事件

川原智弥の顔画像、伊万里市の殺人未遂どこか現場特定!犯行動機は不倫?乗用車のボンネットに乗せて発進事件相次ぐ理由は

8月21日(土)の深夜、佐賀県伊万里市で男性を車のボンネットに乗せたまま走行させ、殺害しようとする殺人未遂事件がおきていました。

こうした事件は近年多発しており、またかといった声が多く聞かれるようになってきた事件。

今回の事件は当時どのような状況にあったのか?

伊万里市の公園駐車場で深夜の殺人未遂事件

この事件がおきたのは、2021年8月21日(土)の午後11時過ぎのこと。

佐賀県伊万里市山代町にある公園の駐車場で、乗っていた軽乗用車の発進を引き留めようとした男性に対して、車で押しやったうえ男性をボンネットに乗せたままおよそ1km走行させて、殺害しようとした事件がおきていました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、伊万里市に住む川原智弥 容疑者(25)で、男性を車で殺害しようとした疑いがもたれています。

当時被害にあった男性と一緒にいた知人男性が「友人がフロントガラスにへばりついたまま車が発進して逃走した」と110番したことから事件は明らかになっており。

犯人は車を停車した後に逃走をしていましたが、何故このような愚行をおかしたのか?

スポンサーリンク


殺人未遂の動機は不倫?川原智弥のいいわけがヤバイ

殺害されそうになった男性は当時男性の家族名義になっている車に、運転席に川原容疑者、助手席に男性の妻が乗っていることを不審に思って声をかけたとされています。

すると突然車が急発進させようとしたため、男性が車の前に立ちふさがったところ、車で押しやって男性をそのままボンネットに乗せて1kmにわたって暴走行為を繰り返し、その後に車を停車させて徒歩で逃げていました。

男性は車が止まった時に飛び降りて、命に別状はありませんでしたが、両足に軽い怪我をしています。

 
この一連の事件で逮捕後に容疑者は、下記のようにわけのわからない主張をしています。

「殺すつもりはありませんでした」

すでにこうした事件のお決まりの言葉となっていますが、殺意がなければとてもできない行動であるため、虚偽であることは明らか、状況から考えるに不倫がばれたので逃走をした、といったことが理由の可能性が一番高そうです。

スポンサーリンク




伊万里市、深夜の殺人未遂事件の現場はどこ?

この事件がおきたのは、下記の場所にある「楠久津公園」の駐車場であったようです。

ただ、公園の敷地内にある駐車場に見えますが、近くには住宅もあるため通常の駐車場として使われている可能性も考えられます。

楠久津公園
佐賀県伊万里市山代町楠久津141−1

スポンサーリンク




川原智弥 容疑者の顔画像や経歴、前科は?

川原容疑者の顔画像については現時点では公開がされていません。SNSなどで情報を調べた際に同姓同名で年齢や地域などが同じ人物の情報が確認されていますが、こちらが本人のものであるかの確証はまだ取れていないため検索結果のみ。

名前:川原 智弥(かわはら ともや)
年齢:25歳
性別:男
職業:会社員(自称)
職場:不明
住所:佐賀県伊万里市二里町八谷搦

▼罪状:殺人未遂
死刑または無期もしくは5年以上の懲役

-事件概要-
・被害男性とその知人が男性の妻と知らない男(容疑者)が乗った車を見つける
・深夜のその状況に不審に思い声をかける
・車が急発進しようとしたので男性が止めようとする
・川原容疑者がそのまま車を発進させ1kmにわたり暴走
・川原容疑者は車を停車させてその場から徒歩で逃走

スポンサーリンク




車のボンネットに乗せて走行事件多発にネットの声は?

不倫の現場を目撃され逃げるのに精一杯だったのか?助手席にいた女も逮捕されてもいいのにね。

最近、よく聞く事件だけど、その後どのような判決が出たのかまで詳しく知りたい。

過去の判例でボンネットに知人を乗せたまま時速56kmで2km走った人は殺人未遂で懲役3年の実刑判決。今回の場合、走った距離は1kmで問題ないが、車から落ちたら死ぬ速度だったのかが問題となる。落ちたら死ぬ速度なら殺人未遂罪が成立し、実刑判決。

不倫、逃走、殺人未遂で世に名前晒されてもう社会復帰は難しいね。どこまでも馬鹿な男には困る。損害賠償もビックリするくらいの額になると思うが首洗って待ってるんだな。

不倫発覚からの殺人未遂。妻も同罪じゃないのか?とにかく、離婚と高額慰謝料は間違いない。不倫している奴の思考は余りにも短絡的過ぎる。不倫して家族裏切って、バレたら殺す。不倫は刑事罰にすべきでは?

不倫現場に突撃されたからビビったんだな…慰謝料は桁違いで請求しなくちゃ。もし不倫だったならだけど、こんな男に惹かれるような人を選んじゃったんだって気付けたのは、不幸中の幸いかもしれない。

結局、よくありそうなパターンか・・。ケガした男性の妻と車を運転した男、おそらく一緒に居た理由を聞かれれば、「相談に乗ってもらっていた」などと答えるのだろう・・。ケガした男性もかわいそうだ・・。

車に人乗せて1km暴走とか明らかに殺意あるけど、、たとえ時速10kmでも急ブレーキで落下したりその後にひかれたり頭撃ったら普通に死ぬことはある。時速10kmが遅いと思っているようだけど、実際のところ急ブレーキした際の衝撃は10Kmでも結構ある。こうした事件でその後に殺意はなかったとかで有耶無耶になったりしてるようだけど、実際にボンネットに乗せて走行したの事実なのだから、例え示談などで罪に問われなくてもその行為は変わらない。

~こちらも読まれています~
×