事件関連の情報

野口麻美さん殺害犯は誰?画像などがインスタから判明か。美人パティシエ殺人の動機がヤバイ、、

また、悲しい事件が起きてしまいました。

8月30日の午前、東京都中野区にあるマンションの一室で、住人の野口麻美さん(38)が背中を刺されて倒れているのを、訪ねてきた弟が発見。

同日、元交際相手の30代の男が同区内でマンションから飛び降りて死亡しているのが発見されました。

野口麻美さん、美人パティシエ殺害犯の高橋宏征、画像や情報は?事件時の異常犯行が明らかに、、ようやく多少暑さが陰る8月も終わりに、異常な事件が立て続けに起こっています。 2020年8月30日に東京都中野区で野口麻美さん(3...

スポンサーリンク


東京、中野区のマンションで殺人事件!

この事件が発覚したのは2020年8月30日(日)の午前10時頃のこと。

東京都中野区白鷺2丁目にあるマンションの一室で、住人の野口麻美さん(38)が背中を刺された状態で、血を流して倒れているのを弟が発見し、その通報により駆け付けた救急隊によりその場で死亡が確認されました。

野口さんが発見される3時間ほど前に、野口さんの元交際相手が中野区内のマンションから飛び降りて死亡しているのが発見されており、またレンタカーに刃物が見つかっていることなどから元交際相手の男が野口さんを殺害したとして捜査が行われています。

※事件当日、元交際相手の男が野口さんのマンションを午前3時半ごろに訪れ、およそ30分後の午前4時ごろに出ていく姿が防犯カメラに映されていたことが判明。

このことから、犯行時刻は8月30日(日)の午前3時半~午前4時までの間と思われます。

スポンサーリンク

野口さん殺害犯、元交際相手の男は誰?事前に遺書?

今回の殺人事件を起こしたとされる人物、野口さんの元交際相手の男であるとされています。

すでに容疑者死亡の状態ですが、野口さんを殺害して自分も自殺を行っていますが、その殺害方法などから強い恨みが感じられます。

また、容疑者の男に関しては、事件の前にSNS(Instagram)に今回の件についての遺書?のようなものを残していたことが判明しています。

野口さんはパティシエの店主として働いており、元交際相手も同じように洋菓子店の店主をしていたようで、これらの情報から、犯人は洋菓子店「iro」の店主であると思われます。

下記がInstagramに投稿されていたとされるものです。

閉店のお知らせ。 本日を持ちましてイロは店主の都合により閉店致します。 色々ありましたが、ここまで、応援、支えてくださった人達には何と感謝を申し上げたらいいか。
私が元交際相手野口麻美から多大なる嫌がらせを受け、後藤シェフのお店に入り込み、そこから名前を利用して様々な影響をもたらしてくれました。吸いたくもないタバコをこれでもかと吸い続け限界でした。
僕はどうしようもない憤りから彼女を許すことができず、大好きな後藤シェフのお店へ行けなくなったことが大きいと思います。ぼくらパティシエの日常なんてとてもちっぽけで、ちょっとした楽しみを奪われたりするだけで生活が息苦しさでいっぱいでこの1年間本当に悩み、もがき、眠れない日々でした。
他の方へご迷惑をかけずに終われただけでも今はほっとしています。 恨まれるようなことをする人へしてしまった人へ、それはどこかしらに必ず自分自身から影響していきます。
なので、絶対に先に謝る、誤解をとくことわお勧めします。 恨んでいる方へ、 絶対にすっきりすると思って死ねると思いましたが、振り返るとなんだかこんなことでと気持ちがなってしまいました。
許すとゆうことをうまくできるように私達は生きていかなければならないのですね。 皆さんに最後にありがとうとだけ言わせてください。
人好きな自分が人に犯されて死ぬのはどうしようもないことですが、人生に悔いはないです。その上での決断です。ありがとう。本当にありがとう。 平尾に帰りたかったなー。

※Instagramからは削除?

野口さん殺害の動機は何?

