MENU
事件・事故・災害

片山桜子さん死亡、由井希の顔画像。北九州市小倉北区黄金ひき逃げ現場どこか特定、国道10号深夜の事故原因・動機は飲酒運転

11月20日(土)の未明、福岡県北九州市小倉北区で女性が車にはねられ死亡する事故が発生しました。

女性をはねた車はそのまま現場から逃走し手織り、警察がひき逃げ事件として捜査していますが、当時現場では何がおきていたのか?

※同日の昼頃関係したとみられる男性が判明し、任意で事情聴取中

北九州市小倉北区黄金国の道10号線、女性がひき逃げで死亡

この事故が明らかになったのは、2021年11月20日(土)の午前4時前のことで、当時現場にいた男性からの119番通報からでした。

「車と歩行者の事故がおき、車にひき逃げされ30歳女性の呼吸が苦しい。女性をはねた車は逃げたようだ。」

現場となったのは、福岡県北九州市小倉北区黄金をはしる国道10号線の道路で、駆け付けた救急隊員らによって女性は意識不明の重体で市内の病院に搬送されましたが、およそ1時間後に死亡が確認されています。

現場となったのは片道3車線ある見通しの良い道路上とされており、何故このような事故がおきたのか?

スポンサーリンク


北九州市、女性死亡ひき逃げ事件の原因は何?

この事件で通報をしたのは死亡した女性と当時一緒にいた知人男性で、男性は女性がはねられた瞬間を見ていないとのことですが、事故当時のことを次のように述べています。

「(女性は)第二車線の真ん中で白っぽい車にひかれ、小倉駅方面に走って行った」

現場は3車線あるうちの真ん中の車線で車にひかれたとみられることから、当時女性は道路を横断していた可能性があります。

現場には女性の所持品や車の車体の一部とみられるものが散乱しており、警察は現場に残された車の破片などから、ひき逃げをした車の行方を捜査しています。
 
※追加情報
同日の昼過ぎに警察が、この事故に関与したとみられる男性から任意で事情を聴いており、ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは北九州市門司区に住む会社員の男、由井希 容疑者(22)

事件の直後に小倉北区内にある駐車場で警察がバンパーが壊れていた乗用車を発見し、乗っていた由井容疑者から任意で事情を聞いており、容疑を認める供述をしています。

「飲酒運転がばれるのが怖くて逃げました」

 

小倉北区黄金、30歳女性死亡の現場はどこ?

ひき逃げ事件がおきた現場は下記の路上であったようで、横断している場所には横断歩道などはなく、中央には柵もあったようです。

福岡県北九州市小倉北区黄金1丁目 国道10号

スポンサーリンク




ひき逃げされ死亡した片山桜子さんの情報について

ひき逃げされた片山さんについては、事故の瞬間は目撃されていなかったようですが、当時横断歩道のない道路を無謀横断(乱横断)していた可能性が高いのではないかと考えられます。

※現時点で事故当時になぜその場にいたのかは明らかになっていません。

名前:片山 桜子
年齢:31歳
性別:女性
職業:不明
住所:不明
死因:不明

こうした横断歩道がない場所で道路を渡っている最中での事故は多く問題となっており、このような横断について「道路交通法」で次のような文言もあります。

歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によって道路を横断するとき又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従って道路を横断するときは、この限りではない。

 

ひき逃げで逮捕の由井希 容疑者の顔画像や経歴は?

ひき逃げをしたとされる人物について現時点では任意の事情聴取後に、逮捕されたことがあきらかになりました。

名前:由井 希
年齢:22歳
性別:男
職業:会社員
住所:福岡県北九州市門司区
車種:不明(白っぽい車)

▼罪状:ひき逃げ
7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

動機などについては現時点では判明していなものの、飲酒や無免許、速度超過、わき見運転など、逃走をしているといった点から当時何かしらの違反をしていての事故である可能性が高まります。

当時飲酒運転をしていたために逃げたといった供述があり、直前にバーベキューをしていた可能性。

スポンサーリンク




北九州市で深夜におきたひき逃げ死亡事故にネットの声

歩行者も悪いが逃げるのはもっと悪い。歩行者が車道に飛び出してきたなら逃げなきゃいいだけ。

車はもちろん、歩行者や自転車などのマナーなどももう少ししっかりと取り締まるべき。放置しているからそのまま悪化した状況でそれが常態化して事故が多発する理由になっている。違反者が悪いのは前提としても、それがわかっていて放置(罰則を科さない)している警察にも問題はある。

ひき逃げは重罪で絶対にダメだけど、横断歩道じゃない所を渡る歩行者にも罪はある。歩行者も酔っ払ってたのかな?安全運転しているドライバーでも、横断歩道以外からいきなり、人が出てきたら跳ねてしまうと思う。双方交通ルールは守るべき。車だけが罰せられるのはどうかと思う。逃げちゃダメだけど。

ひき逃げ犯は、無免許なのか飲酒運転なのか可能性としてはね。と同時に歩行者は横断歩道じゃない所を横断していたのか?ひき逃げは犯罪行為だから許されない。しかし歩行者も横断歩道外を横断するのは自殺行為。

逃げるのはもちろん悪いけど、なんでそんなとこ横断してんだよ。普段そういう横断してるからしぬ事になる。この人だけじゃないけど無理な横断車少ないからとかで横断するのやめた方がいい。運転手も逃げなきゃ刑重くならないのに。

この交差点は、3号線と10号線が交差する交通量の多い場所です。歩道橋を使わずに道路横断するのは、日中ならほとんど無理です(車が途切れないので、一歩も踏み出せない)事故が起こったのが午前4時と聞いて「あ、あり得るな」と思いました。この時間帯になると車の量が少なくなるので、道路横断する人が出ます。こういう場所を不用意に横断する歩行者にも非はありますが、事故後に要救護者を放置して逃げるのは、いかなる理由があろうとも、やってはいけない行為です。

ここはよく通る道ですが、ホントあの場所で轢かれることに違和感しか感じませんね。大きい道路で見通しもいいし、周りには電灯もついててコンビニも近くにあるので深夜でも比較的明るい場所。酔っぱらっていたり、何か別の要因が絡んでいるのは間違いないかと。ひき逃げは論外ですけど、あそこから人が出てくるとは思わないですよ。少し手前には横断歩道あるのに。

轢き逃げや当て逃げの処罰が軽いからいけない。私はほぼ毎日車やバイトで20〜160kmぐらい街中や郊外を走ってますが、普通車ならペットボトルのキャップを踏んだだけでもハンドルに衝撃が来ますね。ましてや人を轢けばもっと大きな衝撃が来る筈なので轢いたのが解らない訳がないですね。更に物だと思ったって言ってる人達も居るけど、物を轢いた場合でもその場に一旦止まり何を踏んだのかを確認して場合によっては後続車が事故らない様に路肩に落ちてる物を退かしたり警察に連絡して撤去して貰ったりする義務がドライバーには有るので義務違反ですね。なので普通車での轢き逃げ犯は人を轢いたって解ってて逃げる確信犯が大半ですね。なので、殺人未遂や殺人事件として扱うべきですね。

~こちらも読まれています~
×