事件

伊藤一、児童に馬乗り暴行!大田市立大田小学校の教諭が傷害で逮捕。学校どこか判明で会見の様子、犯行動機何?全治1週間の怪我

島根県大田市で、教師が自分の勤務する公立小学校で、10代の男子児童に馬乗りになり暴行を加えたとして、小学校の男性教諭(57)が傷害の疑いで逮捕されたことに注目が集まっています。

近年、教師をはじめとして公務員による事件が多く明るみになって問題視されている中で起きた事件、なぜこのような事件がおきたのか?

大田市立大田小学校の教師が男子児童に馬乗り暴行

この事件は、2021年11月11日(木)の午後1時から午後1時25分までの間におきていたとされています。

島根県大田市にある公立学校「大田市立大田小学校」で、10代少年に馬乗りになっで暴行を加え、全治1週間程度の打撲などの負傷を負わせたとして、小学校の教諭である伊藤一 容疑者(57)が傷害の疑いで逮捕されました。

伊藤容疑者は児童に対し、足払いをして仰向けに倒したあと馬乗りになり、生徒の両肩の上に座るなど暴行を加え、右腕打撲など全治約1週間の怪我をさせた疑いがもたれています。

小学校の現役教師による暴行事件はなぜおきたのか?

スポンサーリンク


小学校教諭による暴行事件がおきた原因は何?

この事件に対して伊藤容疑者は「私がやったことに間違いありません。」と容疑を認めています。

暴行の動機について伊藤容疑者は、当時昼休み中に被害の児童に対して、靴の脱ぎ方について注意した際、物を投げるなどの反抗があったため、頭に血が上りカッとなって犯行に及んだとされています。

犯行後に児童の保護者が警察を訪れて「子どもが学校で先生から暴行を受けた」と相談し、被害を訴えたため事件が発覚して逮捕となっています。

また、この事件に大田市の教育委員会は11月17日(水)の午後8時半から会見を開いて、詳しく説明をするとしています。

 

暴行事件の大田市立大田小学校はどこ?

事件がおきた小学校は下記の場所にある学校です。

大田市立大田小学校
島根県大田市大田町大田イ590

スポンサーリンク




伊藤一 容疑者の顔画像や経歴は?どんな先生?

逮捕された伊藤容疑者に関して顔画像などは出ておらず、判明しているのは下記の情報。

名前:伊藤 一
年齢:51歳
性別:男
職業:教師
学校:大田市立大田小学校
住所:島根県太田市大田町大田

▼罪状:傷害
15年以下の懲役又は50万円以下の罰金

今回の対応は教師として指導の域を超えてやりすぎの行為ですが、近年は教師が手を出せない(注意しづらい)のを逆手にとっての問題行動を起こす人物も増えているとされています。

また、それと同時にモンスタークレーマーの親なども増加しており、教師になりたいと希望する人員も減っているのが現状。

教師は部活の顧問などによる強制的なサービス残業など、ブラックで過酷な環境にあることも多く、こうした問題には何かしらの罰則を与えられるようにするべきではといった意見も出ています。

 

教師による暴行事件発覚にネットの声は

生徒の履き物かなにかの履き方を注意したところ、生徒が物を投げてきたそうです。もちろん暴力はダメですが、生徒にも問題があったんじゃないんでしょうか。

馬乗りになり、生徒の両肩の上に座るのは流石にやり過ぎ。これは本物の体罰。ただ注意されて物を投げたりする反抗をしてくる児童もいるんで、対処法として厳しめに行くやり方をある程度容認させるようにはしないといけないと思う。

年齢と共に脳が老化して自制が効かない人もいるそうですが生徒に馬乗りは暴行です。ただ、最近は生徒が守られて教諭が暴力を振るわれることがある。教諭が泣き寝入りしない対応をされるべきです。

先日、息子の学校で起きたのが、支援学級の子を廊下に出して「やんのかおい」と怒鳴りつけたと息子から聞いて、その怒鳴り声に恐怖を感じ、息子が怖いと、、、。学校に真意を聞いたら、その子に合った教育をしたと、、、。どんな教育の仕方なんだ。

小学校に勤務しています。今時の子供は大人が手を出さないことをよく理解した上で好き勝手し、自分だけならまだしもクラスの学習進行の足かせになっています。虐待禁止、人権尊重も結構ですがあまりにもひどい悪影響をもたらすものはたとえ子供でも「反社会的」と言わざるをえません。その為に学習の機会を損なわれる多数の普通の子供達の人権はどうなるのでしょうか?

本当の意味で教育のできてない家庭が多く、社会性と協調性、勉強を教える場である学校に躾まで丸投げしてる昨今。教師の側もゆとり世代が若手~中堅教師になりネット世代の児童とどう関わっていいか判らないままストレスを抱えるので色々な問題を起こしやすい背景となっているんだよ。連日のように教師の犯罪が報じられてるしね。真面目に頑張ってきた教師にはかわいそうな時代だよ。

手は出せないから大きな声で怒鳴って威圧的態度で叱る教師っている。怒りはあるのだろうけれど関係のない子にまでその声は聞こえている…それは無関係の人にとっては不快で迷惑な行為。何度注意しても言うことを聞かない子っている。教師はストレスたまるだろうけれど親の言うことも聞かないだろうから何言ってもその子自身が気づいて改めない限り無理だろうね…結局、体罰でその子自身が分かることも何もない。体罰は悪いこと。でも経緯を考えると…わがままな子供に育ててはいけないと身に染みる。

小学校教員です。おそらくもちろん教員も力不足だったのでしょうが、、、昨年度授業を行っていた学年はかなりひどい学年で、最初の方の授業では机に足を乗せて、私に中指を立て「先生、爪が痛いでんです。」とニヤけながら言っていましたw授業中に携帯で私を撮りながら(気づいていないと思って)友達とくすくす笑ってもいました。幸い私はベテランで今ではかなり上手に叱る事ができますので無事になんとかやって来ましたが、その学年で授業をして欲しいと告げられた時は「給料上げてくれませんか?」と半分本気で答えました。もう20年以上教員をしており、様々な学校を回りましたがこのような学年を抱えた学校の割合の方が多かったです。新任1〜2年でこのような学年を持たなければいけないとなると、本事件の様になってしまうのもわかる気持ちが強いです。この先生は一部ではありません。留年制度を早く導入すべきです。

~こちらも読まれています~
×