×
事件

笹村翔がヤバイ!苫小牧市で男性に暴行で脳挫傷!全治3か月重傷で言語障害。恐喝で逮捕など余罪複数・顔画像

2021年8月に北海道苫小牧市の路上で、20代男性の顔を踏みつけるなど執拗な暴行を加え、全治3か月の重傷を負わせたとして、21歳の男が逮捕されましたが、その人物の凶悪犯行が明らかになり、多くの人の注目が集まっています。

数々の事件を起こしていた凶悪犯の正体とは。

苫小牧市で知り合った男性に暴行!言語障害残る大怪我

この事件は2021年8月13日(金)午後11時55分ごろにおきていたとされています。

現場となったのは北海道苫小牧市三光町の路上で、室蘭市内に住む男性(21)が顔面などを殴られ、倒れた際に頭を執拗に踏みつけるなどの暴行を加えられる事件が発生。

この暴行事件で、男性は脳挫傷など全治3ヵ月の大怪我を負い、傷が癒えた後も言語障害などが残るなど大きな障害を負いました。

傷害の疑いで2022年3月14日(月)に逮捕されたのは、当時北海道苫小牧市に住んでいた無職の男、笹村翔 容疑者(21)です。

人の一生を台無しにした凶悪犯の正体、犯行動機とは何だったのか?

スポンサーリンク


笹村翔、凶悪犯の犯行動機がヤバイ!出会って初日で犯行

逮捕された笹村容疑者は容疑を認めており、次のように供述をしています。

「俺がやったことに間違いない。男性の態度に腹が立った。」

2人に元々面識はなく、直前に共通の知人らを交えて知り合っており、共通の知人と遊んでいる最中で路上を歩いていた男性に笹村容疑者が、一方的に因縁をつけて犯行に及んだとされています

重傷を負った男性は、その後帰宅しましたが3日後の16日午後に、関係者が北海道警室蘭署に相談して事件が明らかとなり、被害届を出して捜査が行われていました。

逮捕が事件から7カ月後になった理由としては、事件直後から笹村容疑者の関与は浮上していたようですが、被害者男性の回復を待って事件の経緯を聞いていたためとしています。

 

笹村翔の顔画像や経歴、余罪は?根っからの犯罪者

笹村容疑者について顔画像は公開がされていませんが、SNSで同姓同名で年齢なども同じと思われる苫小牧の人物の情報が確認できています。

そちらでは顔画像なども判明していますが、本人との確証が得られていないため保留中。

また、余罪に関しては2021年10月に別の男性を脅迫して現金約20万円脅し取るなど、恐喝容疑で2度逮捕されており、札幌拘置支所に収容されていたことが明らかになっています。

その犯行は殺人未遂ともいえるべきものですが、犯人の不評を買いたくないためか、激甘判決を出すことが多い裁判官や弁護士など、短い罰則でまたすぐに出てきて新たな犠牲者待ちとなることに不安の声が出ています。

名前:笹村 翔
年齢:21歳
性別:男
職業:無職
住所:北海道苫小牧(現在、札幌市東区)
罪状:傷害(15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)
 
また、2021年10月にも事件を起こしており逮捕されています。

北海道苫小牧市で。建設作業員の男3人が会社員の男性から現金およそ90万円を脅し取ったほか、顔にタバコの火を押し付けてやけどなどを負わせたとして恐喝と強盗傷害の疑いで逮捕されました。

強盗傷害と恐喝の疑いで逮捕されたのは、苫小牧市の自称・建設作業員笹村翼(21)容疑者と、翼容疑者と双子の笹村翔(21)容疑者と知人の19歳の男です。  翼容疑者は2人と共謀して苫小牧市の会社員の男性(22)に消費者金融で借りさせた現金90万円を奪ったほか、顔にタバコの火を押し付けてやけどなどを負わせた疑いがもたれています。 また、翔容疑者と19歳の男は現金90万円のうち、20万円を脅しとった疑いがもたれています。

警察によりますと、翔容疑者と19歳の男は10月23日に飲み会で初めて男性と知り合いましたが、この翌日、男性に対し「金を払わなかっただろ」と呼び出し、車で苫小牧市内を連れまわし消費者金融で金を借りさせたということです。

警察の調べに対して翔容疑者と19歳の男は「脅して金を受け取った」「男性が降ろしてきた金を分けた」と容疑を認めていますが、翼容疑者は「わからない」と容疑を否認しているということです。 警察は翔容疑者と19歳の男も男性に対して暴行を加えてけがをさせたとみて調べています。

スポンサーリンク




あわや殺人未遂!苫小牧市、笹村翔の犯行現場はどこ?

事件がおきた現場は下記の地域であったようで、ここは小学校なども近くにある場所で、殺人もいとわない凶悪犯が街中を自由に闊歩している状況は非常に恐怖。

北海道苫小牧市三光町2丁目

 

笹村翔、反省の色ゼロの凶悪犯にネットの声は

 

高校から付き合う友人の質には気をつけたい感じ。健全さを保ちリスクを少しでも回避する為に勉学やスポーツなどの能力を磨こう。

恐喝で2度も逮捕されているのに野放しにしている警察と法律が問題。人的被害も出ているし3度目なので実刑の懲役刑にすればいい。

こういう人間は一生問題を起こし続ける。10年刑務所で過ごしても改善はしないだろう。被害者を増やさないためにも何とかならないものか。

殺人の未必の故意があったと言って良い事案だと思う。こういう危険な人間は社会復帰させるべきでない。他の罪なき人々に被害があってからでは遅い。

これは更生の見込みはないし、出てきたら必ず再犯するから終身刑で強制労働をさせるのがいいと思う。それくらいしないと犯罪はなくならない。

日本にもひどい人間がいるので、そういう人間を収容する「強制労働思想改造監獄」を作った方が良いかな?名前の響きが良くないなら、”労働を通して向上を図る研修所”でも良いかな。

こういう奴って強いとかじゃなくカッとなる度合いが異常なんだよ。周りはそこに異常性を感じて一目置くようになってへらへら怖いから逆に持ち上げだす。でも俺は言いたい頭を分析して普通の人とどこが違うか医者に相談すべき。絶対どこか劣ってるんだと思う。