×
事故

勇めぐみさん死亡、鳥栖市山浦町長崎自動車道の事故現場どこか判明で衝撃の映像・画像

3月20日(日)の昼前、佐賀県の長崎自動車道で乗用車がスリップ事故を起こしました。

この事故で別の乗用車と衝突し、スリップした乗用車の助手席に乗っていた女性(33)が死亡しています。

休日に起きた大事故、、原因は何だったのか?

長崎自動車道で乗用車がスリップしての死亡事故

この事故がおきたのは、2022年3月20日(日)の午前11時10分ごろのこと。

事故がおきたのは、佐賀県鳥栖市山浦町の長崎自動車道下り線で、乗用車(スポーツカータイプ)がスリップしてガードワイヤーや別の乗用車(ステーションワゴンタイプ)に衝突する事故が発生。

スリップした乗用車を運転していた、北九州市に住む会社役員の男性(63)は顔に打撲を負っていますが軽傷、助手席に乗っていた福岡市に住む女性会社員の勇めぐみさん(33)が意識不明の重体になり、佐賀市の病院に搬送されましたが約10時間後に死亡。

また、衝突された乗用車に乗っていた4人については怪我はなし。

スポンサーリンク


鳥栖市山浦町でおきた死傷事故の原因は何?

今回の事故の原因として、乗用車がスリップしたことによっておきたとされていますが、詳しい原因については警察が会社役員の男性から話を聴くなどして調査中となっているようです。

こうした事故で一番多いのはスピードの出しすぎによるものですが、とくに高速などでは制限速度の2倍以上の速度を出す人物などもおり、そうしたことによるものなのか。。

事故の影響で、長崎自動車道は鳥栖―東脊振インターチェンジ(IC)間の下り線が午前11時40分ごろから約3時間にわたって通行止めになっており、休日などで出かけていた人も多く、影響は大きかったようです。

 

長崎自動車道、死亡事故の現場はどこ?

事故がおきたのは、長崎自動車道(鳥栖市山浦町)上であったようですが、詳しい場所については確認中。

高速道路であるため、道路に無理なカーブなどはなかったようですが、その分油断した運転になりがちでもあります。

佐賀県鳥栖市山浦町

スポンサーリンク




死亡した勇めぐみさん、運転手の役員男性とは誰?

死亡した勇さんについて判明しているのは次の情報。

-助手席-
名前:勇 めぐみ
年齢:33歳
性別:女性
職業:会社員
住所:福岡県福岡市中央区
死因:不明(頭部強打によるものか)

-運転手-
名前:不明
年齢:63歳
性別:男性
職業:会社員役員
職場:不明
住所:福岡県北九州市八幡西区
負傷:顔の打撲(軽傷)

年齢的にかなり離れていますが、会社員と役員ということで社長などと秘書などでしょうか?関係性については明らかにされていません。

 

休日におきた高速道路での死亡事故にネットの声は

どういう関係だったか知らないけど、高速だからと言ってかなり飛ばしてる車いる。運転に過信している人ほど事故を起こしやすい。

スポーツカーを運転するにはそれなりの技術が必要。この事故で一般車やバス、トラック等沢山の人に迷惑をかけている。運転手は反省して欲しいです。

同乗者がいるにもかかわらず、飛ばして挙句に事故起こす…。亡くなられた方は恐怖だったでしょうね。まさか自分が死ぬことになるとは思いもしなかったでしょう…。運転手はもうハンドル握らないでほしいですね。人殺しになったわけですから。

こうした事故でスポーツカーなどの表記があると必ず噛みつく人物が一定数出る。わかりやすくする程度でそこまで深い意味はないと思うけど、嫉妬なのかな?いちいちそうした表記を制限していたら何もできなくなるよ。自称正義マンが増えてきているのは問題。

スポーツカーという言い方にどうも違和感がある。ハンドルがめちゃくちゃ重くて回すのに力がいるとか、加速するにはペダルを漕がなきゃいけないとか、そういうスポーツ的な要素があるわけでもなく、運転の仕方は他の車と同じ。この見出しも、「車がスリップ事故」でいいと思うのに、なぜわざわざ「スポーツカー」と書いてあるのだろうか。

安全運転してての事故なら仕方ないです。しかし、高速走っている人なら理解できると思いますが、スピードを出す車も多い。車の性能を理解してるのか疑問ですが、特に高出力エンジン積んだ車で、単純にアクセルを踏み込んでコントロールを失いフラフラする車も見ます。他の一般車に迷惑なのでやめてほしいですね。いくら安全運転してても、巻き沿いは勘弁してほしい。

車はコルベットC6のようですね。亡くなられた方はお気の毒としか・・以前雨の高速を走行中に、前方100m位を普通に走行していた車(国産のセダンタイプ)が何の前触れも無くスピン→中央分離帯やガードレールにぶつかりクラッシュという場面を見たことがあります。車を運転している以上、いつどこで何が起きるか分からない。私も安全運転を心がけていきます。

~こちらも読まれています~