MENU
事件

ワカバウォーク殺人未遂、どこか判明!犯人の高校生は誰で名前は?現場画像。鶴ヶ島市ショッピングモールのトイレで男性刺される

衝撃の事件が起きていました。

5月29日(土)の午後、埼玉県鶴ヶ島市にある商業施設で、男性が刃物で刺されるといった殺人未遂事件が発生。

その犯人が15歳の自称高校生であるといったことで、大きな注目が集まっています。

15歳による殺人未遂事件、、、事件当時現場では何がおきていたのか?

鶴ヶ島市のショッピングモールで殺人未遂事件

この事件がおきたのは、2021年5月29日(土)の午後0時50分頃のこと。

埼玉県鶴ケ島市にある商業施設(ショッピングモール)で、男性(53)が左足を包丁で刺さされるといった事件が発生。

この事件の犯人として、殺人未遂の疑いで、埼玉県鶴ヶ島市に住む自称高校生の少年(15)が現行犯逮捕されました。

逮捕されたの少年は、鶴ヶ島市のショッピングモールの男性用トイレで、刃渡り17cmの包丁の男性の左足を刺して殺害しようとした疑いが持たれています。

男性は施設の2階通路部分で血を流して倒れていましたが、病院に搬送されて、命に別条はないとされています。

何がおきていたのか?

スポンサーリンク




鶴ヶ島市、少年による殺人未遂事件の現場はどこ?

殺人未遂事件がおきていたのは、鶴ヶ島市にあるる商業施設(ショッピングモール)「ワカバウォーク」で、若葉駅からすぐ近くの場所にあり、土曜日ということで人も多い時間帯であったと思われます。

出ている情報などから、男性が刺されたのは施設の2階トイレ辺りであったと思われます。

ワカバウォーク
埼玉県鶴ヶ島市富士見1丁目2−1

 

スポンサーリンク


自称高校生による殺人未遂、事件の動機は何?

今回の事件は、血を流してトイレから出てきた男性を買い物客らが見つけて110番し、駆けつけた警察官らに対して、トイレ近くにいた少年が刺したことを認めています。

また、目撃者の証言は以下のように述べられています。

「(被害者は)トイレから出てきて、そこでドタッと倒れたみたいな。(取り押さえられた人は)あんまり抵抗してる感はなかった」

また、搬送された当時、男性は意識があり「突然刺された」と話しており、容疑者と被害者は知り合いではないとされており、少年も「男性と面識はなかった」と述べています。

犯行動機事態については、これから調査を進めるとしているようですが、現時点で判明している情報からは、無差別殺人をおこそうとしていた可能性は考えられます。(今回は刺した後に現場近くで放心状態?)

凶器の包丁は、現場近くで見つかっているようですが、同じ刃物による少年の事件といえば、まだ記憶にも新しい福岡での事件がそうですが、まったく関係のない人がある日急に狙われるといった事件に、恐怖を覚える方も多いです。

スポンサーリンク




鶴ヶ島市で起きた殺人未遂の犯人15歳少年は誰?

逮捕された人物は、市内に住む15歳の高校生の少年であるといった情報がでていますが、現時点ではまだそれ以上の情報は不明となっています。

名前:不明
年齢:15歳
性別:男
職業:高校生
住所:埼玉県鶴ヶ島市

▼罪状:殺人未遂
死刑または無期もしくは5年以上の懲役

かなり重い罪であるものの、また未成年であることを理由に数年ほどで出てきて、野に放たれる可能性が高いです。

 

包丁で刺された男性は誰?安否は

男性の身元については詳細な情報はないものの、当時買い物に来ていた客であったようで、傷に関しては命に別状はないとされています。

名前:不明
年齢:53歳
性別:男性
職業:不明
住所:川越市
不詳:左足ふくらはぎを文化包丁で刺されて重傷
   ※命に別状はなし

スポンサーリンク




商業施設での恐怖の時間、、ネットの反応は

こんな人にも少年法が適応されるのでしょうか。きっと更生はせず、短期に少年院を出所してきて再犯を繰り返して犠牲者がまた出るのだろう。

茨木の殺人事件の件もあるし、未成年であってもこの手の事案は厳罰にして、その後の観察もしっかりとやってもらいたい。

少年法とかもうやめたら?少年だろうが青年だろうが実名報道すべきだよ。罪を償う機会を与えるということで、被害者は実名で加害者は隠される?そんなのやったもん勝ちみたいで嫌だな。

更生の余地があるといって再犯したら、裁判官や弁護士は誤審として責任とるようにしないといけない。それだけの覚悟で裁判に臨め。間違っても責任ないんだったらこんな気楽な商売はない。

福岡のショッピングモールで女の人が刺されて亡くなった事件も犯人は未成年でした。名前も顔も報道されず、いまなにしてんのかもわからない。いきなり人を傷つけて殺そうとする、もしくは死なせる行為なんて年齢関係なく異常なこと。日本でもきっちりと厳罰化されることを望みますし、抑止力になるようにもっと何かしないと。変な犯罪が増えてる気がする。

先日もこのような奴を野放しにして結局4人も殺害されてしまった事件がありました。15歳で人を殺そうとする奴は生まれながらのサイコキラーです。今後、殺人事件に発展する可能性があり一生世の中に出してはいけない。再犯しても裁判官や弁護士は責任取りませんよね?

命に別状ないって現状であって、刺された脚の場所によっては数日後に命落とすとか脚切断の可能性もあるから何とも言えん。こんな無差別に犯罪を犯した未成年が少年法で裁かれ少年院に入り数年後には自由の身になり再犯を犯すのだろう。

日、18歳19歳を対象とした改正少年法が制定されたが、今回は15歳だから従来通りの保護観察など甘ったるい処罰でしょう。そもそも改正内容も甘ったるい。殺意を持って計画的に凶器等を準備し、無差別的な事件に対しては大人と同じ刑罰を持って処罰するという判断基準を設けないと同様事件が繰り返され、さらに被害を受ける人が増えるでしょう。

 
※こちらの事件はまだ不明点も多いため、引き続き詳細が判明次第、追加・更新していきます。
 

~こちらも読まれています~
×