×
事件 PR

大治町三本木マンションで死亡母親の名前、名古屋市立の中学校どこ?14歳少女は虐待で保護の過去

大治町三本木マンションで死亡母親(40)と、名古屋市立の中学2年生、娘(14)の動機
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

9月6日(水)の未明、愛知県大治町三本木にあるマンションで女性(40)が包丁で刺されるといった事件が発生。

この事件で母親を刺したとして女子中学生(14)が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

まだ中学生の娘が母親を殺害するに至った動機とは何だったのか?

大治町三本木、中学生が母親を包丁で刺す

この事件がおきたのは、2023年9月6日(水)の午前1時過ぎごろとされており、現場となったのは愛知県大治町三本木にあるマンションの一室とされています。

当時、女性の声で「腹を刺された」といった119番通報があり現場に駆け付けると、その部屋に住む女性(40)がリビングに敷いてあった布団の上でうつぶせの状態で倒れているのを発見しました。

女性はすぐに病院に搬送されましたが、その後に死亡が確認されています。

スポンサーリンク


母親殺害は中学2年生の長女の動機は虐待の過去?

この事件で救急隊が警察を呼び、、現場にいた中学2年生の長女(14)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されています。

母親をまだ14歳の娘が刺した理由とは何だったのか?

警察は次のように質問した際に、娘は無言でうなずいたとされています。

「お母さんを刺したということでいいですか?」

 
母親の遺体には抵抗した時にできる傷がないことなどから、女子中学生が母親がリビングに敷かれた布団で寝ていたところを刺したとみられているようです。

また、刺し傷は内臓に達する深さであったことから、女子中学生が強い殺意をもって母親を刺したとみられています。

動機に関しては現状では詳しい情報は出ておらず、警察が捜査を進めています。

 
また、少女が2年前に虐待によって一時保護を受けていたとされる情報が出ています。

これらが強い殺意へと変わっていたのか、、

参照:女子中学生に刺された40歳母親死亡 警察官の問いかけに“無言で頷く”

大治町三本木での殺人事件、現場マンションが判明

事件がおきた現場について、報道の映像や「大島てる」から下記の場所であったとされています。

スポンサーリンク




死亡母親の名前や身元、中学生長女の学校は名古屋市立の中学校か

-死亡-
名前:不明
年齢:40歳
性別:女性
職業:不明
住所:愛知県大治町三本木
死因:腹を刺されたことによる出血性ショック

-長女-
名前:不明
年齢:14歳
性別:女性
職業:中学生(2年生)
学校:名古屋市立の中学校
住所:愛知県大治町三本木
凶器:刃渡り17cmの文化包丁
罪状:殺人?

また、この家族は母親と長女、小学生の娘の3人暮らしであったとされています。(父親は不明)

 

近隣住人の声やトラブル相談について

この事件に関して近隣住民など、紺家族を知る人物の声がでていたようです。

近所の住人A

「なんかちょっと反抗の時期…年齢的に。親に対して反抗期だからという話も聞きましたけど」

近所の住人B

「大人っぽい感じ。おしゃれをしているというか、ちょっと普通の学生さんと違うかなという感じはありましたよね」

また、近所では女子生徒が小学生の妹と遊んでいる姿も目撃されていて、警察にも家庭内のトラブルの相談などはなかったとされていますが、寝ている際に母親を刺した動機とは、、

14歳の中学生による母親殺人にネットの意見は

2児の父子家庭です。下の子も成人・就職を迎え肩の荷も降りホッとしてるこの頃ですが、子供が中学・高校の頃は何やかんやと言い合いする事あって上手く向き合えない時もありましたが、今となればお互いに憎み合う様な気持ちもなかったです。今回の事件の母娘も何かのきっかけでここまで行かず、それなりに落ち着いていれば良かったと残念な気持ちになっています。

同じ年頃の娘がいるので、母親として心が痛いし悲しいです。しかし、娘さんの視点に立つと、私も中学生の頃は負の感情に支配され頭の中で何度も何度も母親を消す妄想してました。この娘さんの境遇が分からないのでなんとも言えないですが母親にここまでしなければならなかったのには深い理由があったと思いたいです。

子供は今まで自分なりに 家庭環境について SOSを出していたのかもしれません。中学2年生なんかまだまだ子供です。相当の理由があるはずです。またこれまでも周囲の大人が異変を察知できたはず。女子学生とその妹が不憫でたまりません。

口論の末かと勝手に思ってたけど寝ている所を内蔵まで達する力で…殺意はあったんだね…。妹の事も考えて思い直す事は出来なかったのか…周りに誰か相談出来る人はいなかったのか…辛い事件ですね。

~こちらも読まれています~