MENU
その他のニュース

堀本祐孝の顔画像。岩出署留置管理課、飲酒運転の警察官は誰で名前や身元は?巡査の酒気帯びに停職6か月懲戒処分でまた依願退職

和歌山県警が9月7日(火)の深夜に酒を飲んで車を運転していたとして、同県警岩出署留置管理課に勤務する巡査(23)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕したことを明らかにしたことが話題となっています。

凄惨な事故が起きても減らない飲酒運転、、それを現役の警察官が嬉々として行っていたことに怒りの声が上がっています。

和歌山県岩出署の現役警察官が飲酒運転で逮捕!

この事件が発覚したのは、2021年9月7日(火)の午前1時半ごろのこと。

和歌山県岩出市根来にある県道交差点で、方向指示器で合図を出さずに交差点を左折したことに巡回中だった警察が気づき、軽乗用車を確認したことから事態が明らかに。

職務質問をしたところ酒のにおいがしたため呼気検査をしたところ、基準を超えるアルコール分を検出されたため、現行犯逮捕となりました。

道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕されたのは、和歌山県岩出署留置管理課に勤務する巡査の透子、堀本祐孝 容疑者(23)

現役の警察官がなぜこのような事件をおこしたのか?

スポンサーリンク


巡査による悪質飲酒運転の犯行動機は何?

飲酒運転により逮捕された堀本容疑者は、9月6日(月)は休日であったことから、息抜きのためにか酒を飲んでいたようでその後に出かけたか時間帯を考えると外で飲食(飲酒)をして車で帰宅したと考えられます。

翌日となる7日(火)は勤務の予定であったとしていますが逮捕時点まで酒を飲んでいたことから、翌朝になっても酒が残っていた可能性は高いと思われます。

休日に飲みに行ったり食事に行ったりは問題ないものの、飲酒運転を嬉々としてする人物が警察官であるというモラルの低下に、ネット上でも多くの怒りの声が聞かれます。

 

飲酒運転の巡査が勤務する警察署はどこ?岩出署

飲酒運転をした堀本容疑者が勤務していたのは下記の警察署であるとされていますが、口コミなどを見るとあまり良い噂は出ていないようです。
※ただし、件数なども少ないので参考程度

和歌山県 岩出警察署
和歌山県岩出市高塚198−1

スポンサーリンク




堀本祐孝 容疑者の顔画像や経歴、前科や余罪は?

逮捕された堀本容疑者について顔画像などは公開がされておらず、SNSでは同姓同名の人物は出てくるものの確証は得られていません。
※Facebookで同姓同名で和歌山県に住んでいると思われる人物の情報は比較的すぐに出てくるようです。

名前:堀本 祐孝
年齢:23歳
性別:男
職業:警察官(巡査)
職場:和歌山県警 岩出署 留置管理課
住所:和歌山県岩出市尼ケ辻

▼罪状:道路交通法違反(酒気帯び運転)
3年以下の懲役または50万円以下の罰金

逮捕された容疑としては上記の罰則が科されるものの、こうした事件で最終的になぜか不起訴などになってなかったことにされる事案もあり、どのような処罰がされるのか今後の動向が気になるところ。

また、刑事罰のみならず警察官として今後も勤務するのか?また飲酒運転をする人物は常習の可能性が高いことから、余罪や前科などがある可能性も考えられます。

 
大野矢雄首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で、県民の皆さんにおわび申し上げます。捜査・調査の結果を待って厳正に対処します」といったコメントを出しているものの、過去の例をみるとこうした回答は口だけの場合が多く、厳しい処分がされていないことがほとんど。

スポンサーリンク




続く警察官の不祥事にネットの声は

夜中に原付でコンビニ行った時ライトもつけない無灯火でこっそり後ろから近寄って職質されましたが…いきなりタメ口ですよ

警察官で飲酒運転出来る気持ちが理解出来ません。この警察官に直接会って聞きたいです。“何のために警察官になったのか?”を。

こういう一部とは思いますが警察官がいるから多数の警察官も誤解されるのです。国家権力は個人のものでなく警察組織のもの全員がそれをわきまえて欲しい。多数の警察官は日々研鑽して任務に尽力してくしださってるのは理解してますが。

警察官としての地位や役職があれば、実名公表せずに穏やかに依願退職で片付けるであろう。が、若くて実績も浅く、太いパイプやツテもなければ、このように晒される違和感。

飲酒時以外でも普段からウインカーを付けないヤツどんどん取り締まって下さい。軽微な犯罪摘発につながる事も多いと感じます。基本的に周囲の迷惑を考えられないだらしない連中が多いですから。

なんだまた和歌山かよ。盗撮未遂で逆ギレして転倒させた挙げ句に携帯強奪した捜1の部長が略式だったのに何とも反省がないねぇ~和歌山県警。懲戒指針政令酒気帯び運転をすること=免職、停職又は減給。減給は確定でお約束の依願退職。23の査で依願退職したって退職金なんて雀の涙じゃないかなぁ~堀本君、これからどうすんの?

最近頭のおかしい警察官が増えてきた気がする。無灯火で路上を人が歩くくらいの速さでノロノロ運転をしている車がいておかしなやつがいると思ってみていて、その後に薬局に行くために歩道を渡ろうと自転車の向きを変えたら、見ていた車がパトカーで(暗くてよく見えなかった)パトカー見て逃げようとしたとかいちゃもんつけられて職質された。こういうのを平気でするのが今の警察。きちんと勤務している人が多いのだと思うけど、今のところ当たるのはこうした警官ばかりのため、警察を見たら犯罪者と思えといった言葉は正しいのかも。

警察官にもいろんな人が採用されていて、必ずしも適性な人ばかりではないと思います。特に和歌山県警察は、若い警官は特に偉そうな態度で、理不尽に止められてこちらが年配者だとわかると急に敬語を使いだしたのには不信感しかない。若い人だと、無理矢理切符を切っていたと思います。善良な一般市民を止めるより、夜中に爆音で走っている暴走の輩を逮捕して欲しい。それが国民の公僕たる公務員の仕事です。

~こちらも読まれています~
×