×
事件

土屋直樹の顔画像や動機判明でヤバイ!10代女子大学生に睡眠薬盛って性的暴行、容疑否認とんでも理論

またSNSからの性犯罪に発展した事件で逮捕者が出ました。

10代の女子大学生に対して、カラオケ店で睡眠薬を飲ませて自宅に連れ込んで性的乱暴をしたとして、51歳の男が逮捕されました。

性犯罪者による事件は減らないものの甘い処分ばかりで加害者が強く守られる現在、次の犠牲者も。。

カラオケボックスで睡眠薬盛って女子大生に性的暴行

この事件は2022年5月15日(日)深夜に起きていたとされており、東京都豊島区にあるカラオケボックスで、SNSで知り合った10代女子大学生に対して、睡眠薬入りの飲み物を飲ませて自宅に連れ込み、わいせつな行為(性的暴行)が行われていました。

準強制性交などの疑いで逮捕されたのは、埼玉県吉川市に住む建設作業員の男、土屋直樹 容疑者(51)

参照:女子大生に睡眠薬を飲ませ酩酊、自宅に連れ込み乱暴か 51歳男を逮捕

スポンサーリンク


出会いはSNS?容疑否認の言い訳がヤバイ

逮捕された土屋容疑者は、SNSで女性と知り合っていてたとされていて、最初に出会ったのはが2021年3月これまでにも何度か会っていたとしています。

土屋容疑者は容疑について次のように一部否認をしています。

「睡眠薬を飲ませたことは間違いないが、合意の上での行為だと思った」

合意であれば睡眠薬を飲ませる意味が不明であり、またそこから自宅までの約30kmの移動もかなり面倒なことになるため、明らかなウソであることがわかります。

 

土屋直樹の顔画像や経歴、余罪や前科は?

null

土屋容疑者に関して判明しているのは次の情報で、余罪や前科などについては不明となっています。

名前:土屋 直樹
年齢:51歳男
性別:男
職業:建設作業員
住所:埼玉県吉川市
罪状:準強制性交(5年以上の有期懲役)

スポンサーリンク




SNSからの性的暴行事件にネットの声は

睡眠薬入れるのは論外として、10代の学生と50代がSNSで出会って二人でカラオケの時点でお互い援交目的だしなぁ。学生も学生でどうかと思う。

睡眠薬飲ませておいて合意があったは、さすがに言い訳になってない。女性も気をつけないと、睡眠薬守られなかったとしても、個室に二人だったら力づくでされる危険性もある。

ネットを介しての出会いだと被害者も責められる事も多いから、泣き寝入りするとでも思ってたのだろうね。被害に遭わないよう気をつけるに越した事はないが、もし被害に遭ってしまった時は泣き寝入りする必要はない。逮捕されなければまた被害者が出た可能性高いし、泣き寝入りせず警察に通報してくれてよかった。

家まで意識がないまま連れていかれたとなると、最悪監禁されててもおかしくない事件ですよね。きちんとその後解放されたようですが、目覚めた時30キロ先の彼の家にいてどう思うんですかね。相当怖かったと思いますよ。まず解放されるのかどうか不安でたまらなかったと思う。

SNSで知り合った異性と直接会う事を怖い事とと認識する率は、昨今ではかなり低くなっている様子。世の中じゅうの男性が草食系だと勘違いして警戒心を持ち合わせていない若い女性も増えているな、と身近な人々を見ていて感じる。最終的に身を守れるのは自身の懸命な判断力。子育ての上で疎ましがられても、犯罪に巻き込まれる可能性を下げるために保護者は伝えなければならない事を伝え続けなければならないと思う。

強制わいせつ犯と強姦犯に聞いたアンケート調査の内容を見たが、被害者にも落ち度や責任があるから、犯人と被害者が知り合いだからとかそういう理由で被害者は警察に通報しないと思っていたと答えてた加害者が多かった。性犯罪者は被害者の泣き寝入りをあてに性犯罪をしている。この事件のような状況だと被害者も責められる事も多いから、泣き寝入りを期待しやすいのだろうね。被害に遭わないよう気をつけるに越した事はないが、もし被害に遭ってしまった時は泣き寝入りする必要はない。逮捕されなければまた被害者が出ただろうし、泣き寝入りせず警察に通報してくれてよかった。