事件

流山市江戸川台東3丁目、殺人現場どこか判明?母と姉殺害の男誰で名前や顔画像は。刃物持ち逃走後に江戸川台交番へ出頭

12月31日、2020年最後の日に悲しい事件がおきていました。

母親と姉を包丁で刺したとして、千葉県流山市の30代の男が逮捕されました。

1年最後の日に、家族に何がおきていたのか?

スポンサーリンク

千葉県流山市の住宅で殺人事件が発生!

この事件がおきていたのは、2020年12月31日(木)の午後8時35分ごろのこととされています。

千葉県流山市にある住宅から「救急車お願いします」と110番があり、駆け付けた警察により70代と40代とみられる女性2人が刺されているのが発見されました。

2人はすぐに病院に搬送されるも、搬送先の病院で死亡が確認されています。

2人を殺害したのは、その家に住む30代の男であるとされていますが、警察が通報により到着した際には現場からは消えていましたが、その後に午後11時ごろになって、「この包丁で母と姉を刺した」と交番に出頭してきたため、その場で現行犯逮捕となりました。

※殺人犯逃走の一報はその間流れず。

スポンサーリンク


家庭内の殺人事件、何が動機?

当時、男は両親と祖母の4人暮らしをしており、刺された姉は別居しており帰省をしていたようです。

逮捕された際、男も首や手首に切り傷があり重傷で、現在も入院中となっています。

犯行動機については、現状では明らかにされていませんが、別の部屋にいて無傷の父親から話を聞くなど殺人事件として捜査がされています。

ただ、祖母と父親は無傷であるといったことから、無差別殺人ではなく、母親と姉に強い恨みを持っての犯行であった可能性があります。

スポンサーリンク




流山市、殺人事件の現場住宅どこ?江戸川台交番

今回の事件、流山市江戸川台東3丁目の住宅で発生をしており、犯人は刃物を持って逃走後に、そこから近くにある交番に出頭をしてきています。

スポンサーリンク




母姉殺害の男の名前や顔画像は?

殺人事件を起こした人物ですが、名前や詳しい年齢などは出ておらず不明となっています。

すでに逮捕もされており、人物は特定されていますが、公開されない理由や、殺人事件を起こしてから凶器を持った犯人が逃走をしていた中、注意喚起も行われていなかった背景には、「無罪」(精神的なもの)と考える何かがあるのかは不明です。

名前:不明
年齢:30代
性別:男
職業:不明
住所:千葉県流山市

▼罪状:殺人の容疑?
※現時点では罪状確定せず

スポンサーリンク




年の瀬に起きた悲しい事件にネットの声は

何かトラブルはあったとしても刺すことはないのに。自制心があれば良かったのだが。

年末年始とかお盆て、独立出来ない、上手くいっていない人間にとっては試練だよね。

年は越せない、今年中に片付けたい何かがあったのか?!誰一人、幸せになれない結末。

お姉ちゃんも、実家に帰省してきて殺されるとは…。
弟が無職ないし仕事が不安定なところ、それを指弾されて逆上した可能性もあるね。

家族みんなが大人の家庭ってそんなにケンカしない。仲が悪ければ関わらないようにするし。
ケンカするとしたらだいたい金の問題。もちろん誰かが働いてないとか、も。

祖母と父親には手を出していないことから、無差別に刺したわけでなく、母親と姉にだけ何かよほどの恨みでもあったのでしょうか。
これから解明されるのでしょうが、何かほかに解決策はなかったのかと、被害に遭われた方のお気持ちを思うと悔やまれます。
お二人のご冥福をお祈りいたします。

~こちらも読まれています~
×