事故

日本製鉄、大量被ばく工場どこ?社員2人誰で安否は?エックス線測定装置の点検中事故で後遺症は。瀬戸内製鉄所広畑地区

2021年5月、兵庫県にある日本製鉄工場の点検中の事故で、作業員2人が大量被ばくしたことが明らかになり、多くの注目を集めています。

事故がおきた原因はなんだったのか?現場や作業員の安否は。。

日本製鉄の工場で点検作業中に大量被ばくの事故

この事故がおきていたのは、2021年5月29日(土)のこと。

兵庫県姫路市にある、日本製鉄の瀬戸内製鉄所の工場で、エックス線を照射する測定装置の点検をしていた作業員の男性2人が、翌日の30日になって体調不良を訴えて病院を受診したことで、大量の被ばくが発覚。

30代と50代の男性社員2人が、法令で定められている1年間の被ばく限度の50ミリシーベルトの、数倍~数十倍に及ぶ大量被ばくをした可能性が出ています。

現在、2人は高度な被ばく医療を提供する広島大学の医療施設で検査や治療を受けていますが、日本製鉄は2人の体調については明らかにしていません。

この事故を重く見た厚生労働省が、同様の測定装置を使っているほかの企業(業界団体などの11団体)に通知を出しており、被ばく防止の徹底を求めるとともに労働基準監督署などが今回の事故状況を調べていますが、なぜこのような事故がおきてしまったのか?

スポンサーリンク


大量被爆事故の原因は何?

今回の事故で被曝した2人は、当時工場内にある測定室で、エックス線による鉄板表面のめっきの厚みを測る装置の点検をしていたようで、その作業中、エックス線が照射されたままの状態になっており、それによって2人が大量の放射線に被曝したとみられています。

厚生労働省の通知では、点検作業を行う場合は装置への電力供給を停止することなどを求めています。

また、放射線業務に携わる作業員の被ばく量の限度は、年間50ミリシーベルトまでと決められており、5年間では100ミリシーベルトまでと法令で定められています。

2人がどれほどの被ばくをしたのか、その量は確定していないもの、厚生労働者の担当者は「50や100というレベルではない」といったコメントを出しています。

スポンサーリンク




日本製鉄の被ばく事故の現場工場はどこ?

今回の事故があったのは下記の地域内にある工場だったようです。

日本製鉄瀬戸内製鉄所広畑地区
〒671-1123 兵庫県姫路市広畑区富士町1

 

スポンサーリンク




大量の被ばく、作業員2人の治療場所はどこ?

被ばくした作業員2人が治療を受けているのは、「高度被ばく医療支援センター」として指定されている中の1つである広島大学であるようです。

現在「高度被ばく医療支援センター」として指定されているのは、広島大学と放医研が入る量子科学技術研究開発機構のほか、青森県にある弘前大学、福島県立医科大学、それに長崎大学の全国5か所とされており、高度な被ばく医療が提供できるため広島大学での治療が行なわれているとされています。

 

日本製鉄の被ばく事故にネットの反応は

地元に住んでいます。このニュース、かなり重大な事故だと思うのですが、ほとんど話題になっていませんよね。不思議です。

これはしっかり報道されてもいいと思うが、何故かされない。耳にした話では、すでに一般病棟に移ったとも聞くが真相は如何にとにもかくにも、無事を願うばかり。

なんで今頃報道され始めたのかが不思議。地元紙では事故2日後には報道してましたよ。早い段階で県外に患者を転院させてました。

この事故、被爆中に自覚症状が出たということで、かなり大量に被爆している。作業員の方のその後の経過が心配でしたが、そのことについては触れられていませんね。

大事故じゃないのか?なぜ、テレビや新聞は報道しないの?ネットだけしか報道してはいけない規制をしているのなら大問題です。

これは非常にまずいというか、かつての東海村の事故と同じことが再び起きてしまったのではないか…大きく報道されることはなかったですがその後被曝した方は凄惨、という言葉さえ甘いほどの亡くなり方をされていて大変ショックでした。隠されることなくきちんと真相が説明されること、被曝者の方の無事を祈りたいです。

医療用のレントゲンなどは安全のため、照射ボタンを押し続けないとX線が照射されない仕組みになっています。しかも照射中は「ピー」という警告音が鳴り続けます。当然ボタンを放せば照射は自動で止まります。X線装置の点検中の事故とのことですが、点検中に照射され続けるというのは通常は考えにくいのですが、事件の詳細解明が待たれるとともに、作業員の方の無事を祈るばかりです。

他社ですが同業者なので、速報は聞いてます。被曝したご本人が「違和感」を感じた程だそうなので、検診等の医療用と比べても相当量だと思います。会社内のルール等は厳しくなっているが、それを決めた親会社程それを全く守らない傾向が、今のこの国の現実です。

以前、東海村での事故で被曝した方々の治療を行った医師がその経過を記録したサイトがありました。それはそれは悲惨でした。徐々に臓器が壊死していきます。しかし、患者には意識がはっきりあります。意識がありながら、体が壊れていき、苦しみ続け、医師が必死に延命治療しているものの絶望に陥っていく姿を、患者は自分のこととして見続け、数日で命を失っていったそうです。その医師の記録では、こんなに悲惨な治療はあり得ない、と絶望の文字が並んでいました。今回被爆された方々は、どうかこんな悲惨なことにならないことを祈りたいです。

~こちらも読まれています~
×