見通しはあまり良くないですね。ドンキホーテの出入りで無茶する車も少なくないので、ここはいつも気を付けて通っています。

何年か前に、茨城県警の署員が会社に来て、安全講習をやった時に、茨城県あるあるなんですが、夜中に酔っ払った人が道路で寝てるってことが多数あるんです。って言ってたな…茨城県だけが多いのかは本当なのか分からないけどね。

ぱっと見て、横断歩道もなく歩行者が来るはずないだろう場所のように思います。こう言うところで、人が転がっていて避けられない、それで轢いてしまうのは仕方がないように思います。意外で気が動転したと思いますが、ちょっと過ぎて安全に車を停めて、警察に通報、これができるか、が問われるという事ですよね。人らしきものを見つけた場合も同じく、あらゆる都合をおいておいて、人命の為に見て見ぬふりをせず、同じように動けるか。自身の教訓としたいと思います。