MENU
事件関連の情報

井上浩一の顔画像特定!あきる野市立増戸小学校教師、児童の持ち物を隠し落書き!余罪は100件超?動機がヤバイ、、

東京都あきる野市にある小学校で、勤務していた教師が児童らの持ち物を隠し、落書きをしたとして逮捕されていたことが判明しました。

繰り返されていた悪質行為は100件を超える可能性があるとされ、続く教師の不祥事に大きな波紋を呼んでいます。。

なぜそのような行為を行ったのか?

スポンサーリンク

あきる野市の市立小学校教師が逮捕される!

この事件が起きていたのは、2019年5月頃からのこととされています。

器物破損の容疑で逮捕されたのは、東京都にあるあきる野市立増戸小学校教師の男、井上浩一 容疑者(38)で、2019年5月から6月ごろ、増戸小学校の児童3人の上履きを隠して使用できなくした疑いが持たれています。

防犯カメラの映像や、他の教諭への聞き取りなどから今回の事態が判明し、逮捕となりました。

教師という職にありながらの悪質な犯行、その動機はなんだったのか?

スポンサーリンク


犯行動機がヤバイ!井上容疑者の異常な行動

今回、器物損壊の容疑で逮捕された井上容疑者は9月、別の児童の防災ずきんや文房具に「しね」「きしょいよ きみ」などと落書きしたとして、すでに逮捕されていました。

その事件で警視庁が井上容疑者のロッカーを調べたところ、児童の上履きが見つかったとされています。

警視庁には今回の事件に関連するかは不明なものの同様の犯行として「3年ほど前から落書きや児童の物がなくなることが100件くらいある」といった情報が寄せられていたようで、そうした場合100件近くの犯行(余罪)が行われていた可能性があります。

 
犯行動機については、「他の教員があまり仕事をしないので不満があり、憂さ晴らしで落書きした」と供述していますが、上履きを隠したことについては「心当たりがない」と容疑を否認しているようですが、それだとロッカーから出てきたことと整合性が合わず、虚偽である可能性は高いと思われます。

スポンサーリンク




井上浩一の勤務はいつから?過去の勤務先はどこ?

井上容疑者は15年前から都内の私立小4校(どこの学校かまでは不明)で勤務していたようです。

今回の事件の舞台となった増戸小には2017年4月に赴任して、今年9月23日に学校関係者から「3年前から落書きや紛失被害が100件ある」との情報提供があったことから、警察が校内に設置した防犯カメラなどから井上容疑者が浮上し逮捕につながったようです。

また、当時井上容疑者は人目につかない午前5時台という早朝に出勤していたとされており、3年という時期もほぼ合っており、人目を盗んでの犯行を赴任当初から繰り返していた可能性が高そうです。

なお、井上容疑者が担任を勤めるクラスは今回のこれらの被害に遭っていなかったとされています。

 
あきる野市立増戸小学校

スポンサーリンク




井上浩一 容疑者の顔画像や情報は?


名前:井上 浩一(いのうえ こういち)
年齢:38歳
職業:教師
職場:あきる野市立増戸小学校
住所:東京都日野市程久保8丁目

▼罪状:器物破損
3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

なお、今回の件に関して、学校側の処分(懲戒免職など)は公表されていません。

スポンサーリンク




あきる野市と市立増戸小学校の校長がコメント

「あきる野市立増戸小学校 教諭 井上浩一の逮捕について」として、あきる野市から以下のコメントがでていました。

1 私市豊教育長より

あきる野市立増戸小学校 6年担任 井上浩一教諭が、児童の持ち物に対する器物損壊容疑によって9月26日に逮捕、10月15日に再逮捕されたことにつきましては、心からお詫び申し上げます。

同小学校では、児童の持ち物が落書きされたり、上履きが紛失したりする案件が起きておりましたが、教員が行ったものであるとは確定できていない中での今回の逮捕となったところであります。

詳細な事実関係につきましては、警察が捜査中であるため、教育委員会も学校も確認ができておりません。

子どもの心を傷つける行為は、教員としてあってはならないことであります。子どもたちの心のケアを第一に考え、教員やカウンセラーなどが丁寧に子どもに対応してまいります。

教育委員会としましては、逮捕されたという事実を重く受け止め、厳正な対処を行ってまいります。

2 増戸小学校・永曽久美子学校長より

この度は、本校の教員が、教員として、大人として、決してしてはならないことをいたしまして本当に申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。

当該教員は授業力も高く、校務分掌を任せても的確に仕事をこなしていた教員でした。

これまで、子どもたちの楽しい学校生活を守るために持ち物への被害をなくそうと、学校を挙げて対策を講じて参りましたので、内部の教員が逮捕されたことについて、本当に残念でなりません。

教員の逮捕は、教員を信じて頼りにしてくれている子どもたちにとって、大人が考える以上にショックなできごとです。

現在、スクールカウンセラーとあきる野市の心理士による対策チームの力を借りて、子どもたち全員にアンケートを実施したり、カウンセリングを行ったりして、全力で心のケアを行っているところです。

現在、学校としましては、子どもたちがこれからも明るく元気に学校生活をおくれるようにすること、また、楽しみにしている運動会で子どもたちが最大限の力を発揮できるようにすることを何よりも考えております。

新型コロナ感染症拡大防止のために、さまざまな行事を我慢してきた子どもたちにとって、久しぶりにのびのびと全校で活動できる機会です。

子どもたちの普通の学校生活、普通の楽しみを守ることが、今の私たちにできることと考え、全力で子どもたちを守って参ります。

今回の件を決してむだにすることなく、よりよい学校を目指し、児童が本校に誇りをもって通えるようにしていく所存です。

誠に勝手とは存じますが、報道関係の皆様には、児童の健やかな成長と穏やかな日常生活のために、御理解と御配慮、御協力を切にお願い申し上げます。

スポンサーリンク

犯人逮捕も残る学校への課題と問題

他の教員への憂さ晴らしを、児童の持ち物に行う理由がわからない。強いものに刃向かえないから、弱いものをターゲットにする。
これ、完全にいじめと同じ構図だよね?いじめについて指導するのが先生だよね?いや、この男は先生じゃないな。

この先生もいろいろあったんだろう。でもそれを子どもに向けるのは間違ってる。
あと、子ども同士のいじめで物を隠したり、壊したりする子どもたちにも何か処罰あればいいのに。

懲戒免職になった教師が3年後には免許を再取得可能っておかしすぎる。
懲戒免職になるような奴は教師の資格無し。2度と教師にしてはいけない。

教師以前に人として問題ありすぎ。怪物親や生徒の暴力等、教育現場の苦労も多いだろうが社会通念やバランス感覚の欠如著しい教師を、私も何人も見てきた。
社会経験や子育て経験のない新卒者をそのまま教育現場に送る前に一般企業や福祉現場等で社会人研修の必要があると思う。

信じられない。教員だって1人の人間だし、ストレスも溜まるだろうけどなぜ子どもにストレスを向ける?
上履き隠された子どもや落書きされた子どもがどれだけ悲しい思いしたか。

この教師は逮捕されるような事をした最悪最低の人間なのはわかりきってるけど、同じことを子供がしたら罪に問われずただのいじめになるのもおかしな話。
学校でも家庭でもいじめをしてる子供たちに逮捕されるような事をしてるんだとしっかり教育して欲しい。

~こちらも読まれています~
×