事故

宮原隆彦さん死亡、瑞穂町箱根ケ崎リラックマバス人身事故どこか判明で映像・画像!路線バス運転手の藤沢道郎、事故原因は何?

12月3日(金)の朝、東京都瑞穂町箱根ケ崎を走っている町道で、路線バスが歩行者の男性をはねる事故が発生しました。

この事故で男性は病院に搬送されるも、後に死亡が確認されています。

静かな町中でおきた人身死亡事故の原因はなんだったのか?

瑞穂町箱根ケ崎の交差点で路線バスが人身死亡事故

この事故がおきたのは、2021年12月3日(金)午前8時25分ごろとされています。

東京都瑞穂町箱根ヶ崎西松原にある交差点で、路線バスが横断歩道を歩いていた男性をはねる事故が発生。

バスにひかれた男性は近所に住む宮原隆彦さん(56)で、バスの下敷きになっており意識不明の重体で病院に搬送されましたが、その後に死亡が確認されており、また一緒に散歩中であった愛犬も事故に巻き込まれて死亡しています。

警察は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、路線バスを運転していた、藤沢道郎 容疑者(56)を現行犯逮捕しています。

凄惨な事故の原因は何だったのか?

スポンサーリンク


宮原隆彦さん死亡の事故原因は何?

逮捕されたバスの運転手である藤沢容疑者は事故の原因として次のように述べています。

「太陽の光がまぶしくて見えなかった。横断歩道をよく確認していなかった」

また、事故当時バスは交差点を右折する際に男性を巻き込んだとされていますが、警視庁が詳しい事故の原因を調べるとしており、また容疑を過失運転致死に切り替えての捜査も進んでいます。

また、当時バスには乗客3名も乗っていたようですが、怪我はなかったとされています。

 

事故は人気のリラックマバス、、現場の映像・画像

スポンサーリンク




瑞穂町箱根ケ崎、路線バスの人身事故現場はどこ?

事故がおきた交差点は、セブンイレブン 瑞穂松原中央公園前店のすぐ前にある交差点であったようです。

東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎西松原

 

死亡した宮原隆彦さんの情報について

路線バスとの人身事故で死亡した宮原さんについて判明しているのは以下の情報。

名前:宮原 隆彦
年齢:56歳
性別:男性
職業:不明
住所:不明(近所)
死因:不明(バスの下敷きになったことによる圧死?)
愛犬:死亡

当時散歩中で横断歩道を渡っていた際の事故であったようで、青信号で横断歩道を渡っていたも事故に合う可能性を常に注意しながら渡らないといけない状況、車はもちろん、人や自転車などそれぞれがさらに交通マナーを日頃から守るようにすることが事故防止に。

 

藤沢道郎、路線バスの運転手の情報について

名前:藤沢 道郎
年齢:56歳
性別:男性
職業:路線バス運転手
住所:東京都昭島市

▼罪状:過失運転致傷 ⇒ 過失運転致死
懲役7年以下または罰金100万円以下

スポンサーリンク




路線バス事故にネットでは様々な声

自動車運転過失致死傷のニュースを見る度に上級国民を思い出す。何故現行犯逮捕の有無が分かれるの?

バスは客からのクレームでサングラス許可しないとこ多いからなあ。接客業なのにサングラスするなってな。リスク背負って事故じゃ成り手も減るわな。

サングラスを着用するべき。海外ではバスの運転手はサングラスを着用してます。日本では服務規程でサングラスが禁止されていたり、乗客からクレームが入ったりしますが、こういう事故を防ぐためにサングラスの着用を認めるべきだ。

最近地元のバスの運転手でサングラスをしている人が増えたと思っていましたが、良い事だと思います。他の企業も運転中サングラス可能にして欲しい。事故防止と見た目等のイメージどちらが大切でしょうか?事故が起きた時のが悪い意味で有名になります。

確かにバスが悪い。が、実際にバスを運転すれば分かるが交差点を右左折する際、車内を確認しながら歩行者も確認しなければならない。死角もたくさんある。好き勝手言う人は一度バスを運転してみればいい。あまりの難しさに驚くと思う。

ここは度々お花が置かれてる横断歩道。車で運転してると、日光があっても無くても歩行者が見えにくい。一歩ちょっとでも間違えると加害者になる怖い場所だと思って運転しています。リラックマバス無残だな…。

最近の風潮で、横断歩道では歩行者がいれば必ず車は止まるよう取り締まりが強まっているのに反して、歩行者や自転車のマナーが悪くなっているように思える。幼稚園や小学校で習ったように、横断歩道での自転車は降りて渡る事や、「右を見て、左を見て、再度右を見て、手を上げて渡りましょう」を実行している方はどれだけいるのでしょうか歩行者や自転車利用者の、定期的な教育や危険横断者等の取り締まり強化も行っていかなければならないのではないのだろうか。

私は大型のトラックドライバーなのでバスは運転したことありませんが、右折の際、右ミラーが死角になって人が見えないことがあります。何度も安全確認をして人もいない、車もいないと確認をしてから曲がっても歩道橋の階段とミラーが重なったときは見えていなかったです。曲がっている途中で急に人が現れた(自分の見落としですが)からビックリしました…。以後歩道橋とミラーの死角は厳重チェックしてますが、太陽や夕陽、大雨と色んな悪条件が重なれば危険も増しますしこういう事故も明日は我が身です。ドライバーの皆さん今日も安全運転でがんばりましょう!!

×