×
事件・事故・災害

田畑和雄さん死亡、白鳥功二を逮捕!練馬区旭町のひき逃げ犯人顔画像や名前特定!300m近く引きずり、飲酒運転

田畑和雄さん

12月5日(月)の午後、東京都練馬区旭町で自転車に乗っていた高齢男性が車と接触する事故が発生し、男性は自転車ごと車に約300め引きずられ死亡しました。

現場から車はそのまま逃走しており、明らかな故意の殺人犯ですが、ひき逃げん事件として警察が捜査をしています。

※追加情報
12月9日、ひき逃げ殺人の男が逮捕されたことが明らかになりました。

練馬区旭町で高齢男性が自転車ごと300m引きずられ死亡

この事件がおきていたのは、2022年12月5日(月)の午後3時半ごろとされていて、現場となったのは東京都練馬区旭町の路上でした。

「自転車に乗った高齢男性が車に引きずられ、車が逃げた」

事件が発覚したのは通行人とされる人物からの110番通報で、現場にかけつけた警察官が埼玉県和光市に住む田畑和雄さん(79)が路上で倒れており、意識不明の重体で病院に運ばれましたが、その後死亡しました。

田畑家さんを殺害した車は現場から立ち去っていて、警察は引き逃げ事件として、周辺の防犯カメラの映像を調べるなど行方を追っています。

参照:東京・練馬区で車が自転車の79歳男性をひき逃げか 男性は死亡

スポンサーリンク


田畑和雄さんひき逃げ殺害、運転手の正体判明も容疑否認

この事故では当時、自転車に乗っていた田畑さんが反対方向から走ってきた車とすれ違いざまに接触したと考えられています。

その際に車は田畑さんを自転車ごとおよそ300mに渡って引きずっており、そのまま逃走しました。

犯人が乗っていたのは車は黒っぽいワゴンタイプで、現場から都立光が丘公園の方向へ立ち去ったという目撃情報がでていて、さらに付近には車の部品と思われる破片が落ちていたとされています。

車が大きく破損している状況で、車のタイプや色なども判明していることから、防犯カメラなどからの特定は比較的早くなされると考えられます。

長距離自転車を引きずって気づかないといったことはないため、殺意を持って犯行であることは明らかですが、こうした事件では甘い処罰となることが多いです。

 
※追加情報

逃走していた男が逮捕されたことが12月9日(金)に明らかになりました。

危険運転致死の疑いで逮捕されたのは東京都練馬区に住む大工の男、白鳥功二 容疑者(69)で酒を飲んだ状態でワゴン車を運転し、自転車に乗っていた田畑さんをはねたにもかかわらず、自転車ごと300m近くにわたって故意に引きずり、周りからの制止を振り切って逃走して死亡させています。

逮捕後の供述で次のように容疑を一部否認しています。

「酒を飲んで車を運転したが、接触したか分かりません」

接触したかもわからないといったことは嘘だとわかりますが、仮にそうだとしたらかなりの酒を飲んでいて前後不覚の状態で、その状況での運転は無差別の殺意があったといったことに。

また、目撃者などが制止したといった情報もあることから、気づかないわけはなく、反省は一切していなし非常に悪質な事件。

練馬区旭町、ひき逃げ殺人事件の現場

事故がおきていたのは下記の通り沿いだったようで、現場の映像などからここは通学路にもなっているようで、ひき逃げ事件がおきた時間帯は午後3時頃と、小学生などが帰宅する時間帯でもあります。

スポンサーリンク




死亡した田畑和雄さんについて

名前:田畑 和雄
年齢:79歳
性別:男性
職業:不明
住所:埼玉県和光市
死因:不明(ひきずられたことによる外傷性ショック死か)
※肋骨が折れていたことが判明

白鳥功二の顔画像経歴、余罪や前科について

逮捕された男の正体は高齢の人物ですが、酒を飲んで運転をしていることから余罪などが多くある可能性も。

白鳥功二
名前:白鳥 功二
年齢:69歳
性別:男
職業:大工
住所:東京都練馬区
罪状:危険運転致死(1年以上20年以下の懲役)

こうした悪質な事件であっても判決は甘い処分が多いため、どのような人物がどのような判決を下したのか、また弁護士がどのような弁護を行っていたのかなどもっと簡易的に見えるように可視化を求める声もあります。(傍聴だけでなくてより簡易に)

参照:飲酒運転でひき逃げか 280m引きずられ…男性死亡

日中のひき逃げ事件にネットの声は

仮に飲酒運転だったとするなら、すでにアルコールは抜けているものと思うが、いつ逮捕されるかハラハラドキドキしているのではないかと思う。今どきは、防犯カメラでの監視も強化されているので、逮捕されるのも時間の問題だろうけど、その前に自首した方が被害者のためでもある。飲酒運転と決めつけることは何だが、真昼間の事件からして事件にかかわるような車両かもしれない。早く逮捕した方がいいのかもしれない。

この事故、日中ですよね。暗闇でもなければ、深夜でもない。わき見とかよそ見をしていたんじゃないかと思う。事故は起こさない、起きないであってほしいけど、何事も起きてしまったら、人として最低限のことは心がけなきゃ。ひき逃げなんてもってのほか。身元を割り出されるのは時間の問題でと思います。

狭い道路で自転車が対向してきたら車は減速すべし、自転車は停車すべし。命が惜しいならそうすべし。俺は日々そうしている。だが、高齢者の自転車は慌てて止まると転んだりするし、そもそも真っ直ぐに走るだけでうまく曲がることも、その直進すらもしっかりとは出来ない。筋力バランス考えればこれは当たり前。だから狭い道路では車は原則徐行すべし。大抵は、対向車同士は譲り合うのに相手が自転車だと際どい針路を取ってくる。徐行してアイコンタクトして相手を見極めろ。年寄りに期待すると裏切られる。

近くに住んでいてよく通るところです、けたたましく緊急車両がすごく通ってましたがそんなことがあったとは…子供とよく通るところなので、気をつけたいと思います。ご冥福をお祈りします。

ひき逃げの刑罰が軽すぎる。罰金1千万円で運転免許取消で欠格50年ぐらいでもいいと思う。酒酔い運転が罰金100万円で取消で欠格3年なので少なくともそれより数倍は重い罰則にする必要がある。

最近、今回の事故現場のような交通量の少なく路地では、スマホを見ながら自動車(自転車ではなく)を運転するのを数回、見た事がある。また、大人だけでなく、小学生もスマホを見ながら自転車を運転している。歩行者は、このような路地でも自動車や自転車に轢かれないように、できるだけ前後とも気を付けて通行したほうがいいかもしれない。