事件・事故・災害

中村光成、石狩市樽川8条2丁目で中学生男女をひいた理学療法士の正体誰で職場はどこ?望月拓海くんと渡部ほの花さんが被害に

11月15日(月)の午前、北海道石狩市の市道で、登校中に横断歩道を渡っていた中学生の男女が、乗用車にはねられる事故が発生。

事故をおこした乗用車にのっていた運転手の言い訳はひどいものでした。

石狩市樽川8条2丁目、中学生が乗用車にひかれる事故

この事故は2021年11月15日(月)の午前8時前、北海道石狩市樽川8条2丁目の市道でおきていました。

当時、登校中に信号機のない横断歩道を渡っていた男子中学生の望月拓海くん(14)と女子中学生の渡部ほの花さん(13)が、乗用車にはねられました。

乗用車にはねられた2人は負傷しており、とくに望月くんは左足を骨折する重傷となっていますが、命に別状はないとされています。

警察は乗用車を運転していた札幌市手稲区に住む理学療法士の男(34)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕していますが、何故このような事故をひきおこしたのか?

スポンサーリンク


未必の故意?中学生を引いた容疑者の動機がヤバイ、、

現場は片側1車線でしたが横断歩道で一時停止していた前の車を見て、横をすり抜けていこうと考えていたようで、事故をおこした男は、原因について次のように述べているようです。

「仕事に遅刻しそうだった」

横断歩道前で一時停止している理由がわからないはずもなく、このことから未必の故意による犯行は明らかだと考えられ、日頃から同様の違反を多発していた可能性もあります。

こうした違反を繰り返す人物が車の免許を持って運転をしていることは非常に危険であり、刃物を持って振り回して歩いているのと同じ状況。

より厳しい取り締まりや、罰則が必要と考えられます。

 

石狩市、横断歩道の一時停止無視で事故の現場どこ?

事故がおきた現場は下記の信号のない路上でした。

北海道石狩市樽川8条2丁目

スポンサーリンク




中村光成 容疑者の顔画像や経歴、職場はどこ?

逮捕された理学療法士の中村容疑者について判明しているのは以下の情報。

名前:中村 光成
年齢:34歳
性別:男
職業:理学療法士
職場:不明
住所:北海道札幌市手稲区

▼罪状:過失運転傷害
7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

 

逮捕の男の犯行についてネットの声

これは未必の故意による殺人未遂事件では?こうした運転をする車を警察が故意に見逃していのも問題。

仕事に遅刻して、上司などにきつく叱られた方がマシでしたね。巷では通勤上の交通事故も勤務先の会社へ責任が問われる時代、会社にも大迷惑をかけ、事故を起こした代償はとても大きいでしょう。

交通量の多い交差点でよく見るけど歩道わたる人を最近止まらず煽る車が増えたよな。これも立派な煽り運転だよ。自転車歩行者優先なんだからちゃんと一時停止守れよと思う。やった側は車の中見ると必ずふてぶてしい奴が乗ってるやられた側はイラッとする。

遅刻しそうだから急いでしまうこと自体は理解できるが、人を跳ねてしまった後にまだ仕事に行こうとする思考が理解できない。どう考えても、遅刻によるリスクより、ひき逃げのリスクのほうがはるかにデカイだろ。

「横断歩道で停車中の前の車の横をすり抜けようとして2人をはねた」そもそも横断歩道や自転車横断帯とその手前30メートルは追越しと追抜きが禁止されてる。それに加えて横断歩道の手前に停止車両がある時は、横断歩行者の有無に関係なく横断歩道の手前で一時停止の義務がある。このような複数の違反行為を重ねた結果がこの事故。

わたしも同じような状況で、ひかれそうになったことがあります。車が歩道の手前で停車してくれたので、安心して歩道を渡ってたら、バイクが車の横から飛び出してきて、慌てて後ろに飛びのいたら、バイクの男から怒鳴り声を上げられてしまいました。最近、車が歩道の手前でよく止まってくれるようになったので、良い社会になってきたなと実感できていたのに、とてもがっかりさせられました。

私の住む地域も毎朝通勤時に猛スピード出している車います。急いでいるのでしょうけど、40、50km制限の道を80km以上は出しています。取締りや信号も無い田舎なので尚更ですが、信号のない横断歩道で渡りたい歩行者(小学生)がいたので止まってあげたら後続車両にクラクション鳴らされたこともあります。寝坊なのか何なのか知りませんが、もっとゆとりを持って運転してもらいたいものです。

~こちらも読まれています~
×