×
MENU
事件・事故・災害

長谷川玲子と寺崎太尊の顔画像 金沢市白菊町の西川俊宏さん死亡事故現場どこ

6月11日(金)、石川県金沢市内で自転車で交差点を横断していた男性、西川俊宏さん(67)が車にはねられ死亡する事故が発生しました。

その後の警察の捜査で、車を運転していた女(46)と助手席にいた男(30)が逮捕されたことが明らかになりました。

車と自転車の死亡事故、その原因と人物の正体は?

金沢市白菊町で車と自転車が衝突、死亡事故発生

2022年6月11日(金)午前7時10分ごろ、石川県金沢市増泉を走る県道で発生したもので、当時交差点を自転車で横断していた男性が、寺町方面から増泉方面へ直進してきた乗用車にはねられました。

この事故で、自転車を運転していた金沢市泉野町に住む会社役員の男性、西川俊宏さん(67)全身を強く打ち、病院に運ばれましたがおよそ1時間後に死亡しています。

現場は片側2車線の見通しの良い交差点で、当時西川さんは交差点の横断歩道近くの車道を渡っていたとされており、警察が乗用車を運転していた女(46)に話を聞くなどして事故の原因を詳しく調べています。

スポンサーリンク


事故の原因は乗用車の信号無視。同乗者が教唆?

事故から一夜が明け、警察の捜査で事故の原因は、乗用車が赤信号を意図的に無視して交差点に進入したことによるものとして、その運転手などが逮捕されました。

危険運転致死の疑いで逮捕されたのは、金沢市大野町に住む自称アルバイト従業員の女、長谷川玲子 容疑者(46)で、乗用車を運転中に信号が赤だと分かっていながら交差点に進入し、自転車で横断していた67歳の男性をはね、死亡させた疑いがもたれています。

また、警察は長谷川容疑者に対して信号無視をするよう指示したとして、助手席に乗っていた金沢市松島に住む建設業の男、寺崎太尊 容疑者(30)を危険運転致死教唆の疑いで逮捕しています。

 
警察の調べに対し長谷川容疑者は容疑を認めており次のように供述をしています。

「止まらなくていいから早く行ってとせかされた」

一方で寺崎容疑者は容疑を否認しています。

「助手席で寝ていたので、信号無視を指示したことは絶対にない」

 

西川さん死亡、金沢市増泉1丁目の事故現場はどこ?

事故(事件)がおきたのは、下記の場所にある交差点の横断歩道上でした。

石川県金沢市増泉1丁目(白菊町交差点)

スポンサーリンク




長谷川玲子と寺崎太尊の経歴や情報は?

名前:長谷川 玲子
年齢:46歳
性別:女
職業:アルバイト従業員
職場:不明
住所:石川県金沢市大野町
罪状:危険運転致死(1年以上20年以下の懲役または15年以下の懲役)

名前:寺崎 太尊
年齢:30歳
性別:男
職業:アルバイト従業員
職場:建設業
住所:石川県金沢市松島
罪状:危険運転致死教唆(1年以上20年以下の懲役または15年以下の懲役)

 

長谷川玲子と寺崎太尊の経歴や情報は?

どっちが嘘を言ってるんだろう?ドライブレコーダーがあれば室内の声も拾うと思うんだけどつけてそうにもないなぁ。

例え、助手席に同乗の人間に「赤信号でも止まらず進め」と言われても横断中の人間がいたら普通は止まるもんですが???。どういう思考をしているのか?考えられません。

どうやって同乗者の発言の証拠を取るのでしょうか?言った、言わないの水掛け論になると思いますが?ただ「止まらなくていいから…」と言われ赤信号を無視して交差点によく進入できるなとは思いますが…。普通は止まりますけどねー?

どちらが本当の事を言っているのかわからないですし、普段の力関係がどうなのかもわかりませんが、信号が赤なのに止まらずに、横断している人を轢いて何の落ち度もない人を死なせたのは事実ですね。車の中のやり取りなんて、青信号で渡っていたのに命を取られた被害者には関係のない事で、無念だと思います。

信号無視を指示したかどうかなんて言う、ただの責任の押し付け合いなんかどうでもいい。論点は、実際に信号無視をした事で、殺人事件を起こした事。そもそも、指示されようがされまいが、信号無視をしてはいけないくらい、免許持ってない子供でも知ってる事。情状酌量の余地なしだと思います。共犯でしょう。

同乗者が何を言ったとしても、ダメなものはダメ。運転手の女性は信号を無視し人を跳ねた償いをちゃんとすべき!ただ問題はやはり助手席の男ですよね。運転手の女性が嘘を言っているのならとんだ濡れ衣でとばっちりだけど、でもなんかそんな感じでもない気が。もし信号無視しろと言っていたのなら、罪に問われるのですよね?だったらその辺もちゃんと調べてほしいですね。

こうした事例があるのでドライブレコーダーは必須にするべき。これとは別だけど以前に事件を起こした容疑者が現行犯逮捕であって、その証拠が防犯カメラなどに残っていても、起訴されて裁判が終わって刑が確定するまでは犯罪者ではない。そのため無条件で守られるべきであり、それらの行為が事実であっても示談などで不起訴になれば、罪はなかったために殺人などで合っても無罪であるといったような主張をする弁護士がいたけど、、この事件は。