×
話題の出来事

皆川美桜がヤバイ!顔画像経歴判明で水戸市の現場は?ウィンタースポーツ3歳娘をひもで縛りつけ半日以上放置

皆川美桜

12月11日(日)の日中に長女(3)の身体をひもで縛りつけて自宅に半日以上にわたって放置したとして、母親の皆川美桜(22)が逮捕されました。

児童虐待などの事件が多発している中で新たに発覚した母親による事件、、なぜそのような行動に出たのか?

水戸市アパートに3歳の娘を紐でしばりつけて半日放置

この事件がおきていたのは、2022年12月11日(日)の朝7時から夜にかけてのこととされています。

事件がおきた現場は、茨城県水戸市にあるアパートの一室で、暴行の疑いで逮捕されたのは水戸市に住む無職の女、皆川美桜 容疑者(22)

皆川容疑者は、自宅アパートの一室で3歳にある長女の身体をひもで複数か所縛りつける暴行を加えた疑いがもたれています。

当時、3歳になる女の子が自力で部屋を脱出したところ、近所の人が発見して保護し通報したことから事件が発覚していました。

自称母親と名乗る女の悪質な犯行、その動機とは?

参照:3歳娘をひもで縛り暴行 母親逮捕 レジャー目的で出かけたか 児相は数か月前に虐待の可能性把握「必要な対応をしていた」

スポンサーリンク


娘よりもウィンタースポーツが大事、レジャーへ遊びに

逮捕された皆川容疑者は犯行動機に関して「レジャー目的で出かけていた。娘が外に出ないように、ひもで縛っていた」といった供述をしているようです。

また、皆川容疑者は過去にも外出中に娘が外に出ていたことがあり、その際に児童相談所に通報されていたようで、児童相談所はこの事実を数か月前に虐待の可能性があるとして把握しており、「必要な対応をしていた」と述べています。

皆川容疑者は娘と2人暮らしであったため、遊びに行くために娘が邪魔になったためにしばりつけていたと考えられます。

また、半日以上放置されていた形になりますが、その間に水分の補給やご飯などを食べられる状況であったのかは不明ですが、出れないように縛っていたと考えると、、

皆川美桜の顔画像や経歴、虐待の余罪や前科について

これまで、虐待をはじめいじめなども暴行や傷害の事件に該当するものであるにもかかわらず、刑事罰にならずに甘い処分で終わることが多くありました。

最近はネットなどで事件が大きく報道されることから、その後まで追われることで厳しい処罰を下さざるを得なくなったのか、ようやく厳しい対応が行われるようになってきましたが、まだまだ氷山の一角。

逮捕された皆川容疑者に関して判明しているのは次の情報です。

皆川美桜
名前:皆川 美桜(みなかわ みお)
年齢:22歳
性別:女
職業:無職
住所:茨城県水戸市
罪状:暴行(2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料)

娘との2人暮らしであったようですが無職となっており、どのようにして生計を立てていたのか?またその状況でウィンタースポーツに興じる余裕があった理由は明かになっていません。

スポンサーリンク




育児放棄の上で遊び優先?母親の虐待行動にネットの意見

俺は1人の時フラフラ遊んでたけど、結婚して子供が産まれてきた時から色々我慢するようになった。もちろん最初から全て覚悟ができていたわけではないけど、稼ぎも少ないし妊娠中の嫁のためにもタバコは15年くらいにやめた。服装は年に数回ユニクロかヤフオクとかで買うぐらいになったし、趣味の音楽からもどんどん遠のいでいった。休日は嫁さんの家事手伝いや子供の事でほとんど時間はなくなる。盆休みや年末は正直あまり好きではない嫁側の家族と過ごす事がが多い。自分の事なんてほとんど犠牲にしないといけない。夫婦2人ともがその覚悟が必要で、どちらかが覚悟できてないと破綻すると思う。だから結婚は墓場とか、1人の方がしあわせという考える人も多いと思う。でも、色々我慢してでも子供といる人生が1番大事。家族ができて本当にしあわせ。適当に結婚したり、子供を産んで子供を傷つけるぐらいなら、1人の方がまだマシなように思う。

身内にも、幼い子供がいるのに自分の楽しみを我慢できない、食べさせるのに必要なお金もすぐ全部使い切ってしまう、というのがいる。遊びに行く時は嘘ついてでも祖母に子供を預けてたし、結局、親権を配偶者に渡して離婚したから子供は守られたけどまだ離婚する前に、我慢しないといけない場面での異常なイライラが、まるで駄々捏ねる幼児みたいで、見ていて怖かった。常識が通用しない、欲を抑えられない人種がいるんです。

若くして子供を授かり、かつ、1人で育てる苦労は並大抵なことではない。だからといってやっていいことと悪い事がある。当然、少し考えればそれほど費用はかからずとも預けることは出来るが、それが出来ない精神状態であるので、もはや子育ては無理なので、施設でそだってもらうか、里親制度だろう。問題はこの子は無事保護出来たが、他にも同じ状況の子はたくさんいる。定期検診の徹底、不参加者の調査、強制的な確認を進めないといけない。

この子供の出生の経緯はわからないが、逮捕された「母親」が未成熟で本来親になるべきではない状態だったのだろう。子どもを産んだら親になるが、内面が変わるわけではなく、親になる努力をして親になっていくと子育ててをしてきて思う。仕事柄多様な人と話す機会が多いが、話していて、子供がいるけど親になれていない人が多くなってきていると感じる。結構大きな子どもさんがいるのに、ご本人は中学生か高校生くらいの感覚のまま。子ども中心ではなく自分中心の人が増えている。

母親と言っても10代で子供産んで子供じゃん。中学校の必修科目にして子供が産まれてからの流れとか男女平等に、教育するべき。義務教育で古文とか漢文とか教えてないで、性教育とか政治経済とか現代史を教えて

必要な対応て何してたんだろう?その結果がこの顛末ですか?子供の命が奪われなかった点は本当に良かったですが、それって運が良かっただけですよね?

不幸な子供が生まれてしまう前にこうした人物は去勢するべきではないかと思う。性犯罪者や凶悪犯しかり、そうした環境で生まれた子供にも遺伝してしまう可能性は高いし、虐待などを受けた子供がまたその子供に虐待をするなど多く聞く話。人権が~とかっていう団体はそれならそうした人物らすべてを自分で救済すればいい