野口さんは2019年5月に当時交際していた男(今回の容疑者と思われる)から暴力を振るわれたと警察に相談していたことがわかっています。

警察は交際相手に対して、野口さんに近づかないよう口頭で注意し、2019年8月に傷害容疑で書類送検していますが、2019年11月にも「勤務先の洋菓子店に来店した」と野口さんから相談があり、再び男に口頭で注意をしていました。

その後に、異常がないかを毎月野口さんに確認を続けていたようですが、2020年4月下旬に野口さん本人からの申告により対応を打ち切っていたようです。

 
今回の犯行動機として、遺書ともとれる最後の投稿内容からすると、色々な恨みの積み重ねの上といった感じの内容ですが、野口さんのお店のオーナーシェフであった「後藤シェフ」に会えなくなったこと一番の動機となった可能性があります。

ただ、その中身は矛盾している内容もあり、人を殺害するといった異常な精神状態で書かれたものであるため、その信頼性はあまり高いとは言えなさそうですが、その真相は今後の捜査で明らかにされていくと思われます。

スポンサーリンク




野口さんが殺害されていた事件現場はどこ?

今回の事件があった現場は、野口さんが住んでいたマンションの一室で犯行が行われていたようです。

ただ、犯人は早朝ともいえる3時半ごろに訪れたようで、なぜその時間に訪れた犯人(ストーカー的行為により何度か注意もされている)を野口さんが家に上げた(もしくは侵入された?)のかは不明です。

ロイヤル銀喜マンション
〒165-0035 東京都中野区白鷺2丁目6−22

スポンサーリンク




殺害された野口麻美さんについて

名前:野口 麻美(のぐち まみ)
年齢:38歳
職業:パティシエ(菓子職人)
住所:東京都中野区白鷺2丁目
死因:刃物により刺されたことによる傷と出血

野口麻美さんが勤務していたお店

洋菓子店名:Equal(イコール)
住所:東京都渋谷区西原2-26-16 コートオリエール1F 店舗no.2
※2019年9月にオープンした人気洋菓子店

※オーナーパティシエの後藤裕一さん(左)、店長の野口麻美さん(右)

スポンサーリンク




狂気の犯行にネットでは困惑の声

交際してて、この男に危険性を感じたから別れたのだろうけど、男の方が別れを受け入れられなかったのかな?
暴力は何の目的だったのだろう?女性に対する愛情が恨みに変わったのか、暴力で脅してまで、よりを戻したかったのか?
殺害してから自分も自殺してるから真相は闇の中と言う事か…。
遺族にしてみれば真相が解らないままでは余計に遣りきれないだろうな。

被害者は内鍵してたのかなあ。まあ、ボルトクリッパー持ってたりしたら意味ないか。
人間のうちの何%かは、こういうストーカーが混じってる訳で、警察の見回りも4月に解除したところでこれだから、執念て恐ろしいね。
こんな人生の終わり方するなら、前向きに他のことに進んだほうがよほど良いはずだが。

一人前のパティシエになり、都内に店をもってオーナーになった。これだけでもどれだけの苦労と努力が要ったことか。人気もあったようだし経営も順調と思う。
最後のインスタグラムには敢えて被害者を非難しており、社会的な成功を捨てここまで決断して凶行に及んだというのはよほどの恨みなのか、1年経ってなお、許せなかったということは。
前途のあるふたりだけに残念でならない。今後もこの手の事件はなくならないかも。よくよく別れ際はお互いに上手にしないと…

男女問題であることは間違いなさそうだけど、男の最後のインスタでは病んでそうだったね。
ただ殺人犯にはなったけど、お菓子が大好きでそれを仕事にして児充実した日々の投稿もあり、お菓子への情熱は感じられる。
何とか解決できなかったのかな。男女のトラブルと合わせて、コロナによる経営難で精神的に追い込まれたとかも一因にあるのかもなー。

犯人の男のインスタの投稿を見ると、犯人は被害者の女性が店長を務める店のオーナーを尊敬していたが、
警察から女性の職場に行くことを禁止されたことでそのオーナーの店に行けず、それを逆恨みしたということか。

相手が思い通りにならないと危害加えてくるやつが最近多すぎ。
昔だったらスマホもないし、家の電話で連絡を取り合うしかなくて、親が出る事もあったから変なのは割と避けられてたのかも?
それに一人っ子は少なかったから、兄弟がいると玩具も取り合いで思い通りにならない事の連続で慣れていそう。

野口麻美さん、美人パティシエ殺害犯の高橋宏征、画像や情報は?事件時の異常犯行が明らかに、、ようやく多少暑さが陰る8月も終わりに、異常な事件が立て続けに起こっています。 2020年8月30日に東京都中野区で野口麻美さん(3...
~こちらも読まれています~