×
事件 PR

【自作自演】通り魔?Kアリーナ横浜ライブで女性が刃物で刺された真相が衝撃

通り魔?Kアリーナ横浜ライブで女性刺される…犯人の正体は?ブルーシートの裏側
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

11月23日の夕方、神奈川県横浜市西区みなとみらいにある「Kアリーナ横浜」で、ライブを観に訪れていた女性が何者かに刃物で刺される事件が発生。

この事件で、40代の女性が重傷を負っています。

多くの人が訪れていたライブ会場で起きた事件、、その犯人の正体とは。

※追加情報
事件のその後、被害者と思われていた人物による自作自演であったことが判明。

Kアリーナ横浜で女性が刃物で刺される

この事件が判明したのは、2023年11月23日(木)の午後5時45分ごろのこと。

現場となったのは神奈川県横浜市西区みなとみらいにある音楽専用アリーナ「Kアリーナ横浜」でした。

「40代ぐらいの女性が何者かに刺されたようだ」

通報を受けて駆け付けた消防によって女性は病院に搬送されましたが、腹部を刃物で刺されており重傷を負っています。

負傷したのは40代の女性で、彼女を刺した犯人の正体は誰なのか?

参照:Kアリーナ横浜で刺された40代女性 「外に出て刃物に気付いた」

スポンサーリンク


刺されたのに気づいたのは外に出てから?

この事件で刃物で刺された女性は、会場の外に出た際に刃物で刺されていたことに気付いたと話しているようです。

また、この事件の犯人については明らかになっておらず、警察が逃走している犯人の行方を追っています。

会場のつくりや誘導の仕方に問題が生じているようで、かなりの混雑具合であったとしたものが出ており、当時もかなりの混雑具合で外に出るまでの間に痛みを感じたとして、それが刃物によるものなのか見れないような状態であり、外に出て刺されていたことに気付いた。としたものであると考えられます。

満員電車の中で刃物で刺されていたような状況だと、犯人の姿に気づかないといったこともあり得ると思われます。

「駅まで徒歩10分」が2時間も…「Kアリーナ横浜」“退場大渋滞”相次ぎ運営会社が謝罪【知ってもっと】(2023年11月21日)

Kアリーナ横浜の現場と当時の映像

スポンサーリンク




被害にあった女性と犯人の正体と真相について

それぞれ詳細な情報は判明していません。

-被害にあった女性-
名前:不明
年齢:40代
性別:女性
住所:不明
負傷:腹部に刃物による傷(重傷)

-犯人の正体-
名前:不明
年齢:不明
性別:不明
住所:不明
凶器:刃物

刃物が刺さっていることに女性が気づいた、ということから凶器の刃物が残っていたと思われ、指紋など何かしら犯人につながる情報がわかる可能性があります。

※追加情報
被害にあったとされていた女性はイベントに参加後、腹部に刃物が刺さった状態で見つかり、「建物を出たところで刺されているのに気づいた」と話していました。

しかし、事件から一転して「自分で刺した」と話していることがわかりました。

「自宅から持ってきた刃物で自分の腹を刺した。自分の中で悩みがあった」

こうした自分で自分を刺して注目を浴びる目的だったのか、同様の行為は過去にもいくつかみられており、本当に事件であっても自作自演なのでは?と疑われることにもなるため、非難の声が上がっています。

参照:「Kアリーナ横浜」騒動はウソ ケガした女性「自分で刺した」

ライブ会場でおきた殺人未遂事件にネットの声は

腹に刺さっていたという事はすれ違い様に刺したという事かな。かなり人がいたと思うし特定の人物を狙うのはかなり難しいと思われるし通り魔的犯行か?女性の無事を祈ると同時に一刻も早い犯人の逮捕を願う。

刺されていることがわからないのは鋭利な刃物だとありえるかもしれないが、誰にいつ刺されたのかわからないくらい混み合った状態だったのだろう。建物を出てから気付いたのであれば、犯人特定は難しいのではないか。人混みが隠れ蓑になるような現状は、よくなかったかと。

多分ずっと刺さっていたとかではなく、痛い!と思って見下ろしたら刃物が…ということだと思うので発覚とほぼ同時にぶつかった人間が犯人ってことですよね。大事な臓器などがご無事だと良いのですが。傷跡も残らず無事回復されますよう。そして犯人がすぐつかまりますように。

建物を出て気がついたと言うことは、あのKアリーナの横浜駅まで通常10分のところ、2時間かかったと言うだけあって、大混雑の中で、痛みも感じないほどもみくちゃだったのでしょう、、、ちょっとあのホール、考えないと、更に事故起こるよ。。

先日、Kアリーナのライブに行きました。終わって、混雑すると思い、時間差で遅らせて退場しましたが、出口付近で大混雑!とても進まず、他に開放できそうな並びの出口場所もあったのに、開けてませんでした。緊急の時、逃げ遅れそうなストレスがありました。怖かった。もっと、出口は増やしたほうがよいです。今回の障害事件は苛立ちの無差別なのか?傷を負った方の回復をお祈りします。

 

もちろん罪には問われるでしょうけど、ここまでになるとさらにそれだけではすまないと思います。主催者さんからのお見舞いなどでも期待したのか単なる愉快犯なのか、こんな真似をしたい人の気持ちは一切理解のしようもありませんが、もしかしたら今後このイベントが打ち切りになっていってたかもしれないし、警備の増援などの依頼もされていたりすると立派な威力業務妨害で、これら一連の費用に慰謝料も大きく上乗せして払わなければならないものだと思います。そう未来予想図を考えると本当にどうするつもりなんでしょうか。

~こちらも読まれています~