×
MENU
その他のニュース PR

新潟市、山の下中学校に刃物男!正体は卒業した中学生と判明で名前だれで犯行動機は何?

山の下中学校
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

3月13日の午前、新潟県新潟市東区にある中学校に刃物持った男が侵入し、教師らが犯人を確保して銃刀法違反の容疑で逮捕されました。

この正体が、中学生の男子生徒であったことが判明し衝撃が走っています。

続く学校での刃物事件、、その背景にあるものは何なのか?容疑者の正体や犯行動機とは。

新潟市の中学校に刃物を所持した男が侵入

この事件がおきたのは2023年3月13日(月)の午前、現場となったのは新潟県新潟市東区にある山の下中学校でした。

「男が刃物を持っている」

と学校関係者から通報があったことから事件が発覚。

刃物を持った男は教師が確保し、全校生徒は体育館などに避難したため怪我した人はおらず、通報により駆け付けた警察によって銃刀法違反の容疑で逮捕されました。

学校内に刃物を持って侵入するといった事件は立て続けにおきており、なぜそのような犯行に至ったのか?

参照:「生徒が刃物を持っている」 刃物を所持していた男子生徒を逮捕 全校生徒は避難しケガ人なし

スポンサーリンク


山の下中学校の刃物男の正体は卒業したばかりの中学3年生

逮捕された刃物男の正体は、山の下中学校を3月に卒業したばかりの中学3年生の生徒であったことが判明しています。

犯行動機についてはまだ明らかになっていなものの、卒業した人物が刃物を持って学校に侵入している点からその目的は、、、

 
事件の流れは男子生徒が登校し空き教室で教員と話していた際にかばんから、刃長さ約14.2cmほどの包丁を取り出したとされています。

その後警察などの説得で自ら刃物を置いたとされていますが、包丁の他にもカッターを所持していましたが、警察はこの行動に計画性はなかったとみているとの情報があるようでうs。

この事件では怪我人などが出なかったことは幸いですが、立て続けに学校内に刃物を持った人物が侵入した、その犯人が生徒であったりと身近な場所に大きな危険が発生している事から不安の声も出ています。

新潟市、刃物男侵入の山の下中学校はどこ?

事件がおきたのは下記の場所にある中学校でした。

新潟市立山の下中学校(新潟県新潟市東区秋葉通2丁目)

スポンサーリンク




刃物男、中学3年生の生徒の名前や顔画像経歴について

この事件で逮捕された人物について、中学3年生とその年齢的な問題からか名前や身元を特定できるような情報は秘匿されています。

名前:不明
年齢:15歳
性別:男
職業:中学3年生(3月に卒業)
学校:山の下中学校
住所:不明
罪状:銃刀法違反(3年以下の懲役または50万円以下の罰金)

年齢的なことや犯行内容からして不起訴になる可能性や、すぐに出てきてしまう可能性が高く、今回の事件の動機が明かされていない状況では再犯の可能性などもあって不安の声が出ているようです。

中学生の刃物事件にネットの声は

最近多いですね。この世代の子どもにいったい何があったんでしょうか。早急に対処しないと、犠牲者が出かねない状態ですね。カッターナイフや彫刻刀などは小学生のころから使えていたけれども、使い方が全然違うことが心配です。今の子どもたちは、刃物がどれほど危険なものなのかの認識が弱いのでしょうか。私たちの時代は、親も先生も真剣な表情で刃物の危険性を教えてくれたものです。家でも学校でも再度教育課程において指導しなおす必要があるのではないでしょうか。

親の監督責任もありますね。学校側も大変でから、保護者もきちんと躾をする必要があります。そしてどんな理由があれど、肯定できるものではない。社会も毅然とした反応を示さないと、ずるい奴は利用して正当化しようとします。そんなことじゃ、学校内も治安が悪くなり勉強どころではなくなる。

学校は基本的に生徒、先生、もしくはごく一部の職員しかいない状態。外国のようにセキュリティを担当するスタッフを在住させてほしい、そして平常時はいじめや生徒同士のトラブルの監視役も兼任して

学校という場所は危険な場所になりつつある。学校に一人警備を置かないといけない時代が来るのかな…PTAなんかいらないから、こういうところにお金と時間と人を置くべき。

最近発生している事件に触発された模倣犯か。その犯人達がその後どういう扱いを受けるかを報道し、思いとどまらせることに使えないものかね。それと引き換えに自分に降りかかる世の中の残酷な仕打ちがわかっていない。

卒業したのにまだ甘えちゃうのかね。在校時ならまだ先生も警察を呼ばず、話をしてとなるだろうけど、もう卒業したし、警察へ電話でおしまいでしょ。