MENU
事故

清瀬市元町、清洲駅で飛びこみ自殺の男子高生誰で名前や身元は?西武池袋線の現場判明で防犯カメラ映像に線路内に飛び込む姿

11月26日(金)の朝、東京都清瀬市元町を走っている西武池袋線の清瀬駅で、都内に住む高校生の男子生徒(16)が、電車にはねられて搬送先の病院で死亡しました。

当時の状況などから、飛び込み自殺であったとされていますが、その原因は何だったのか?

清瀬市元町、朝の人賑わう清洲駅で高校生が飛び込み自殺

この事故がおきたのは、2021年11月26日(金)午前8時10分ごろ、東京都清瀬市元町を走る西武池袋線の清瀬駅で発生しました。

当時、飯能駅発池袋駅行きの急行電車が通過予定でしたが、電車がホームに進入した際に線路内に男性が飛び込みました。

この飛び込んだ人物は、都内に住む高校1年の男子生徒(16)で当時通学途中だったとみられ、ホームに残された生徒のリュックから自殺をほのめかすメモが発見されたことから、警察は自殺とみて調べを進めています。

男子生徒は病院に搬送されるも、搬送先の病院で死亡が確認されています。

また、駅構内に設置されている防犯カメラには、飛び込みの瞬間の映像が残されていました。

スポンサーリンク


残された飛び込みの瞬間映像。。現場画像が拡散

スポンサーリンク




人身事故、飛び込み自殺の男子高校生は誰?

電車に飛び込んで死亡した高校生の男性生徒について、現時点では名前など詳しい身元の分かる情報は判明していません。

ただ、遺書までは発見されていないようですが、持ち物などのメモなどから自殺の可能性が高いとされており、死を選んだその理由とは。。

名前:不明
年齢:16歳
性別:男性
職業:高校生(1年生)
学校:不明
住所:東京都内

 

早すぎる死、高校生の自殺にネットの声は

普通に登校して行っても列車に飛び込んだり、人を刺したり、「車に気をつけてね」と言っても暴走老人が突っ込んできたり。異変に気づいたり、未然に防ぐ事の難しさをこの頃特に痛感します。

確かに生きてても大した世の中ではないが、死ぬなんてつらいことは考えないで欲しい。引きこもっても良いし、山に隠れても良い。食う飯が無ければsnsへ書き込んでも良いし、どこかで炊き出しもやってるかもしれない。子ども食堂を探しても良い。とにかく死なないでくれ。

学校に行きたくなかったんだろうな。登校途中だったそうだが、今朝はどんな思いで家を出てきたのだろうか。ここのところほぼ毎日どこかしらの路線で人身事故のニュースがある。迷惑とかそういう次元を超えてひどく憂慮すべき状態にある。

30年前の自分の感覚なら、楽しいこともあるよとかキラキラしていた時代だったけど、後進国になりつつある今、世の中暗いし未来なんていいことなさそうな雰囲気しかないし、いろんな情報がたくさん入ってくるし、生きづらいのかもなと思う。

自ら命を絶つと、与えられた修行を全うしていないから成仏させてもらえず、先に逝った会いたい人に会えないと聞いた事があります。還暦が近くなり、独り身で誰にも頼らず真面目に生きてくのは、もう程々疲れ切っていて、早く人生終わらないかなと思いますが、早逝した母や祖母や猫たちに会いたいので、頑張って生きてますよ。

朝、西武池袋線が停まっていると小竹向原駅でバタついていたのはこれだったか。家を出るときはどんな様子だったんだろ
う。普通に朝食を取って、普通に親は見送ったんだろうか。子を持つ親として、子どもが死ぬほど思い悩んでいるのに何も気づけなかったことはどれほどのショックなのか、心中察するに余りある。

~こちらも読まれています~
×