事件

庄原市西城町大佐、事故現場判明!事故で80代夫婦殺害の18歳少年名前や顔画像・経歴は?無免許・飲酒・車検切れなど違法数々

2月7日(日)の夕方、広島県で80代の夫婦が暴走車に巻き込まれ、死亡した車両事故。

この事件を引き起こした18歳の少年が2月10日(水)に、自動車運転処罰法違反(無免許過失致死)・道交法違反(酒酔い運転)・道路運送車両法違反などの疑いで逮捕されたことが明らかになり、大きな注目を集めています。

稀に見る非常に悪質な事件は、当時何がおきていたのか?

スポンサーリンク

庄原市西城町大佐、80代夫婦が事故に巻き込まれ死亡

この事件(事故)が起きたの、2021年2月7日(日)午後4時5分ごろのこととされています。

動車運転処罰法違反(無免許過失致死)と道交法違反(酒酔い運転)、道路運送車両法違反の疑いで逮捕されたのは、三次市に住む無職の少年(18)

容疑者は、庄原市西城町大佐の国道183号線で、酒を大量に飲みアルコールの影響によって正常な運転ができない状態で乗用車を運転し、対向車線を走っていた軽乗用車に衝突させ、軽乗用車に乗っていた80代の夫婦2人を死亡させた疑いがもたれています。

また、容疑者は運転していた自動車は検査証の交付を受けておらず(車検切れ)、無免許で乗用車を運転していました。
※容疑者は軽傷で、同乗していた別の少年も軽傷

スポンサーリンク


80代夫婦死亡の事故、発生経緯と容疑者の犯行動機は?

今回の事故で亡くなられたのは、岡田 和歌子さん(80)と同乗していた夫の岡田 重紀さん(85)の2人。

事故を起こしたのは、18歳の少年ら2人で、事件に下記のように述べています。

「車は兄から譲り受けた」「酒酔いと無免許、無車検だったのは間違いない。車にぶつかったのは覚えている」

犯行内容としては認めているものの、反省した様子は一切なさそうです。

事件当時、運転をしていた少年の呼気からは、基準値の3倍以上のアルコールが検出されており、乗っていた乗用車は少年の兄名義で、2020年11月に車検が切れていたもの。

また、この犯行内容からは、これまでにも数々の違反行為を日常的に行っていた可能性が非常に高く、その犯行は非常に悪質性が高いものです。

スポンサーリンク




老夫婦の命が奪われた事件の現場はどこ?

事故が起きた場所は、下記の場所である可能性が高そうです。現場は山間部を通る道のため、スピードを出すような場所ではないですが、事故後の車の惨状を見るにかなりのスピードを出していたのではないかと思われます。

広島県庄原市西城町大佐

スポンサーリンク




事件をおこした少年2人の正体は?

今回の事件を起こした容疑者らについて、未成年ということでまたもや情報が秘匿されています。

18歳で高校生ではないということは、こうした犯行を日々続けて遊んでいたのでしょうか。

名前:不明
年齢:18歳
性別:男
職業:無職
住所:三次市

▼罪状:自動車運転処罰法違反(無免許過失致死)・道交法違反(酒酔い運転)・道路運送車両法違反
10年以下の懲役
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金

 
また、同乗者の少年も飲酒運転を知りつつの同乗などのため、処罰がされます。

スポンサーリンク




悪質な事件にネットでも怒りの声が噴出

車検切れの車を無免許で飲酒運転して死亡事故、
これは悪質極まりない。いくら少年だからといって軽い刑罰ではダメだ。
18歳はもう良いことと悪いことの区別がつく。

これは悪質過ぎる。コイつは絶対に一生、免許を取得できないようにし、
25年以上はブチ込んで反省させなければならない。
あと親も連座制で賠償を強制させなければならないと思う。

これかなりヤバいね!相手方の夫婦死亡、未成年で飲酒、飲酒運転、
無免許、車検切れ…事故を起こした18歳の少年は容疑を認めているが、
かなり最低最悪レベルの交通事故に匹敵するくらいとんでもない事件です。

いい加減、広島県警察は日中も飲酒運転の取り締まりを行うべきです!
日中、取り締まりをしないと思っている常習者はたくさん存在するはず。
その証拠に、事故を起こしてから飲酒運転が発覚する例が日中にたくさん起きている!

無免許を過失と位置付けではならない。故意にやっている事が
何故過失になるのか疑問でしかない。若いとか未成年とか関係ない。
車を提供した兄も許されん。こんな輩最高刑で罰して欲しい。

ちょっと悪質な事故ですね。歳も16歳以上なら少年法適用以前に、
悪質過ぎる内容だったら一般的な刑期が適用される可能性がある。
それでも最長25年の刑期か。被害者遺族は納得する訳ないな。

~こちらも読まれています~
×