事件・事故・災害

越田弘一さん死亡、岩附裕子の顔画像、豊田市元城町のひき逃げ現場どこか判明で逃走の動機は何?同じ言い訳を繰り返す理由

11月20日(土)の未明、愛知県豊田市の路上で男性が頭から血を流して倒れているのが発見された事件。

ひき逃げ事件として捜査がされており、容疑者が逮捕されたことが明らかになりましたが、その言い訳に呆れの声が出ています。

容疑者はなぜひき逃げをしたのか?

豊田市元城町の路上で越田弘一さんがひき逃げされ死亡

この事件が明らかになったのは、2021年11月20日(土)の午前2時半過ぎのこと。

愛知県豊田市元城町3丁目の路上で、「道の真ん中で人が倒れている」と通行人の男性から警察に通報があったことから事件が発覚。

路上に倒れていたのは豊田市内に住む会社員の男性、越田弘一さん(45)で頭から血を流して仰向けで倒れており、その場で死亡が確認されています。

捜査をしたところ、越田さんの服にタイヤの痕があったことから、警察はひき逃げ事件とみて捜査し、防犯カメラの映像から事故を起こした軽乗用車を特定し、所有者を21日に逮捕しました。

スポンサーリンク


岩附裕子、ひき逃げの動機は何?いいわけがヤバイ、、

過失運転致死とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、豊田市月見町に住むパート従業員の女、岩附裕子 容疑者(58)で、当時新聞配達の途中であったとされており、次のように述べ容疑を否認しています。

「何かに乗り上げた感触は覚えていますが、それが人とはわかりませんでした」

こうしたひき逃げ事件では毎回同様の言い訳がされていますが、そもそもの問題として車を運転していて何かしらの異常があった場合に、そのままにして走行をすることが自体があり得ないため、苦しい言い訳。

仮にそのような人物であった場合、日頃からそうした意識で車を運転していたということで、非常に危険な人物といったことに。

 

豊田市、ひき逃げ事件の現場はどこ?

事件がおきたのは下記の場所にある狭い道路であったようですが、道事態はまっすぐで見通しは悪くなかったと考えられ、違和感があればすぐに確認ができた場所であり、新聞配達の途中であれば1件1件の距離はそう離れていないと考えられます。

愛知県豊田市元城町3丁目

スポンサーリンク




岩附裕子 容疑者の顔画像や経歴は?

逮捕された岩附容疑者に関して顔画像は公開がされておらず、名前からもSNSで本人を確認できる情報は特定できていません。

名前:岩附 裕子
年齢:58歳
性別:女
職業:パート従業員(新聞配達)
職場:不明
住所:愛知県豊田市月見町

▼罪状:過失運転致死とひき逃げ
懲役7年以下または罰金100万円以下
7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

 

死亡した越田弘一さんの情報について

死亡した越田さんについて判明しているのは下記の情報。

名前:越田 弘一
年齢:45歳
性別:男性
職業:会社員
住所:愛知県豊田市
死因:不明(車にはねられた際の頭部強打などか)

スポンサーリンク




住宅街で深夜におきたひき逃げ事件にネットの声は?

そもそも何かに乗り上げた時点で普通は確認するが人を轢いた認識があるから逃げたのだろう。

正直飲酒やハイスピードとか余程じゃなきゃ、逃げなきゃ何とかなる。ガードレールや車ならまだしも、人はねて逃げたら一生終わるのに。

大通りの横の人通りの少ない暗い道路ですね。被害者は路上に寝てたのかもしれないけど、加害者はハイビームにしてスピードを抑えていれば早期発見できたかもしれない。いつもと同じ配達コースで同じように運転してたから注意散漫になってたのかな。いずれにしてもすぐに自分で通報するべきだった。。

夜中に路上の真ん中で寝てたなら変な言い方だけど誰でも引いちゃうかも。慌ててたり他に考え事があったりしたら車がおかしくない限り確認しないだろうし状況が分からないとなんとも…

『岩附容疑者は調べに対し「何かに車で乗り上げた記憶はあるが、人間だったかは分からない」と容疑を否認しています。』ひき逃げ犯人が、判で押したように同じ言い訳をするのが不思議な気がします。

車の上部分に破損がない。道路に低い姿勢でいたか横になってた人に乗り上げる形で轢いたとおもうけど。深夜に道路に横たわる物を絶妙なハンドリングかブレーキて回避できるかどうか。ご遺体からアルコールの検出が認められたら過失が軽くなるとかの法改正されないかな。道路で寝てる人がいるかも運転してる人だけがひはんできる事故だと思う。

時間帯から言って、加害者は新聞配達の為に、車で移動中であったと思われる。なので、飲酒の可能性は低いが、時間に追われていたかなにかで、スピードは出していたかもしれない。しかし、状況から言うと、もし、こんな夜中に道路に横たわっている人を轢いたのなら、ちゃんと止まって確認しなかった加害者はダメだが、この加害者の人も、ある意味、被害者。

~こちらも読まれています~
×