事件関連の情報

みなとのもり公園50人大乱闘、主犯の19歳内装工少年は誰?名前や顔画像は?タイマン恐れ40人の集団暴行で全治6カ月負わす【40対10】

2020年8月に神戸市内の公園でおきた、若者ら約50人による乱闘事件についての行動が注目を集めています。

この事件は、SNSの書き込みを巡ってトラブルとなりそこから50人規模の大乱闘となり、全治6ヶ月となる負傷者や数人の逮捕者が出る事態にまで発展。

事件はどういったいきさつだったのか。

スポンサーリンク

みなとのもり公園で50人規模の大乱闘が発生

この事件がおきたのは、2020年8月23日(日)の午前1時半すぎのこととされており、事件の現場は神戸市中央区にある「みなとのもり公園」。

当時、神戸市内の遊び仲間らの約40人のグループと、大阪府内に住む大学生の同級生ら約10人のグループが対峙し乱闘事件に発展。

双方が殴る蹴るの末、10人グループ側の男子大学生(19)が眼窩(がんか)底骨折の重傷、知人の少年2人も軽傷を負い、これらの怪我は最大で全治6ヶ月に。

この事件で3人に対する傷害容疑で17~20歳の内装工やとび職、高校生ら男8人が逮捕されています。

スポンサーリンク


動機はSNSを巡るトラブル

大乱闘となったこの事件、乱闘にまで発展した経緯は以下のようなものだったようです。

・重傷を負った大学生の知人の男女(ともに19歳)が交際1カ月を祝う動画を生配信。

・視聴者の女性(19)が「あなたの彼氏、幼いね」と投稿。

・知り合いだと勘違いした配信者の男性が不快に感じ「殺すぞ」と返信。

・投稿した女性が謝罪のメッセージを送って収まる。

・3日後にこの女性がインスタ上でのやりとりを、知人の少年に伝える。

・少年が「俺が謝らせたる」と立腹、配信者の男性にLINEで連絡を取り、公園に呼び出す。

・呼び出したものの一人での対峙に恐怖し、LINEを通じて仲間に呼びかける。

・公園での乱闘

スポンサーリンク




一人では何もできない集団による暴走行為か

今回の件、非常に多くの人数が集まっての乱闘騒ぎとなったその背景には、一人では何もできない群れたがる心理があったようです。

負傷をしたのは10人グループのほうだけで、40人グループの方には負傷者が出たといった情報は出ておらず(かすり傷などはあった可能性はあり)、人数差からみても一方的な暴行であったことは容易に想像ができます。

逮捕容疑は「傷害」となっていますが、複数人数で、また最大で全治6ヶ月といった怪我を負わすといったことは常軌を逸しており、「未必の殺意」といった考えがあったと思われます。

ただ、逮捕された人物らは17歳~20歳まで未成年が多い状況のようで、逮捕後に有罪となっても短期間でまた出てきて同様の行為を繰り返す可能性が高いです。

集団での殺人に至る行為もいとわない人物が複数、野に放たれる状況であり大変危険です。

スポンサーリンク




乱闘事件の現場「みなとのもり公園」

三ノ宮駅からほど近くにある大きな公園で、敷地内のほとんどを占める芝生のグラウンドが特徴で、定期的にイベントなども開催される場所です。

スポンサーリンク




傷害で逮捕の犯人はだれ?名前や顔画像は?

▼罪状:傷害

今回の事件で逮捕されたのは17~20歳の内装工やとび職、高校生らの男8人。

この中で主犯と呼べる人物は、SNS上でのトラブルの元となった書き込みをした女性の知人である内装工の少年(19)であると思われますが、今回の事件の犯人達の名前や顔画像などの具体的な情報は公開されていません。

これは、ほとんどが未成年であるためと思われますが、殺人などの非常に悪質な事件を起こしても公開されることなく、被害者ではなく加害者を全力で保護する制度に疑問の声は、こうした事件がおこる度に上がっていますが、改善される傾向はありません。

犯罪の低年齢化が進んでいる中、早急な対応が必要と思われます。

スポンサーリンク

大乱闘事件を受けてネットの反応は

威勢がいいのは若気の至りでいいんだけど、タイマンでは無く仲間を集めるのがショボいな。

くだらない事で喧嘩するのも、タイマンも張れず仲間を呼ぶのも情け無いと思うべし。ただ一つ、道具を使っていないならまだ救いはある。

こういう力を違う方向に使えばいいのにね。リーダー格の人が集合かければ皆集まる。
色々な活動が出来そうだが・・・でも悪い方向に行ってしまうんだろうな。

今回は両者が己の意志の元決闘してるからいいと思う。でもそれで貴重な医療資源も無駄にしている。
いつもとび職塗装工無色がいるのはなぜなのかと思う。いつも思うが、一部のまともなとび職が本当にかわいそうと思う。俺なんかは、そう思てる。

19、20にもなってこれか・・・だから幼いって言われるのでしょう。
少年法の年齢引き下げが実現したら、もう少し賢くならないと人生を棒に振ることになる。学校教育では限界なのだろうか?

SNSの問題もあるだろうが、集団同士で暴力をふるうと云うのは、それぞれ愚かすぎる。
社会から抹殺されても文句は云えない輩なので、厳罰を望む。退学、解雇は当然だろう。実名報道でも構わないんじゃないかな。

~こちらも読まれています~
×