事故

羽村市、多摩川で心肺停止の中学生は誰?現場どこか特定!名前や身元、事故原因は何?友人らと川で泳ぎ行方不明に、、

速報です。

5月15日(土)の正午すぎ、東京都羽村市を流れる多摩川で、子どもが流される事故が発生しました。

流された子どもは、中学生の男子とみられ、通報から約1時間後に救助されましたが、心肺停止の状態です。

なぜこのような状況になったのか。。

スポンサーリンク

羽村市、多摩川で中学生男子が溺れ意識不明の重体

この事故が判明したのは、2021年5月15日(土)の午後0時半すぎ、「子どもが流されている」といった119番通報からでした。

現場は、東京・羽村市を流れる多摩川で、消防車やヘリコプターが出動し、およそ1時間後に男子中学生を発見しましたが、すでに意識不明で心肺停止の状態でした。

この男子中学生は、当時友人6人と川で泳いでおり、行方不明になったとされています。

スポンサーリンク


意識不明、心肺停止の重体、、男子中学生は誰?

意識不明の重体、心肺停止状態で見つかった男子中学生について、名前などの詳しい身元については現時点では明らかになっていません。

ただ、友人なども現場にいたとのことなので、身元不明ではないと思われます。

溺れてから発見・救助までの時間が1時間ほど経過しており、この状況からは非常に難しいものの、回復されることが望まれます。

※後に羽村市内に住む中学2年の男子生徒(13)であるといった情報が判明。ヘリで病院に運ばれた後に死亡が確認されています。

スポンサーリンク




羽村市、中学生が意識不明の重体、現場はどこ?

事故が起きた現場は、羽村市の多摩川の中腹、両岸には「玉川コミュニティ広場」「堰下レクリエーション広場」などの広場がある場所。

川を区切るように舗装されているエリアがあるようですが、その中ほどで泳いでいたのではないかと思われ、おそらく川の中心部では深い場所などがあったと考えられます。

スポンサーリンク




中学生が川でおぼれる事故にネットの反応は

暑くなる時季に必ず起こる毎年の水事故。海岸や砂浜は国有地で県や市が管理しているから今年はコロナ禍の感染防止を理由に閉鎖するんじゃないかな。例年以上に水事故が増えるよ。

近くが騒がしかったので何かあったんだなと思っていましたが…中学生なんて。どうか意識が回復します様に!

野次馬の数がすごい、、何かしら手伝うならまだしもただその場で見ているだけ。。救助活動の妨げになるし、密になるしで害しかないのだけど、、野次馬は人の性なのかもしれないけれど、緊急事態にこそ理性ある行動が求められる。

責任だ責任だと何でも安全側にやりすぎるから危機意識が育たないんだよね。川だって落ちれば流される。足を滑らせれば水に浸かる。森に入れば熊だって猪だっている。自然を舐めてはいけないという感覚を感じない世界を作りすぎていると思います。

我が家の近くには、手入れのされてない池や沼があります。子供もたくさん通りますが、事故はありません。気持ちの悪いカカシが看板を持っているからです。『ここは、すべります。ひとも、とおりません。おちたら、しにます。』と書かれているからです。子供達にも滑って落ちるよ、誰も気付いてくれないから、苦しんで息が止まるのよと教えています。

「浮いて待て」それは子供に言っても無理な話。まず恐怖で身体が動かない、無茶な指導は書かないことです。出来るなら溺れたりしないんですよ、理論だけじゃ助からない。泳ぎの達者な人でさえ、水に身体を預け、浮くだけってのは難しい。水の近くで遊ばせるなら、救命胴衣を着せる事ですよ

近所に住んでいます。子供の頃、多摩川沿いで遊んでいたらお爺さんにチビるくらいの勢いで怒られて、「あそこで遊ぶと怒られるから行くのやめよう」となったことがある。後で知ったことだけれど、その場所はよく事故が起きていた場所で・・・昔は見ず知らずの子供を怒ってくれた人がいたんですよね。この辺りは川沿いに公園や運動場があったりして、川が身近にあるぶん、恐怖が薄くなっているところがあります。

~こちらも読まれています~
×