MENU
事件

宮田明典の顔画像、下松市下谷の殺人未遂現場どこか特定!日本刀で妻の宮田富士子さんの背中を切る!酒飲んで暴走?

刃物による事件が多発していますが、1月10日(月)の夜、山口県下松市にある住宅で驚きの事件がおきていました。

住宅で女性が日本刀のようなもので背中を切りつけられ、大怪我を負うといった事件。

衝撃の事件で逮捕された容疑者の正体は。。

下松市下谷、妻を日本刀で切りつけ!殺人未遂

この事件は2022年1月10日(月)午後7時頃、山口県下松市の住宅でおきていました。

きっかけは「妻の背中に出血がある」と消防に通報があったことから。

現場に消防と警察がかけつけると、この家に住む宮田富士子さん(67)が背中を切られて血を流して倒れており、病院に搬送されましたが重傷。

警察は翌日の11日の朝、妻である富士子さんの背中を、日本刀のような物で切りつけて殺害しようとした疑いで、夫の宮田明典 容疑者(69)を逮捕したことを明らかにしました。

スポンサーリンク


妻殺害未遂の動機は何?酒に泥酔?

警察はこの事件で、夫の宮田明典 容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕していますが、次のように容疑を一部否認しています。

「殺すつもりはなかった」

明典容疑者は富士子さんと2人暮らしで、当時酒を飲んでいたとされており、警察で事件のいきさつを調べています。

 

下松市下谷、日本刀殺人未遂事件の現場はどこ?

事件がおきたのは下記の場所にある住宅であったようです。

山口県下松市下谷

スポンサーリンク




宮田明典 容疑者の顔画像や経歴は

名前:宮田 明典
年齢:69歳
性別:男
職業:不明
住所:山口県下松市下谷

▼罪状:殺人未遂
死刑または無期懲役、もしくは懲役5年以上

 

日本刀で切られた宮田富士子さんの情報は?

名前:宮田 富士子
年齢:67歳
性別:女性
職業:不明
住所:山口県下松市下谷
負傷:重症(背中に刃物による傷)

 

日本刀での妻殺害未遂事件にネットでの声は、、

最近刃物の事件が多いですが、日本刀は所持していること自体が驚きですね。

もはや「殺すつもりはなかった」は加害者の定番の供述だね。日本刀で切りつけたらどうなるかわかるだろ、命があることの方が珍しい。

日本刀で背中切りつけておいて殺すつもりはなかったって、何処をどう見たらそう思えると思うんだよ

日本刀で背中を切りつける、こんな男のはどこまで行っても治りません。この男は最低です、奥さんはかわいそうに大変な目にあいました。一日も早く別れて下さい。

お酒を飲んで暴れる酒乱なのでしょうね。迷惑極まりない。呑みだしたら止まらない。意味不明な妄想話をさも本当の話のように話すし…酒癖悪い人って本当に迷惑しかない。

何かあった時に 人を殺せる武器が家の中にあるってのは危険と思うのは普通の感覚。日本ではないが、何かあった時に身を守る為に銃を所持しているのと変わらない。愛好家だろうが何だろうが、武器は武器。命の危険以外に何かあった時に使ってしまうなら所持する資格は無い。

日本刀を持っていること自体が恐いというコメントも散見されますが,純粋に美術品や民芸品として刀を楽しむ方、居合道などを嗜まれて刀をお持ちの方、さまざまいらっしゃいます。そういった方に刀を見せて戴いたことがありますが、実際に手に取って見るとガラス越しの美術館等では見られない表情まで見えて非常に美しく、感嘆した覚えがあります。こういう事件があると愛刀家が誤解されてしまいますが、愛刀家=危ないヤツという見方は勘弁してあげて下さい。

×